TheOrdinary(ジオーディナリー)の使い方!毛穴やシワ等の悩み別の組合せ一覧も

こんにちは!

カナダ東部の田舎町に住むMACOです。

カナダ発祥のスキンケアブランド『The Ordinary(ジオーディナリー)』。種類が多くて組み合わせ不可のアイテムがあって、商品名が成分名で分かりにくくて…。

 

使ってみたいけど、どれを買ったらいいか分からないよー。

こんな風に感じている方も多いのではないでしょうか。

私も最初はちんぷんかんぷんでしたが、一番初めに買ったBuffetに感動。使いこなすべく英語の公式サイトをじっくり研究しまくりました。

今日は、The Ordinaryの使い方や悩み別の組み合わせについてご紹介します。

 

わたし
普段のスキンケアはほぼジオーディナリー、10本以上使ってきた私が分かりやすく解説します!

 

【この記事におすすめなのはこんな人】

  • The Ordinaryの使い方を知りたい
  • 併用NGアイテムやその調べ方を知りたい
  • 毛穴、シワ、アンチエイジングなど肌のお悩み別の組み合わせを知りたい

 

 

TheOrdinaryの使い方!使う順番は簡単です

theordinary、使い方、組み合わせ、順番

The Ordinary(ジオーディナリー)のスキンケア商品は、大きく分けてウォーターベース(water-based)かオイルベース(oil-based)のどちらか。

スキンケアの順番は、ウォーターベースのものから使い始めると覚えましょう^^

顔を洗った後に、

  1. ウォーターベースの美容液
  2. オイル系
  3. クリーム

という順番。

例えば、ビュッフェ、ヒアルロン酸、ナイアシンアミド+亜鉛、カフェインソリューション+EGCGはウォーターベースの商品です。オイルベースは『〇〇オイル』と名前が付いているので分かりやすいですね。

ちなみに、1回のお手入れにつきセラムは最大3種類までが良いとされています。

 

わたし
あれ?化粧水は使わないの?

 

実は、The Ordinaryが生まれたカナダでは、化粧水を使わないスキンケアが一般的。化粧水の代わりにトナーというふきとり用化粧水を使い、その後に美容液やクリームを使います。

あくまでも私の推測ですが、ラインナップに保湿用化粧水がないのはそのためかなと。

個人的には化粧水を使った方が好きなので、①②の美容液の後に日本の化粧水を使っています^^

美容液のウォーターベース→オイルという順番さえ守れば、化粧水は美容液の前でも後でも問題ありません。実際に両方試してみて、効果に大きな違いは感じませんでした。

 

 

TheOrdinaryの使い方!毛穴・シワ・エイジング等の【お悩み別】組み合わせ一覧

theordinary、使い方、組み合わせ、順番

The Ordinary(ジオーディナリー)の公式サイトで提案されている『肌トラブル別の組み合わせ』をご紹介します。

The Ordinaryのスキンケアアイテムを使用中は、UV対策が必要とされています。私も日中は日焼け止めを必ず塗るようにしていますよ^^

 

アンチエイジング

①一般的なエイジング(General Sign of Ageing)

【朝

  • ビュッフェ
    (Buffet)
  • ヒアルロン酸2%・B5
    (Hyaluronic Acid 2%・B5)

【夜

  • ビュッフェ
    (Buffet)
  • グラナクティブ レチノイド2%
    (Granactive Retinoid 2%)
  • ローズヒップシードオイル
    (Cold-Pressed Rose Hip Seed Oil)

※ヒアルロン酸はHAと表記されていることが多いです。

 

②エイジング&シワ(Ageing and Wrinkles)

【朝

  • ビュッフェ
    (Buffet)
  • 保湿クリーム
    (Natural Moisturizing Factors+HA)

【夜

  • グリコール酸7%トーニングソリューション
    (Glyconic Acid 7% Toning Solution)
  • ビュッフェ
    (Buffet)
  • グラナクティブ レチノイド2%
    (Granactive Retinoid 2%)
  • ローズヒップシードオイル(またはスクワラン)
    (Cold-Pressed Rose Hip Seed Oil/Squalane)

※週に1回、AHA 30%+BHA2%でピーリング

私はこの組み合わせをアレンジして使っています(後述)

 

③エイジング上級者向け(Advanced Ageing)

【朝

  • ビュッフェ+銅ペプチド1%
    (Buffet + Copper Peptides1%)
  • ヒアルロン酸
    (Hyaluronic Acid)
  • EUK134 0,1%
    (EUKは強力な抗酸化剤)
  • 保湿クリーム
    (Natural Moisturizing Factors+HA)

【夜

  • ビュッフェ+銅ペプチド1%
    (Buffet + Copper Peptides1%)
  • ヒアルロン酸
    (Hyaluronic Acid)
  • グラナクティブ レチノイド5% in スクワラン
    (Granactive Retinoid 5% in Squalane)

上級者向けのアンチエイジングは『ビュッフェ+銅ペプチド1%』が登場。

The Ordinaryでおそらく一番高額なセラムです。高いといっても30カナダドルくらい。本当に良心的な値段ですよね(´-`)

この他、エイジングケアには初級者向け、中級者向けの組み合わせも。

 

色素沈着(pigmentation)

【朝

  • アルファ アルブチン2%+ヒアルロン酸
    (Alpha Arbutin)
  • ナイアシンアミド10%+亜鉛1%
    (Niacinamide10%+Zinc1%)
  • リン酸アスコルビル マグネシウム ソリュ―ション10%
    (Magnesium Ascorbyl Phosphate 10%)

【夜

  • アルファ アルブチン2%・ヒアルロン酸
    (Alpha Arbutin 2%・HA)
  • アゼライン酸 サスペンション 10%
    (Azelaic Acid Suspension 10%)

 

シミ&毛穴の詰まり(Blemishes &Congestion)

【朝

  • ナイアシンアミド10%+亜鉛1%
    (Niacinamide10%+Zinc1%)

【夜

  • サリチル酸2%
    (Salicylic Acid 2% Solution)
  • ナイアシンアミド10%+亜鉛1%
    (Niacinamide10%+Zinc1%)

ナイアシンアミド10%+亜鉛1%は少し乾燥しやすいため、夜のスキンケアの最後に『植物性スクワランオイル』をプラスしても◎。

 

乾燥肌(Dehydration)

【朝

  • ヒアルロン酸2%・B5
    (Hyaluronic Acid 2%・B5)
  • 保湿クリーム
    (Natural Moisturizing Factors)

【夜

  • ヒアルロン酸2%・B5
    (Hyaluronic Acid 2%・B5)
  • 植物性スクワランオイル
    (Plant-Derived Squalane)

 

オイリー肌(Oily Skin)

【朝

  • ナイアシンアミド10%+亜鉛1%
    (Niacinamide10%+Zinc1%)
  • 保湿クリーム
    (Natural Moisturizing Factors+HA)

※必要ならシリコンプライマーもプラス

【夜

  • サリチル酸2%
    (Salicylic Acid 2% Solution)
  • ナイアシンアミド10%+亜鉛1%
    (Niacinamide10%+Zinc1%)

他にも色々な組み合わせがありますので、ぜひ公式サイトをチェックしてみて下さいね^^

 

 

TheOrdinaryのアイテムの組み合わせ(相性)を知る方法2つ

①Resimen Guideを見る

the ordinary, ジオーディナリー、レジメンの見方

出典:Deciem公式ホームページ

前述した組み合わせ例にプラスしたい場合、自分でアイテム同士の相性を調べることができます。TheOrdinary公式サイトのRegimen Guideをチェックしましょう^^

 

レジメンの見方をご紹介しますね。

例えばこちら↓↓

theordinary、使い方、組み合わせ、順番

出典:TheOrdinary公式サイト(英語)

簡単に日本語訳すると、こんなことが書かれています。

AHA 30%+BHA2%ピーリングソリューション
Targets
(効能)
  • くすみ肌
  • キメが整っていない肌
Formats
(フォーマット)
ウォーターベースのセラム
Regimen Step
(使う順番)
パックして洗い流す
Conflicts
(組み合わせ不可)
強酸、EUK 134 0.1% 、ペプチドとの組み合わせがΧ
Time of Use
(使う時間帯)
週1~2、夜の利用推奨

 

商品名の左上にあるマークにも注目。『目には使わない』『使用後のUV対策が必要』なことを意味しています(マークは全5種類、意味は公式サイトに解説あり)。

 

また、注目したい点がもうひとつ。

各アイテムが属するカテゴリーです。The Ordinaryのアイテムは、成分ごとに7つのカテゴリーに分けられています。

カテゴリー人気のアイテム例
Antioxidants
(抗酸化剤)
  • EUK134 0,1%
  • Resveratrol3%+Ferulic Acid3%
    など
Direct Acids
(酸)
  • AHA30%+BHA2%
  • Lactic Acid10%+HA
    など
Hydrators & Oils
(保湿クリーム&オイル)
  • Cold-Pressed Rose Hip Seed Oil
  • Hyaluronic Acid2%+B5
  • Natural Moisturizing Factors+HA
    など
More Molecules
  • Caffeine Solution5%+EGCG
  • Niacinamide10%+Zinc1%
Peptides
(ペプチド)
  • Buffet
  • Matrixyl10%+HA
    など
Retinoids
(レチノイド)
  • Granactive Retinoid2% Emulsion
  • Retinol1% in Squalane
    など
Vitamin C
(ビタミンC)
  • Ascorbic Acid8%+Alpha Arbutin2%
    など

 

組み合わせの相性は『Conflict』欄にカテゴリー名で書かれているので、使いたいアイテムがどのカテゴリーに属しているかにも注目しましょう。

例えばこちら↓↓

theordinary、使い方、組み合わせ、順番

出典:TheOrdinary公式サイト(英語)

Buffetは、Direct Acidsに分類される『乳酸10%+HAピーリング』や『AHA30%+BHA2%(血みどろピーリング)』とは併用できないということが分かりますよね。あとピュアビタミンC系も。

こんな感じで各アイテムの相性を見ながら、自分でアイテムを組み合わせていくことができます。

ただし1回のお手入れにつきセラムは最大3種類までが良いとされているのでお忘れなく^^

 

わたし
カテゴリーとか最初はちんぷんかんぷんだけど、だんだん慣れてくるから大丈夫!

 

②組み合わせ表を見る

『ひとつひとつ確認するのがめんどうだよー』という場合は、デシエムのファンサイト『Deciem Chat Room』に掲載されている組み合わせ表が便利です。

併用可・併用不可アイテムがひと目で分かるようになっていますので、ブックマークしておくのがおすすめ^^

ひとつ目の表『Product Conflicts』をチェックしてみて下さいね。

 

 

 

TheOrdinaryのおすすめ4本と私の使い方を紹介

私がメインで使っている4本

TheOrdinary,ジオーディナリー,組み合わせ

私が実際に利用しているThe Ordinary(ジオーディナリー)の組み合わせや順番をご紹介します。

あれこれ使ってみた結果、最近は上の写真の4本に落ち着きました。

  1. Buffet
  2. Lactic Acid 5%+HAピーリング
  3. Natural Moisturising Factors
  4. Granactive Retinoid 2% Emulsion

こちらの4本をどんな組み合わせで使っているか、詳しく見てみましょう。

 

実際の使っている組み合わせ+化粧水

前述した4本をこんな組み合わせで使っています。

ちなみに、日本で市販されている『菊正宗の日本酒化粧水』を一緒に使用。ハトムギ化粧水と組み合わせて使っていたこともありますよ^^

普通の化粧水と組み合わせて使って、特に問題を感じたことはありません。

 

theordinary、使い方、組み合わせ、順番

【朝

  1. ビュッフェ
    (Buffet)
  2. 菊正宗の日本酒化粧水
  3. 保湿クリーム
    (Natural Moisturizing Factors+HA)

BuffetとNMH保湿クリームは、朝も夜も使えます。

なので化粧水の前にビュフェを使って、NMF保湿クリームでフタをする感じですね^^

ビュッフェだけだと結構つっぱるので注意。NMF保湿クリームはさっぱり軽めのクリームなので、朝につけても重さがなくていい感じです。

最近は、この2つがあればOKな気もする(笑)

 

 

theordinary、使い方、組み合わせ、順番

【夜

  1. ビュッフェ
    (Buffet)
  2. グランアクティブ・レチノイド2%
    (Granactive Retinoid 2% Emulsion)
  3. 菊正宗の日本酒化粧水
  4. 保湿クリーム
    (Natural Moisturizing Factors+HA)

※週1で乳酸10%+ヒアルロン酸(Lactic Acid 10%+HA)でピーリング

前述した公式サイトの『エイジング&シワ』の組み合わせを参考にしています^^ 夜は化粧水なしの時が多いかも。化粧水なしだと片手で全部塗れるので楽チンです(笑)

 

わたし
グランアクティブレチノイド乳液は、夜だけ使用可能だよ。

 

必要に応じて

theordinary、使い方、組み合わせ、順番

【必要に応じて】

  • 乳酸10%+ヒアルロン酸ピーリング
    (Lactic Acid 10%+HA)
  • AHA30%ピーリング
    (AHA 30%・BHA2% Peeling Solution)
  • ナイアシンアミド10%+亜鉛1%
    (Niacinamide 10%+Zinc1%)

 

以上の3本を、こんな感じで普段のスキンケアにプラスしています。

【乳酸10%ピーリング】

  • 週1くらいで保湿クリームと組み合わせて使う
  • 夜の使用のみ
  • ビュッフェと組み合わせNG

【AHA30%ピーリング】

  • 月1くらいで保湿クリームと組み合わせて使う
  • 夜の使用のみ
  • ビュッフェと組み合わせNG

【ナイアシンアミド10%+亜鉛1%】

  • 小鼻の角質が目立ってきたら使う
  • 朝、夜の使用OK
  • ビタミンCと組み合わせNG

 

 

TheOrdinaryはどこで買える?

私はカナダに住んでいるので、カナダ国内の通販で購入しています。

が、日本一時帰国した際に、イギリスのコスメ通販サイト『Cult Beauty Ltd.』で注文しました(私のビュッフェを使った母や妹からどうしてもほしいと言われたので^^)。

カルトビューティは、

  • 40ポンド(5000円ちょっと)以上の買い物で追跡付きの送料が無料
  • EU国外からの買い物は20%の付加価値税が免除される(=その分安くなる)
  • サイトが見やすく海外コスメが豊富

なので、個人的には一番おすすめ。

 

公式サイト:Cult Beauty Ltd.

ホームページは英語ですが、買い物はとても簡単です。

ショッピングのやり方を別の記事にまとめていますので、よかったらぜひ参考にしてみて下さいね^^

日本語対応がいい場合は、送料無料プランあり&海外コスメが気軽に買える【lookfantastic】がおすすめ。

 

\カルトビューティ日本語で徹底解説/

 

まとめに

デパコスなみに高濃度で優秀なThe Ordinary(ジオーディナリー)。

最初はどのアイテムを組み合わせていいかさっぱり分からなかったものの、使用感のよさにどっぷりハマってしまっています。

慣れるまで少し大変ですが、毛穴やシワ、美白やアンチエイジング等の『肌のお悩み』ごとに組み合わせて使えるのも嬉しいポイントだなと感じています。

組み合わせさえ間違えなければ、使う順番はそこまで難しくありませんよ^^

ちなみに、私は以下4アイテムに落ち着きました。

  1. Buffet
  2. Natural Moisturising Factors
  3. Lactic Acid 5%+HAピーリング
  4. Granactive Retinoid 2% Emulsion

最初に1本だけ試してみたいならBuffet(ビュッフェ)がおすすめ。5〜6本買っても5,000円くらいなので、気軽にトライできるのもいいところです。

日本から購入したい場合は、海外通販になります(日本から買うならCult Beauty Ltd.がおすすめ)。CultBeautyでの買い方を日本語で説明した記事も、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

\カルトビューティ日本語で徹底解説!/

 

\TheOrdinary特集はこちら!/

error: Content is protected !!