カナダのお土産おすすめ【2019完全版】人気のメープルから雑貨まで

カナダお土産

こんにちは!

カナダ東部の田舎町に住むMACOです。

カナダのお土産といえば、メープルシロップが定番中の定番。でも、メープル以外の名物がパッと思い浮かぶ人は少ないのでは?

私も移住する前は、カナダのお土産について

  • 何がいいのか分からない
  • どんなものがカナダっぽいの分からない
  • どこで買うのか分からない

などなど、疑問に思うことが多かったです。

今日は、カナダ生活で見つけたイチオシのカナダ土産【2019年版】をご紹介します。

メープル系の食べ物からバラマキできる雑貨、カナダ発祥ブランドの服、お土産を買うのに最適な場所など、カナダ土産に関するアレコレをまとめました^^

 

 

カナダのお土産おすすめ【2019】食べ物は定番のメープルシロップやチョコレートが人気

メープル系の食べ物

カナダお土産

※スーパーのメープルシロップ売り場。種類豊富です!

 

カナダのお土産の定番中の定番は、やっぱりメイプルシロップですよね。

わざわざお土産屋さんに足を運ばなくても、大丈夫。カナダのスーパでは、選びきれないほどたくさんの種類のメープルシロップが販売されています。

かわいい瓶入り、プラスティックボトル入り、缶詰のメープルシロップまで。さらに、4段階のグレードがあって迷ってしまいますが、アンバーというグレードのものが、クセが強すぎずおすすめです。

ちなみに、我が家で利用しているのは、アンバーの500mlで10ドルほどのものです。美味しいですよ^^

また、スーパーでもお土産屋さんどちらでも、メープル製品が種類豊富に揃っています。

<例えば…>

  • メープルクッキー
  • メープルティー
  • メープルコーヒー
  • メープルバター
  • メープルキャンディ

個人的に一番のおすすめは、メープルティー。美味しくて、軽くてかさばらないのでバラマキ土産に最適です。

カナダのお土産の定番メープルクッキーは、スーパーで1箱4〜5ドルほど。

ただ、箱入りクッキーは空港にも売っていますし、かさばるのが嫌なら思い切って日本のお土産サイトで通販してもいいのかなと思います。値段もそんなに変わりませんしね^^

 

メープルシロップのグレードの違いについて詳しくはこちら。

メープルシロップの種類(グレード)と選び方!おすすめはアンバー!栄養の違いも

カナダのメープルシロップのおすすめはアンバー!種類や栄養の違いも

2018.11.30

 

 

スーパーで買える食べ物

カナダお土産

お土産ショッピングにぜひ訪れたいスーパー。

前述したメープルシロップ等のメープル食品もスーパーで買うことができます。

メープル以外のスーパーで買える食べ物で、特におすすめなのは、チョコレートです。

カナダのスーパーには、あの『ゴディバ』が売っていることが多く、値段も日本よりもはるかにお手頃価格なんですよー^^

例えば、こんな感じ↓↓

写真のような紙袋入り(約6ドル)をはじめ、箱入り(約10ドル)、板チョコ(約5ドル)と種類も豊富です。

2月のバレンタイン前だと、素敵な箱入りチョコレートの種類が増えます(もちろんゴディバも♥)。

また、カナダ生まれのお菓子が良ければ『two-bite brownies(ブラウニー)』もおすすめ。ねっとり濃厚な一口サイズのブラウニーで、現地在住の日本人にも大人気なんですよ。小袋入りが約1ドルなので、バラマキお土産にぴったりです。

あと、オレオは限定フレーバーが多いので珍しいお土産になるかも。日本のキットカット的な感じでしょうか(笑)

 

View this post on Instagram

 

Sekaie Livefreeさん(@sekaie_insta)がシェアした投稿

日本にない味のオレオを見つけたら、ぜひ食べてみて下さいね^^ どれもわりとハズレなしで、おいしいものがです。

その他、スーパーではサーモン缶や珍しいマヨネーズ、コーヒーや紅茶など、カナダらしいお土産を見つけることができます。値段もお土産屋さんより割安なのでおすすめです。

 

 スーパーで買えるおすすめのお土産特集はこちら。

カナダのお土産ランキング【スーパー編】人気の定番お菓子や珍しい食べ物まで

カナダのお土産ランキング【スーパー編】人気の定番お菓子や珍しい食べ物まで

2018.03.15

 

 

カナダのお土産おすすめ【2019】お酒はアイスワインや地ビールがおいしい

アイスワイン

カナダといえば、アイスワインが有名です。

アイスワインは凍った完熟ぶどうのみを使って作られる極甘口のワインのこと。

凍ったぶどう1房からは、スプーン1杯の果汁しか採れません。アイスワインは、希少価値の高いワインなんですよ^^ お値段は200mlで20ドル〜とお高め。ボトルがすごく細くて高級感があります。

『アイスワイン』は、カナダ・ドイツ・オーストリアで生産されたワインにのみ使われる名称なので、カナダらしいお土産と言えますね^^

ちなみに、アイスワインを選ぶときは、ワイン醸造品質管理連盟認定の『VQA』の表示があるボトルを購入するように気をつけて下さいね!

 

地ビール

カナダに移住して驚いたことのひとつに、地ビールメーカーの多さがあります。

バーやパブに行くと、いわゆる大手メーカーだけでなく、地元で作られたビールがずらりと並んでいることが多いです。

お酒屋さんに行くと、ユニークなラベルのビールがたくさん売られていますので、ぜひお気に入りを探してみて下さいね。

ちなみに、カナダ東部在住の私は、ノバスコシア州の『Alexander Keith(アレキサンダーキース)』がお気に入りです^^ 緑の缶に鹿のイラストがかっこいい、飲みやすいビールですよー。見つけたらぜひ飲んでみて下さいね!

 

アルコールは空港か政府直営店で

カナダは、アルコールについてとても厳しい国です。

日本のように、コンビニやスーパー、自動販売機でお酒を気軽に買うことはできません(州によって多少違いあり)。

お土産用のアルコールを購入したい場合は、州政府のライセンスを取得したお店で買うことができます。

買えるお店を調べたい場合は、グーグルで『where can i buy alcohol in 街の名前(例. Tronto)』と検索してみて下さいね。

ちなみに、カナダでは、野外でお酒を飲むことも禁止されています。買ったお酒を公園で飲む…なんてことはできませんよー!見つかると罰金です。

 

セカイエ
お酒を買いに行く時は、パスポート等の身分証明書を忘れずに!!

 

Sponsored Link

 

カナダのお土産おすすめ【2019】カナダ発祥ブランドはRootsやHerchelがかわいい

カナダのお土産に、カナダ発祥のブランドを購入するのもおすすめです。

カナダのブランドで人気があるのは、アパレルメーカーのRoots(ルーツ)やHerchel(ハーシェル)。どちらもモール等で気軽に購入することができます。

Rootsは、赤ちゃん用から大人用まで幅広いサイズ展開をしています。まだ日本に支店がないので、『日本で買えない』お土産が欲しい方は、ぜひ足を運んでみて下さい。

また、Herchelはおしゃれなリュックサックが日本でも人気です。パソコンケース等の小物もおしゃれなので、イチオシです^^

 

View this post on Instagram

 

Sekaie Livefreeさん(@sekaie_insta)がシェアした投稿

正直、値段は日本とあまり変わりませんが、カナダでのハーシェル人気を見ていると、欲しくなってしまうんですよね(笑)

 

コスメブランドMAC、ヨガウェアブランドのLuLuLemonなど、カナダ発祥ブランドについてはこちら。

カナダ発祥ブランドのリュックやアウトドア用品が可愛い!Rootsもおすすめ

カナダ発祥ブランドのリュックやアウトドア用品が可愛い!Rootsもおすすめ

2018.08.27

 

 

カナダのお土産おすすめ【2019】雑貨やコスメはBath&BodyWorksやSEPHORAがおしゃれ

カナダのお土産でコスメや雑貨を購入したい場合は、Bath&Body Worksがおすすめです。

Bath&Body Worksはアメリカ発祥のブランドで、ビクトリアズシークレットと同系列の会社なので、おしゃれで香りが最高!

おすすめはハンドソープです。

ハンドソープは香りが素晴らしく、パッケージもかわいいです。選びきれないほど種類豊富なのも特徴です。季節限定の香りも多いのでぜひ購入してみて下さいね。

ちなみに、5個まとめ買いすると25ドルと女性へのバラマキ土産にもぴったりです^^

また、化粧品を見たい場合は、SEPHORA(セフォラ)に行ってみましょう。カナダ国内外の化粧品がずらりと並び、コスメ好きにはたまらないはず。

私は最近、SEPHORAで、日本では品薄と噂の『ローラメルシエ』のチークを購入しました。正直、値段はそんなに変わらないんですが…(^^;)日本で手に入りにくいコスメも、カナダでは在庫があるかもしれませんよー。

 

女性が喜ぶ雑貨やコスメのカナダ土産特集はこちら。

カナダのお土産で女子に人気の雑貨やコスメ!食べ物以外のおすすめはコレ

カナダのお土産で女子に人気の雑貨やコスメは?食べ物以外のおすすめを紹介

2018.03.21

 

カナダのお土産おすすめ【2019】どこで買う?チェックすべきお店6選

前述したBath&BodyWorksやSEPHORAに加えて、カナダでお土産を買うのにおすすめのお店をご紹介します。

 

①Indigo!(インディゴ!)

個人的に一番おすすめしたいのが、本屋『Chapters(チャプターズ)』に併設された『Indigo!(インディゴ)』という雑貨ブランド。

Indigoのカナダグッズはおしゃれなものが多く、いかにも『THE お土産』なダサい感じがしないんです(笑)

フランフランが好きな人は、インディゴも好きだと思いますよ^^

どうでしょう? かわいいカナダ柄↓↓↓

 

View this post on Instagram

 

Sekaie Livefreeさん(@sekaie_insta)がシェアした投稿

また、併設の本屋さんチャプターズで、英語の絵本や料理本を購入するのもおすすめ。かわいい本が多いので、あっという間に時間が過ぎますよ。

チャプターズはカナダ全土に支店がありますので、行きやすくお土産探しにはぴったりです^^

 

②Dollarama(ダララマ)

Dollarama(ダララマ)は、カナダの1ドルショップです。

といっても1ドルで買えるものはほとんどないですし、日本の100均のクオリティを期待して行くとちょっとがっかりしてしまうかもしれません(>_<)

とはいえ物価の高いカナダではダララマの商品は割安ですし、大人数向けのバラマキ土産を買うのにおすすめです。

カナダっぽいマグネットとか、空港で買うと地味に高いですよー(ダララマで1ドルちょっとのマグネットが空港で5ドルなのを発見した経験あり、笑)。

また、季節限定の商品が入れ替わり立ち代わり展開されているので、それを見るだけでも楽しいです。

こちらの写真はバレンタインのダララマ。

 

View this post on Instagram

 

Sekaie Livefreeさん(@sekaie_insta)がシェアした投稿


特に、ハロウィンとクリスマスは大々的に季節のイベント特集が行われます。パステルカラーのイースターも必見。

冬から春にかけては何かとシーズナルのグッズが多いので、ぜひチェックしてみて下さいね!

 

③Winners(ウィナーズ)

カナダのおしゃれなアウトレット的存在ウィナーズ。

洋服や靴はもちろん、バッグに化粧品、日用品にインテリア用品まで、とにかく品数が多い! しかも、ディスカウントされた値段で購入できるので、お買い物の満足度が高いです^^

もちろん新品ですよ。

カナダ人も特に女性は『ウィナーズ大好き!』という人ばかり。むしろウィナーズを嫌いな人なんていないんじゃないかな…。

カルバンクラインやケイトスペード等々のブランドが数百ドル単位で値引きされているのも見かけます。

ジョンマスターオーガニックのシャンプー(1L超)を16ドルで購入したこともありますよー。

 

View this post on Instagram

 

Sekaie Livefreeさん(@sekaie_insta)がシェアした投稿


欲しいものがあったら、まずウィナーズをのぞいてみるというのがカナダ暮らしの鉄則かなと(笑)

もちろんお土産探しにもぴったりで、メープルシロップや紅茶、お土産らしいお菓子も買うことができますよ^^

ちなみに、買うかどうか迷ったら買うのが吉。入れ替わりの速いウィナーズでは、いい商品はあっという間に売れてなくなってしまいます。

 

④Walmart(ウォルマート/スーパー)

大型安売りスーパーマーケットのウォルマートは、お土産を買うのにぴったりです。

ウォルマートに行けば、食品から日用品、洋服に雑貨… とにかくなんでも揃います!しかも安いです。

もちろんメープルシロップも買えますよ^^

個人的におすすめなのは、カナダのプロ野球チームやプロホッケーチームのグッズです。

 

View this post on Instagram

 

Sekaie Livefreeさん(@sekaie_insta)がシェアした投稿


かわいいので女性用のお土産にしてもよし、彼氏やお父さんへの男性用にしてもよし。

Tシャツ等は公式ショップで買うと高いので(ウォルマートだとTシャツは約15ドル〜)、ぜひチェックしてみて下さいね!

 

⑤ドラッグストア

ドラッグストアもバラマキ用のお土産を買うのには楽しい場所です。

本格的に化粧品を買いたいならSEPHORA(セフォラ)がおすすめですが、ちょっとしたコスメやシャンプーなら、ドラッグストアが買い物しやすいです。

ただ、ドラッグストアで買えるものはウォルマートでも買えることが多いので、どちらか片方だけ行くならウォルマートの方がおすすめ。

 

⑥空港のお土産屋さん

基本的に空港内のお土産屋さんは割高なので、必要なものは街のお店で買って、空港のお店はカナダドルを使い切る感じで利用するといいと思います^^

私が数年前にトロントピアソン空港を利用した時は、日本行きのゲートのすぐ近くで、メープルクッキーやアイスワイン等のお酒類など、なんでも買えた記憶があります。

前述した通り、カナダは酒類販売に厳しく、日本ほど簡単に買えるわけではありません。

旅行等の限られた時間で行動するのであれば、お酒の販売店を探して歩くより、お酒だけ空港で買うようにした方が効率的かなと思います。

 

カナダのお土産おすすめ【2019】かさばるものは通販が簡単!

最後に、カナダのお土産を購入することができる通販をご紹介します。

お土産探しって、楽しさ半分、大変だと感じることもありますよね。特に職場へのお土産とか…気を使うし本当にめんどうくさいです。

そんな時は、いっそのこと日本から通販で購入しましょう。

特にかさばる荷物となってしまうメープルシロップやメープルクッキーは、日本のお土産通販で買うと楽チンです。

大切なカナダでの滞在時間を無駄にせず、気持ちも楽になりますよ^^

 

 

まとめに

カナダで人気のお土産【2019年完全まとめ】をご紹介しました。

人気の大定番はメープルシロップやメープルクッキーですが、その他にもカナダらしい素敵なお土産がたくさんあります。

もし時間がなければ、

  1. ウォルマート(またはスーパー)
  2. Bath&Body Works

だけでもぜひ!

特にウォルマートはお菓子も雑貨も揃いますし、値段も安いのでバラマキ土産を探すのにもぴったりです。お土産ショッピングじゃなくても楽しいのでぜひ行ってみて下さいね。

また、トロント等の大きな空港には免税店も充実しています。少し割高なものもありますが、買い忘れたものを買う&カナダドルを使い切るには最適な場所です。

酒類販売に厳しいカナダでは、アイスワイン等のお酒類は、空港で買うようにすると効率的かもしれませんね。もしくは、かさばるものは全て日本から通販で購入するのもひとつの手ですよ^^

素敵なカナダのお土産が見つかりますように。

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

Sponsored Link
Sponsored Link
カナダお土産

ABOUTこの記事をかいた人

MACO

セカイエの管理人。カナダ東部にカナダ人夫と2人暮らし。 人見知りでひきこもりだけど、旅行好き。アウトドア派になりたいと思っている。海外生活・カナダ生活で役に立つ情報を発信したいなと思っています。