プーティン(カナダ)とは?味やカロリーは?おすすめのお店や値段も

こんにちは!
カナダ東部の田舎町に住むMACOです。

カナダの名物料理プーティン。

一言で表すと『ソースとチーズがかかったフライドポテト』なんですが、凄まじく高カロリーな見た目に衝撃を受ける方が多いのでは?

カナダでは、マクドナルド等のファーストフード店でも買えますし、お祭りにもほぼ必ず出店がある。本当に身近な国民食なんですよー。

カナダに移住してから、いろんなお店でプーティンを食べてみました。

今回は、カナダの名物料理プーティンの味やカロリー等々、値段やおすすめのお店をご紹介します!

 

Sponsored Link

 

プーティン(カナダ)とは?

※これはコストコのプーティンです。

これと言って、あまり名物料理がないカナダ。そんなカナダで『ザ☆カナダ料理』と呼べるのが『Poutine(プーティン)』なんです。

 

セカイエ
プーティンは、フライドポテトにチーズカードをのせて、その上からグレービーソースをかけたジャンクフードだよ。

 

1950年代にケベックで生まれたプーティン。実は、プーティンは英語ではなくフランス語。カナダではどこででも食べることができ、地元の人にも愛されています。

実際に、うちの夫もプーティーンが大好きですし、定期的に食べたくなるらしく夜ごはんに買ってきたりします(笑)

 

わたし
初めてプーティンを食べた時は、なんてこってりした食べ物なんだ、もう一生食べなくていいと思ったの。でもね、これがね…定期的に食べたくなるんだよ!!

プーティンの不思議な魔力を実感中!

 

お祭りに行くと必ずプーティンのお店がありますし、週末の夜にお酒の後のシメのプーティンを食べている人をよく見かけます。

特別なお店に行かなくても、マクドナルド、バーガーキング、ケンタッキー等のファーストフード店でも気軽に食べられるので、本当に身近な食べ物なんですよね。

お値段はだいたい6ドル〜10ドル程度くらい。

外食が高いカナダでは、安くで気軽に食べられるごはん(?)的な役割も果たしているようです。

 

Sponsored Link

 

プーティン(カナダ)の味は?

プーティンの味は、とにかく濃厚な濃い味です。

揚げたてほくほくのポテト&チーズカードに、濃厚なグレービーソースを絡めて食べるので、まあさっぱりしているはずはないですよね!(笑)

ポテトの油のコク、グレービーソースのお肉感と塩け、チーズカードの濃厚さ…結構(いやかなり)重めの食べ心地です。

でも、何度か食べるとクセになるんですよね。不思議。

ちなみに『チーズカード』とは、 牛乳を酵素で固めたもの。キュキュッとした歯ごたえがとっても美味しいんですよー。

 

このキュキュッとした歯ごたえのことを『Squeaky(スクウィッキー)』と言うよ。チーズカードはSqueakyな方がおいしいよ!

 

グレービーソースとは、北米で大人気の肉汁をもとに作ったソースのこと。サンクスギビングのお料理にかけるソースとしても定番です。ソースの味は塩味というか…肉汁から作られているだけあってコクがあります。

プーティンは一度にたくさん食べるのは大変なので、誰かと一緒にシェアすることをおすすめします。

 

 

プーティン(カナダ)おすすめのお店はここ!味や値段は?

Smoke’s Poutinerie

さて、我が家の定番プーティンといえば、コストコのプーティン。味もおいしいし量も多いのでお得なんですが、せっかくだから人気店で食べてみたい!

ということで、カナダ全土に200店舗をチェーン展開するプーティン専門店『Smoke’s Poutinerie』に行ってきました〜!!

赤と黒のチェック柄に笑顔のおじさんが目を引くプーティン屋さんです。お店の内装もプーティン愛にあふれていて、すごくかわいいですよ♥

スタンダードなものから、豚肉のせ、チキンのせ、ビーフのせ…とにかくバラエティ豊か!!もちろん、ベジタリアン用メニューもありますよ〜(*´v`*)

溢れるプーティン愛を感じますよね(笑)

今回、私が食べたのは『トラディショナル』という一番ベーシックなもので、お値段は約8ドル。色々なトッピングがのったものは、10ドルくらいのものが多いです。

そして実際のプーティンはこちら↓

ファーストフード店に比べると少しお高めですが、ポテトにハーブの香りが効いていてすごく美味しかったです!

ちなみにお店ではビールも飲めますし、まちがいなく合うと思います。おつまみにもなるなんて…ポテンシャルの高さ(笑)

また、週末は夜のけっこう遅い時間に繁盛しています。お酒を飲んだ後に行く人が多いようで、日本で言う〆のラーメン的な存在でしょうか。

ちなみに、『Smoke’s Poutinerie』で、目を引くおじさんはお店のマスコット。

『Smoke’s Poutinerie』はおじさんステッカーを拡散&徹底的なSNS戦略で、宣伝費を抑えながらあっという間に大人気プーティン店にのし上がったんだそう。

この間、街を歩いてたら見覚えのあるおじさんマスコットを発見しました。ステッカー拡散戦略、成功してるなー(笑)

コストコのプーティンは美味しいけど少し単調な感じがするのに対して、『Smoke’s Poutinerie』のプーティンは香りが良くて飽きずに食べることができました(*´v`*)

ごはんとして食べるには野菜不足な感じは否めませんが、今度はお肉をトッピングしてトライしてみたいと思います!

参考  Smoke’s Poutinerie公式サイト

 

Chez Ashton

ケベック州で人気のプーティンのチェーン店です。

夫が昔ケベックに住んでいた時、『プーティンと言えば、Chez Ashtonに行ってた』と話していました。プーティンはもともとケベック生まれなので、本場の味ということでしょうか?

ちなみに『Chez Ashton』は冬の間、ユニークなキャンペーンをやっています。

気温が下がった分だけ、プーティンの値段をディスカウントするよ〜というキャンペーンです。例えば、気温が20度下がったら、プーティンの値段が20%割引になるというわけですね(笑)

プーティン愛を感じます↓↓

特に冬のケベックの寒さは長く厳しいものですが、こんなかわいい企画を見ると、ちょっと行ってみたくなりますよね〜!

 

わたし
ケベックシティ旅行で『Chez Ashton』に行ってきたよ〜!グレービーソースにうま味が強くておいしかった!
『Chez Ashton』のチーズカードは他のお店のよりもかなりSqueakyだったよ。

 

『Chez Ashton』のチーズカードは本当においしかったです。Squeakyさでいうと今のところ一位。

ケベック旅行に行ったら、ぜひ『Chez Ashton』にプーティンを食べに行ってみてくださいね。

余談ですが、ケベックシティのスーパーで、地元で作られたチーズカードが販売されているのを発見。買って食べてみたら、これまたSqueakyでおいしかったです。

参考 Chez Ashton公式サイト

 

 

プーティン(カナダ)のカロリーは?ファーストフード店で比較

最後に、プーティンのカロリーを調べてみました。見るからに高カロリーなプーティン、カロリーを知るのが本当に怖かったです(笑)

勇気を出して、プーティンのカロリーはこちら。

例えば…

  • マクドナルド:510kcal(225g)
  • バーガーキング:740kcal(記載なし)
  • KFC:720kcal(343g)
  • ウェンディズ:620kcal(記載なし)
  • Harveys:730kcal(241g)

やっぱりなかなかの高カロリーです!!!

たしかに、材料どれをとってもカロリー高めの食材が多いですもんね。でも、ラーメンのカロリーと比べると、そうでもないのかな…(迷)。

…。

カロリーだけ見ても体に良さそうではないので、頻繁に食べるのはやめておこうと心に誓いました。

 

まとめに

カナダには、例えば日本の寿司のように『これ!』と言った食べ物がない気がするのですが、プーティンはまさにカナダの国民食。名物料理です。

プーティンの上にのっているチーズカードは日本では手に入りにくいとのこと、家庭で作るのは難しそうです。他のチーズで代用しているレシピも見かけますが、やっぱりチーズカードあってこそのプーティンなんですよね(´-`).。oO

ですので、カナダを訪れたら必ずプーティンを食べてみて下さいね!

今回ご紹介したおじさんマークの『Smoke’s Poutinerie』は味もすごく美味しいですし、値段もお手頃。カナダ各地にお店がたくさんあるので行きやすいです。また、ケベック州に旅行に行ったら『Chez Ashton』がおすすめです。

最初は一人一個は多いと思いますので、誰かとシェアして食べてみてくださいね。

それでは〜!

 

Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください