ティムホートンズのおすすめメニュー!コーヒーの注文方法とドーナツの値段も

こんにちは!

カナダ東部の田舎町に暮らすMACOです。

カナダ全土にチェーン展開するファーストフード店『ティムホートンズ(Tim Hortons)』をご存知ですか?

日本には店舗がなく、あまり地名度が高くありませんが、カナダ人はとにかくティムホートンズが大好き!

とにかく店舗数も多いし、いつ行ってもどこに行っても混雑しています(笑)

今日は、カナダに行ったら絶対に行きたいティムホートンズのおすすめメニューをご紹介します。ドーナツの種類や値段、コーヒーの注文方法も参考にして下さいね(*´꒳`*)

 

 

ティムホートンズとは?

ティムホートンズ(Tim Hortons)とは、カナダ全土にチェーン展開するドーナツチェーン。

1964年にオンタリオ州でハミルトン発祥後、爆発的な人気となり、現在ではカナダ最大のファーストフードチェーンに成長しています。

 

セカイエ
創始者は、カナダのプロホッケー選手ティム・ホートン氏だよ!
みんな
カナダでは、『ティムズ(Tim’s)』 『ティミーズ(Timmy’s, Timmies)』と呼ばれることも多いよ!

 

2018年7月現在の店舗数は、なんと4,983店(うちアメリカ725店)!!

カフェとしての国内シェアは、カナダ国内ダントツの1位。60%以上のシェアを誇ります。2位のスターバックスのシェア率は10%未満なので、人気の凄まじさが分かりますよね。

人気フードチェーンのカナダ国内の店舗数をちょっと比べてみましょう(*´꒳`*)

お店  店舗数
ティムホートンズ 4,258店
スターバックス 1,460店
マクドナルド 1,458店
バーガーキング 281店

※ティムホートンズとバーガーキングは公式サイトを参考(2018年のデータ)
※スタバとマクドナルドは統計サイトを参考(2017年のデータ)

ティムホートンズ、圧倒的すぎますね(笑)

カナダ国内での凄まじい人気にも関わらず、実は、現在はアメリカ資本のティムホートンズ。2014年にバーガーキングに買収されているんですよ〜。なんだか意外…。

カナダで暮らしていると、本当にティムホートンズに立ち寄る機会が多いです。

ドーナツがおいしいのはもちろんですが、気軽にコーヒーを買いに行くお店という役割を果たしていると思います。日本人がコンビニでコーヒーを買う感覚に近いのかな〜という印象。

道を歩いていると、必ずティムホートンズのコーヒーを持っている人に出会います。カナダに来たら、ぜひチェックしてみて下さいね!

 

Sponsored Link

 

ティムホートンズのおすすめメニューと値段【ドーナツ編】

①サワークリームグレーズド(Sour Cream Glazed)

個人的に一番おすすめなのは、サワークリームグレーズドです。

見た目はミスドのオールドファッションに似ていますが、サクサクではありません。とても柔らかくて口の中でとろけます。さらに、コーティングのサワークリーム味のお砂糖が本当においしい!!日本にはない味ですよ〜。

どのドーナツを食べるか迷ったら、とりあえずサワークリームグレーズドを食べておけばオッケーです(*´꒳`*)

カナダの食べ物ってコレといったものがあまりないんですが(失礼)、このドーナツは日本に帰ってからも恋しく感じるだろうなーと思います。

 

②ティムビッツ(Tim Bits)

ちょっとずつ、色々な味を試してみたいな〜という場合は、ティムビッツがお得です。ティムビッツは、丸くて小さいドーナツを1個から買うことができます。

上の写真は我が家のティムビッツですが、最近はサワークリームグレーズド一択です(笑)

<値段>

  • 1個:$0,25
  • 10個:$1,99
  • 20個:$3,99
  • 40個:$7.99

フレーバーもたくさんあります。

前述したサワークリームグレーズド、ハニーディップにアップルフリッター、チョコレートにオールドファッション等々。色々買ってみて、お友達とシェアするのもいいですね。

 

わたし
ティムビッツもサワークリームグレーズドが超人気!売り切れて買えなかったことが何度もあるよ…。

 

 

③バニラスパークル(Vanilla Sprinkle)

一番フォトジェニックなのは、バニラスパークル。いかにも『海外のドーナツ』なカラフルさがかわいいですよね(*´꒳`*)

大人にも子供にも人気のバニラスパークル、甘くておいしいですが、普通のドーナツだな〜というのが正直な感想。あと、粒々がガリガリしていて硬いので、ちょっと食べにくい感じもしました。

でもかわいさはピカイチなので、旅の思い出にぜひ。

 

④カナディアンメープル(Canadian Maple)

A post shared by Tim Hortons (@timhortonsuk) on


いかにもカナダのメープル味!

ドーナツの中にはカスタードクリームがたっぷり入っています。上にかかっているのはメープル味のお砂糖グレーズ。とにかく激甘です(笑)疲れた時に染み渡りますよ〜!

クリーム入りはトゥーマッチ!な場合は、『メイプルディップ』がおすすめ。穴のあいたドーナツにメープルグレーズがのっているだけなので、甘さ控えめ(?!)です。

コーヒーのダブルダブル(後述)と一緒にオーダーするのが人気のようですが、日本人にはちょっと甘すぎるかもしれません(>_<)

 

⑤アップルフリッター(Apple Fritter)

A post shared by Tim Hortons (@timhortons) on


日本にはないドーナツを食べたい方におすすめなのが、アップルフリッター。

ふんわり柔らかなドーナツの中には、りんごジャムとシナモンがたっぷり入っています。さらに、ドーナツのまわりはお砂糖でコーティング。特にシナモン好きの方は、ぜひトライしてみて下さいね。

これまたやっぱり激甘ですが、慣れるとやみつきになる味ですよ(*´꒳`*)

 

 

⑥番外編:季節のドーナツ

A post shared by Tim Hortons (@timhortons) on


時々、シーズナルのスペシャルドーナツが販売されていることがあります。

例えば、7月1日のカナダデー前後には、カナダの国旗を模したかわいいドーナツを発見♪  春先にはピーナツバターカップのドーナツ、冬にはスモアのドーナツが限定販売されていましたよ〜!

 

ティムホートンズのおすすめメニューと値段【コーヒー編】

①オリジナルブレンド

A post shared by Tim Hortons (@timhortonsuk) on


ティムホートンズ定番のコーヒー。クセがなく、とても飲みやすいコーヒーだと思います。日本で例えるなら、コンビニやマクドナルドのコーヒーのように気軽に飲めるおいしさ。

オリジナルブレンドの他に、深煎りのダークロースト、デカフェがありますよ(*´꒳`*)

<値段>

  • Small:$1,59
  • Midium:$1,79
  • Large:$1,99

※アイスコーヒーは、約50セントずつほど高め。 

 

②フレンチバニラ(French Vanilla)

A post shared by Tim Hortons (@timhortons) on


フレンチバニラは、いわゆるバニララテ。ヘーゼルナッツフレーバーで激甘ですが、寒い冬にはぴったりの病みつきドリンクです。

この他、ホットチョコレートも冬には欠かせない定番ドリンク。いわゆるココアのことです。日本では体験できない甘さなので、ぜひ体験してみてくださいね(*´꒳`*)

ちなみに、ティムホートンズのコーヒー豆はスーパーでも購入することができます!もちろん、フレンチバニラやホットチョコレートも買えますよ。旅行中に気に入ったら、お土産にするのもおすすめです。

>カナダのスーパーで買えるおすすめのお土産はこちら。

カナダのお土産ランキング【スーパー編】人気の定番お菓子や珍しい食べ物まで

2018.03.15

 

③アイスカップ(Iced Capp)

A post shared by Tim Hortons (@timhortonsuk) on


夏の定番アイスカップ。

スターバックスのフラペチーノのような飲み物です。でも、スタバほどボリューミーではないので、飲みやすいと思います。

お値段もスモールサイズが、$2,50ほど。スタバのフラペチーノよりも買いやすいお値段ですよね(*´꒳`*) 春〜夏にかけて、このアイスカップを持っている人を本当によく見かけます。

2018年夏に新発売された『Salted Caramel Iced Capp(塩キャラメル味)』、ほんのり塩がきいていて暑い日には最高でした!今年の夏、見つけたらぜひトライしてみてくださいね♪

 

 

ティムホートンズのコーヒーの注文方法は?

ティムホートンズでは、注文の時にお砂糖とミルクの量を聞かれます。

普通、コーヒーには自分でお砂糖&ミルクを入れますよね。ティムホートンズでは、店員さんがコーヒーにお砂糖とミルクを入れてくれます。

なので、注文の時に、お砂糖とミルクの量を伝えないといけないんです。

<注文のしかた>

  • シングルシングル→お砂糖1、ミルク1
  • ダブルダブル→お砂糖2、ミルク2
  • トリプルトリプル→お砂糖3、ミルク3

カナダ人に一番人気なのは、ダブルダブルです。『ダボダボー』と発音します。なんとカナダの辞書にも載っているほどメジャーな言葉なんですよ〜!

でも、この『ダボダボー』はティムホートンズ以外では通じませんのでご注意を。ティム専門用語です(笑)

それでは、注文をシミュレーションしてみましょう(*´꒳`*)

 

店員さん
Hi! how can I help you today?(いらっしゃいませ、何にしますか?)
あなた
Hi! Can I get a medium regular, please?(レギュラーコーヒーのミディアムを下さい)

※日本人はこの『please』を忘れがちなので注意。『please』がないとちょっと失礼な響きに聞こえます。

店員さん
Would you like cream or sugar?(ミルクやお砂糖はいかがなさいますか?)
あなた
  • Double double, please.(ダブルダブルをお願いします。)
  • Triple triple, please(トリプルトリプルをお願いします。)
  • No, thank you. Just a black coffee, please(いえ、ブラックコーヒーでお願いします。)

※断る時は必ず『No, thank you.』で。『No』だけだと失礼な響きに。

店員さん
Perfect! Have a nice day! (オッケー、良い1日を!)

 

いかがでしょうか?

実際にやってみると、とっても簡単です!ぜひトライしてみてくださいね。

ただし、お願いする時は語尾に『please』を。断る時は必ず『No, thank you.』と語尾に『thank you』を添えるのを忘れずに。

日本の学校では『Could you〜?』『Will you〜?』は丁寧な表現だと習いますが、実際は、語尾に『please』を付けないと丁寧な響きにはなりません。忘れると失礼な感じになっちゃいます(汗)。

これは、現地の子供達もよく言われているようで、義母が甥っ子たちに『プリーズを付けなさい』と注意しているのをよく耳にします。そして、実際に私もよく夫に注意されます(笑)

この2点だけ気をつけて、あとはドーンと構えて注文してみてくださいね!

 

まとめに

カナダを訪れたら、必ず立ち寄りたいティムホートンズ。

店舗の場所は調べてこなくても大丈夫です。そこらじゅうにありますので、歩いていれば見つかります(笑)滞在中に行きそびれても大丈夫。空港にもたくさんあります(笑)

個人的には、ドーナツ『サワークリームグレーズド』とレギュラーコーヒーのブラックの組み合わせがおすすめです。でもドーナツもたくさん種類があるので、カナダ滞在中に何度も通ってみて、気になるドーナツを制覇してみるのも楽しいですよ〜!お値段もお手頃ですしね(*´꒳`*)

コーヒーの注文方法はちょっと特殊ですが、慣れると簡単です。1度は激アマ『ダボダボー』にもトライしてみてくださいね。

あっ、ティムの店内には1年中『暖炉』があります。電気式の暖炉ですが、夏でも火が付いていますよ。ほっこりするので要チェックです。

それでは〜!

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA