プーティン(カナダ名物)の味やカロリーは?おすすめのお店や値段も紹介

こんにちは!

カナダ東部の田舎町に暮らすMACOです。

カナダの名物料理プーティン。

カナダでは、マクドナルドやKFC等のファーストフード店でも買うことができますし、お祭りに行くとほぼ必ずプーティンの屋台があります。身近でみんなに愛されている料理で、カナダの数少ない国民食いっても過言ではありません。

カナダ移住してからというもの、数々のお店で数え切れないほどプーティンを食べてきました。

今日は、カナダのソウルフード『プーティン(Poutine)』についてご紹介します。

【この記事を読むとわかること】

  • プーティンとは?
  • プーティンってどんな?カロリーは高い?
  • カナダのおすすめのプーティンのお店や値段
  • 東京でプーティンが食べられるお店

 

Sponsored Link

 

カナダの国民食プーティン(Poutine)とは?

カナダ、プーティン

カナダで国民食として愛されている『Poutine(プーティン)』。

国民食、カナダ名物、ソウルフード。どれもプーティンにぴったりな言葉です。

基本のプーティンは、こんな料理↓↓

【プーティンとは?】

フライドポテトの上にチーズカードをのせ、さらにその上からグレービーソースをかけたもの。

お店によっては、この基本のプーティンにプラスして、色々なトッピングをのせることができます^^

 

みんな
グレービーソースってなに?
わたし
グレービーソースは、肉汁にコンソメや塩、小麦粉を混ぜて作るソースのこと。マッシュポテトやお肉にかけて食べるよ。
セカイエ
チーズカードってなに?
わたし
チーズカードは牛乳等に酵素を入れて固めたもの。キュッキュッとした食感がおいしい、プーティンのキモとなる材料だよ。

 

プーティンが生まれたのは、1950年代のケベック。『プーティン』は英語ではなくフランス語なんです。

カナダではどこででも食べることができ、地元の人にも愛されています。

お祭りに行くと必ずプーティンのお店がありますし、週末の夜、お酒の後のシメのプーティンを食べている人もよく見かけます。特別なお店に行かなくても、マクドナルド、バーガーキング、ケンタッキー等のファーストフード店でも気軽に食べられるので、本当に身近な食べ物なんです。

お値段はだいたい6ドル〜10ドルくらい。外食が高いカナダでは、ピザやハンバーガーとならんで、気軽に食べられるごはん的な役割も果たしていると思います。

プーティンの専門店に入るもよし、ファーストフード店のプーティンを食べるもよし。カナダに来たら忘れずに本場のプーティンを食べてみて下さいね。

 

わたし

初めてプーティンを食べた時は、こってり味が濃すぎてもう一生食べなくていいと思ったけど…。定期的に食べたくなるよ。プーティンの不思議な魔力を実感中!

 

Sponsored Link

 

カナダ名物プーティン、どんな味?

※これはコストコのプーティンです。

プーティンは、すごくすごく濃厚な味。

具体的には、この3つが合わさった味わいです。

  • 揚げたてほくほくのポテト(油とポテトのコク)
  • キュッキュッとした歯応えのチーズカード(濃厚なチーズの味)
  • 濃厚なグレービーソース(肉汁と塩気)

プーティンの濃厚な味が伝わるでしょうか。

あまりのこってり味に、最初は1人1個食べられない人も多いかも…。かなり胃に重いので、カナダ人の夫ですら、プーティンを食べた後には『罪悪感を感じる…』と顔を曇らせるほど(笑)

プーティンは一度にたくさん食べるのは大変なので、誰かと一緒にシェアすることをおすすめします。

でも、プーティンって何度か食べるとクセになるんですよね。不思議。ちなみに『チーズカード』とは、 牛乳を酵素で固めたもの。キュキュッとした歯ごたえがとっても楽しく、濃厚なのにミルク感があってクセになるおいしさです。

 

このキュキュッとした歯ごたえのことを『Squeaky(スクウィッキー)』と言うよ。チーズカードはSqueakyさが大切です!

 

 

カナダ名物プーティンのおすすめのお店はここ!味や値段は?

プーティンは、マクドナルドやKFC等のファーストフード店でも食べることができますが、ここではチェーン展開している人気のプーティン専門店をご紹介します^^

 

Smoke’s Poutinerie

カナダ全土に200店舗をチェーン展開するプーティン専門店『Smoke’s Poutinerie』。

赤と黒のチェック柄に笑顔のおじさんが目を引くプーティン屋さんで、トロントやバンクーバーにも店舗がありますので、カナダ旅行の際はぜひ訪れてみて下さいね。

Smoke’s Poutinerieは、お店の内装がプーティン愛にあふれていて、すごくかわいいです。

メニューもスタンダードなものから、豚肉のせ、チキンのせ、ビーフのせ…とにかくバラエティ豊か。ベジタリアンメニューもあるので安心ですし、定期的に限定メニューが出るので何度足を運んでも飽きることがありません。

メニューからも溢れるプーティン愛を感じます。

私がよく食べるのは『トラディショナル』という一番ベーシックなもので、お値段は約8ドル。色々なトッピングがのったものは、10ドルくらいのものが多いです。

お肉乗せは濃厚すぎて…(笑)シンプルな基本のプーティンが一番だという結論に至りました。

そして実際のプーティンはこちら↓

ファーストフード店やコストコに比べると少し値段が高めですが、Smoke’s Poutinerieのポテトはハーブの香りが効いているので、とてもおいしいです。最後まで飽きずに食べられる感じ。

店内ではビールも飲めます。プーティンとビールの相性は抜群ですよ^^

また、週末は夜のけっこう遅い時間に繁盛しています。お酒を飲んだ後に行く人が多いようで、日本で言う〆のラーメン的な存在でしょうか。

ちなみに、『Smoke’s Poutinerie』で、目を引くおじさんはお店のマスコット。

『Smoke’s Poutinerie』はおじさんステッカーを拡散&徹底的なSNS戦略で、宣伝費を抑えながらあっという間に大人気プーティン店にのし上がったんだそう。

この間、街を歩いてたら見覚えのあるおじさんマスコットを発見しました。ステッカー拡散戦略、成功してるなー(笑)

コストコのプーティンは美味しいけど少し単調な感じがするのに対して、『Smoke’s Poutinerie』のプーティンは香りが良くて飽きずに食べることができました(*´v`*)

ごはんとして食べるには野菜不足な感じは否めませんが、おいしいですよ。おすすめです。

 

 

Chez Ashton

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chez Ashton(@restaurantschezashton)がシェアした投稿


ケベック州で人気のプーティンのチェーン店です。

夫が昔ケベックに住んでいた時、『プーティンと言えば、Chez Ashtonに行ってた』と話していました。

『Chez Ashton』は冬の間、ユニークなキャンペーンをやっています。

それは『気温が下がった分だけ、プーティンの値段をディスカウントするよ〜!』というキャンペーン。例えば、気温が20度下がったら、プーティンの値段が20%割引になるというわけですね(笑)

プーティン愛を感じます↓↓

特に冬のケベックの寒さは長く厳しいものですが、こんなかわいい企画を見ると、ちょっと行ってみたくなりますよね〜!

 

わたし
ケベックシティ旅行で『Chez Ashton』に行ってきたよ〜!グレービーソースにうま味が強くておいしかった!
『Chez Ashton』のチーズカードは他のお店のよりもかなりSqueakyだったよ。

 

『Chez Ashton』のチーズカードは本当においしかったです。Squeakyさでいうと今のところ一位。ケベック旅行に行ったら、ぜひ『Chez Ashton』にプーティンを食べに行ってみてくださいね。

余談ですが、ケベックシティのスーパーで、地元で作られたチーズカードが販売されているのを発見。買って食べてみたら、これまたSqueakyでおいしかったです。

 

 

カナダ名物プーティンのカロリーは?ファーストフード店で比較

プーティンのカロリーをご紹介します。

見るからに高カロリーなプーティン、思っていたよりもカロリーは高くありませんでした。サイズにもよりますが、豚骨ラーメンと同じくらいのカロリーです(笑)

プーティンのカロリーはこちら。

【例えば…】

  • マクドナルド:510kcal(225g)
  • バーガーキング:740kcal(記載なし)
  • KFC:720kcal(343g)
  • ウェンディズ:620kcal(記載なし)
  • Harveys:730kcal(241g)

お菓子を食べすぎるよりもいいのかも…。

いずれにせよ、プーティンは栄養の面から見ても頻繁に食べるものではありませんし、食べすぎには注意するようにして下さいね。

 

カナダ名物プーティン、日本では食べられる?

日本でもプーティンを食べることができます。

本場のプーティンと比べると繊細な感じで(不健康度が低いというか)、日本風プーティンといった感じのお店が多いかも。

東京でプーティンが食べられるお店は『ROBSON FRIED(ロブソンフライズ)』が有名です^^

グーグルマップの口コミは、おおむね高評価です。

カナダの方のレビューもあり、『チーズはチーズカードではないけれど、東京で食べられるプーティンの中で一番本場に近い味』という意見がいくつもありました^^

【詳細情報】

  • フライドポテト専門店 Robson Fries(ロブソンフライズ)
  • 住所:東京都世田谷区北沢2丁目31−5
  • 営業時間:12:00〜21:00
  • 定休日:火曜日

 

カナダ名物プーティンの作り方!家で手作りできる?

日本の家庭でできるプーティンの作り方をご紹介します。

【材料】
  • フライドポテト
  • グレイビーソースの素
  • モッツアレラチーズ(またはカッテージチーズ)

【作り方】

  1. フライドポテトの上に1cm角に切ったモッツアレラチーズをのせる
  2. 上からグレイビーソースをかける

ただし、プーティンは、あのキュッキュッとした食感のチーズカードあってこそ。チーズカードは日本では手に入りにくいようなので、日本のおうちでプーティンを完全に再現するのは難しそうです。

個人的な意見ですが、チーズカードを代用するなら、ピザ用チーズよりもカッテージチーズモッツアレラチーズの方が近い味が出せると思います。

チーズとソースの量は、躊躇せず、ドバッと多めにかけて食べて下さいね^^

ちなみに、グレービーソースの素(水を加えて火にかけるだけ)はネットで買えますよ^^

 

 

 

まとめに

カナダには、例えば日本の寿司のように『これ!』と言った食べ物がない気がするのですが、プーティンはまさにカナダの国民食。名物料理です。

カナダを訪れたら必ずプーティンを食べてみて下さいね!

今回ご紹介したおじさんマークの『Smoke’s Poutinerie』は味もすごく美味しいですし、値段は10ドルほどとお手頃。カナダ各地にお店がたくさんあるので行きやすいです。また、ケベック州に旅行に行ったら『Chez Ashton』がおすすめです。

ちなみにカロリーは500〜700カロリーくらいで、豚骨ラーメンと同じくらいです(笑)

最初は一人一個は多いと思いますので、誰かとシェアして食べてみてくださいね。

それでは〜!

 

Sponsored Link
error: Content is protected !!