カナダ発祥ブランドのリュックやアウトドア用品が可愛い!Rootsもおすすめ

こんにちは!

カナダ東部の田舎町に住むMACOです。

カナダってあまりおしゃれなイメージがありませんよね?

カナダといえば、大自然。それにともなってカジュアルで機能性重視な服…。正直なところ、私はそんなイメージしかありませんでした(失礼)。

でも、実際に暮らしてみると、カナダ発祥のかわいいブランドがたくさんあるんです(*´꒳`*)

一番の有名どころは、服のブランド『Roots(ルーツ)』とか。

その他にもリュックやアウトドア用品などなど、おしゃれ&機能的な商品が揃っているブランドがたくさんあるんですよー。

今日は、カナダ発祥のおすすめブランドをご紹介します!

 

 

カナダ発祥ブランドといえば、Roots(ルーツ)!

A post shared by Roots Canada (@rootscanada) on

さて、カナダ発祥のブランドといえば、Roots(ルーツ)です!

1973年にトロントで生まれたアパレルブランドで、ビーバーのロゴが特徴的です。ちなみにビーバーはカナダの国獣なんですよ。か、かわいい国…。

 

<Roots誕生のきっかけ>

1962年、オンタリオ州アルゴンキン州立公園のサマーキャンプで、アメリカ出身のマイケルとドンが出会ったことがすべての始まりです。この2人が後にルーツの創始者になります。

カナダの大自然に感動した2人は、大学卒業後、ブランドを作るべくカナダへ移住。

最初は靴の専門店として始まったルーツは、現在ではカナダを代表するブランドまで成長ししています。

 

なんと、ルーツの創始者はアメリカ人だったんですね∑(゚Д゚)

さてカナダ発祥のブランドは、国際的に見るとカナダグースもソレルの方が有名かもしれません。でも、ルーツはカナダの生活の中でもっと身近に感じる存在です。実際に着ている人も多いですしね(*´꒳`*)

 

セカイエ
ルーツは、カナダ国内外に200店舗超を展開中!アジアには、香港・台湾・上海にお店があるよ〜!
みんな
普段着だけでなく、アウトドアウェアに靴、バッグやアクセサリーなど、バリエーションも豊富だよ。赤ちゃん用から大人用まであるから、家族みんなで着られるのも嬉しいよね!

 

ルーツが一気に注目を集めたのは、1998年の長野オリンピックです。カナダの公式ユニフォームに採用され、カナダ国内外で人気のブランドに成長しました。

また、歌手のエドシーランがルーツの服を愛用していることも有名ですね。

お値段は少し高めなルーツ。大人用トレーナーとか100ドルくらいします(>_<)なので、家族や仲のいい友達へのお土産向きかもしれませんねー。

でも、『Roots 73』というアウトレット商品も販売しているので、予算を抑えたい場合は、そちらを買うと良いですよ。

日本未上陸なので、お土産にするには本当にぴったりだと思います。

 

Sponsored Link

 

カナダ発祥ブランドのリュックやアウトドア用品も可愛い!

Herschel (ハーシェル)


Herchel(ハーシェル)は、2010年にバンクーバーで発祥したバッグブランド。

リュックサックやトートバッグ等の定番商品から、旅行用のトランク、パソコンケース等のアクセサリーが充実しています。

おすすめは、やっぱりリュックサック。

カナダでもハーシェルのリュックはすごく人気で、特に大学に行くとほぼ毎日使っている人を見かけます。サイズも大中小とバラエティ豊かなのが嬉しいですね。

残念ながら、リュックの値段は日本で買うのとあまり変わらないかもしれません。

ちなみに、私はハーシェルのパソコンケースを愛用中です。

↓これ↓

外側のデザインがかわいいのはもちろん、内側がふわふわ素材でパソコンをバッチリ守ってくれます。素材も硬めでしっかりしているので、安心です(*´꒳`*)

 

 

Lulu lemon Athletica(ルルレモン・アスレティカ)

A post shared by lululemon (@lululemon) on


ルルレモンは、1998年にバンクーバーで生まれたヨガウェアブランド。

カナダでヨガやピラティスをしている人は、ルルレモンを着ている人が多いです。オメガ(Ω)をまるーくしたようなロゴが特徴で、『ルル』と愛称で呼ばれることが多いようです。

そんな大人気のルルレモン、他のヨガウェアに比べると値段は高め。ヨガパンツは約100ドル、トップスは50ドル以上します。

ガンガン乾燥機にかけても伸縮性が変わらないというクオリティが高さが人気の秘密です(*´꒳`*)

※カナダでは基本、洗濯物は乾燥機で乾かします。

2018年8月現在、日本には支店が東京、神奈川、大阪のみなので、カナダ旅行で自分へのお土産として買う価値がありますよね。

 

 

Canada Goose(カナダグース)

いわずとしれたカナダの超有名ブランド・カナダグース。1957年、トロント発祥のダウンブランドです。

オーロラ観測にも使われるダウンジャケットは、とにかく蒸れずに温かい。お値段も1着10万円ほどと高級ブランドですが、極寒のカナダでは重宝します。

逆に、寒いのに慣れているカナダっ子は、『暖かすぎて必要ないかな』という人もたまにいます(笑)10万円のジャケットはカナダでも高級品ですしね。

でも、カナダグースの日本公式サイトには、修理について、

当サイト以外でご購入された商品に関しては対応することができません。

出典:カナダグース公式サイト

という記述があるので、日本で使う場合は日本の公式サイトで購入した方が無難かもしれませんね。

 

こちらもどうぞ。

>カナダ冬の服装【トロント】アウターや持ち物・必需品は?タブーなファッションも

カナダ冬の服装【トロント】アウターや持ち物・必需品は?タブーなファッションも

2018.01.17

 

 

Arc’teryx(アークテリクス)

A post shared by Arc’teryx (@arcteryx) on

1989年にバンクーバーで創立されたアウトドアブランド・アークテリクス。

『アークテリクス』というブランド名は、最古の鳥類として知られる始祖鳥の学名(アーケオプテリクス)にちなんでいます。

昨年の冬、夫がウィンタージャケットを探していた時に、アウトドアストアで店員さんが『値段は高いけど、機能が素晴らしい!』『予算が許せば、本当におすすめ!』と力説していたのがアークテリクス。

日本にも直営店・取扱店がたくさんありますが、ぜひ本場でもお店に立ち寄ってみてくださいね。

 

 

MAC(マック)


日本でも大人気コスメブランド・MAC。カナダ発祥のブランドってご存知でしたか?

MACはカナダで買うとすごく安いです! カナダ・日本間で、値段にはっきり差が出てお得感があるのは、MACだと思います!!

ファンデーション系もリップ系も1000円以上安くで買えますよー! 日本だと口紅は3,000円くらいしますよね? それが、カナダだと1,500円ほどです(*´꒳`*) 女性へのお土産に喜ばれること間違いなしです。

 

わたし
余談だけど、NARSもカナダのブランド。でもなんでか日本とあまり値段が変わらず、あんまりお得感がないんだよね。

でも、アメリカのブランド・CLINIQUEは、カナダで買うと安いからおすすめ!

 

 

Aritzia(アリツィア)

A post shared by Aritzia (@aritzia) on

アリツィアは、1984年に設立されたバンクーバー発祥のカジュアルブランドです。

お手頃な値段とかわいいデザインで、カナダだけでなくアメリカでも大人気。ハリウッドセレブにも人気が高く、テイラースウィフトも愛用しているんだそうですよ。

現在では、13ものブランドを展開する巨大アパレル会社に成長しています。

冬のトロントでは、アリツィアのブランド『TNA』のウィンタージャケットを着ている人がすごく多いのだとか。

 

 

SOREL(ソレル)

A post shared by SOREL (@sorelfootwear) on


スノーブーツブランド・ソレル。

カナダグースと並ぶ、カナダ発祥の有名ブランドですね。

スノーブーツを調べていると必ず名前が挙がるソレルは、暖かい・蒸れない・ウォータープルーフと三拍子揃った機能性を兼ね備えています。加えて、デザインもかわいいんだから、もう文句のつけようがありません。

カナダっ子の友人達に聞いても『素晴らしく暖かくて蒸れない』と賞賛の言葉ばかり。雪国で冬を越すなら、買っても損はないと思います。

ただ、日本を含めカナダ以外の国で買った方が、なぜかデザインや色のバリエーションが豊かという…(笑)不思議。

 

こちらもどうぞ。

カナダ冬の服装|靴(ブーツ)のおすすめ12選!ソレルが人気で暖かい?

カナダ冬の服装|靴(ブーツ)のおすすめ12選!ソレルが人気で暖かい?

2017.12.24

ソレルのスノーブーツ・レディースの種類を口コミや価格で比較!カリブーは重い?

ソレルのスノーブーツ・レディースの種類を口コミや価格で比較!カリブーは重い?

2018.01.05

 

Kamik(カミック)

A post shared by Kamik (@kamikofficial) on


カミックは、1975年にケベックで創設されたブーツブランドです。

KAMIK(カミック)とは、イヌイット語で『足を覆うもの』という意味。カナダの先住民族の石のオブジェ『イヌクシュック』がブランドのマークになっています。

スノーブーツは、ソレルよりカジュアルでお値段も安めです。歴史あるブーツメーカーで、今も大人気ブランドなので機能性は抜群ですよー!

日本で手に入りにくいという点で、ソレルよりもカミックの方がおすすめです(*´꒳`*)

 

 

ALDO(アルド)

A post shared by ALDO shoes (@aldo_shoes) on


モントリオール発祥の靴&アクセサリーブランド・アルド。

フラットシューズからハイヒール、夏はサンダルまで幅広いデザインを取り扱っており、セレブにも愛用者が多いです。

フラットシューズもかわいいデザインが多いですよー。ハイヒールはかなりヒールが高めですが(>_<)

世界100以上の国に展開していますが、残念ながら日本には未出店。最寄りだと韓国になりますね(笑)

モール等にお店がたくさんありますので、アクセスもしやすいです。カナダに来たら訪れる&買い込む価値大ですよー!

 

 

プチプラ:Joe Fresh(ジョーフレッシュ)

A post shared by Joe Fresh (@joefresh) on

カナダのユニクロ的存在(?)ジョーフレッシュ。

カナダ全土に300店舗以上を展開しています。スーパーの一角にも支店があり、とにかく気軽に行ける洋服屋さんという感じです。

デザインはシンプル〜かわいい系まで、まさにユニクロっぽい感じ。でも、ユニクロほど高品質ではないかな〜という印象は否めません(笑)

よくセールをしているので、見つけたらぜひ立ち寄ってみてくださいね(*´꒳`*)

 

 

プチプラ:ARDENE(アーディン?)

A post shared by Ardene (@ardene) on

カナダのGU的存在・ARDENE(読み方がわかりません、笑)。モントリオール発祥のファストファッションブランドです。

基本的に物価が高いカナダでも、ここARDENEだけは別格! キャミソール4ドル〜、水着7ドル〜、ジャケット20ドル〜と、とにかくプチプライスです。

若者向けのヤングカジュアルブランドなので、若めのデザインが多いんですが、すごく安いので楽しいです(*´꒳`*) しかも、そんなに生地が悪いわけでもないと思います。

 

わたし
私はこの夏、5ドルのキャミソールを買ったんだけど、柔らかくて伸びがよくて感動したよ。

 

 

まとめに

おしゃれなブランドというとアメリカをイメージしがちですが(笑)、カナダ発祥の素敵なブランドがたくさんあります。

リュックがかわいいハーシェル、機能的なアウトドアブランド・アークテリクス。おしゃれなのにお手頃価格のTNAはハリウッドセレブにも人気があるので、一見の価値ありですよー!

また、MACのコスメはカナダではとてもお得に安い値段で買うことができるので、女性へのお土産にはぴったりです。

そして、カナダを代表するアパレルブランド・Roots(ルーツ)。洋服だけでなく、良質なレザーバッグも買うことができますので、ぜひお店をのぞいてみてくださいね(*´꒳`*)

それでは〜!

 

こちらもどうぞ。

カナダのお土産で女子に人気の雑貨やコスメは?食べ物以外のおすすめを紹介

カナダのお土産で女子に人気の雑貨やコスメは?食べ物以外のおすすめを紹介

2018.03.21

カナダのお土産ランキング【スーパー編】人気の定番お菓子や珍しい食べ物まで

カナダのお土産ランキング【スーパー編】人気の定番お菓子や珍しい食べ物まで

2018.03.15

カナダでのお買い物、楽しんでくださいね〜!

 

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

MACO

セカイエの管理人。カナダ東部にカナダ人夫と2人暮らし。 『世界のどこにいても自分らしく』な暮らしを模索中。 人見知りでひきこもりだけど、旅行好き。アウトドア派になりたいと思っている。