カナダの冬の過ごし方!休日1人でもできる暇つぶし13選【留学/移住】

こんにちは、カナダ東部の田舎町に住むMACOです!

カナダに移住して初めての冬、気付いたのが『意外に暇だ』ということ。住んでいる街が田舎なのも手伝って、毎日何をしたらいいか分かりませんでした。

その結果、1度目の冬は引きこもり、ひどいホームシックに。でも、その経験と反省を踏まえて、2度目の冬は楽しく過ごせています^^

今日は、カナダの冬の過ごし方で休日1人でもできる暇つぶし13選をご紹介します。

留学・ワーホリ・移住や駐在など、冬のカナダに長期滞在する場合に参考にして頂けると嬉しいです。

 

 

カナダの冬の過ごし方13選!休日1人でもできる暇つぶし【留学/移住】

①ジム

冬のカナダは極寒なので、体を動かす機会が減ってしまいます。なので、ジム通いを習慣化するのがおすすめです^^

カナダに来て驚いたのが、積極的にジム通いをしている人が多いということ。

仕事帰りにジムに行く人も多いですし、大学のジムもいつもたくさんの学生で賑わっています。

また、ジムによってはヨガやズンバ、エアロビクス等のクラスを開催しているところもあるので、それを利用するのもいいですね(YMCAおすすめですよ^^)。

ジムのクラスアクティビティに参加すると、地域に溶け込めたような、自立しているような前向きな気持ちになれるのでおすすめです。

 

②ヨガ

運動があまり好きじゃない場合、おすすめなのがヨガ。

特にホットヨガは、室内が熱い蒸気で満たされた状態でヨガをするので、大量の汗をかきます。冬のカナダではほぼ汗を書くことがないので、本当に気持ちがいいですよー。

ちなみに、男性も多いです。

ホットヨガは通い放題で月額100ドルほど費用がかかるのですが、そのおかげで継続的に通えている部分もあると思います。適当にならないという点で、お金を払って習い事をするのって大切だなぁと感じています。

参考までに、私が通っているのは、Modo Yoga。カナダ全土に70のスタジオがありますよ^^

 

③料理教室

お料理教室に通ってみるのも楽しいです。

自分では思いつかないようなスパイスの使い方や、日本では珍しい野菜を使ったレシピ等、勉強にもなりますよ^^

地域のお料理教室やカルチャーセンターで開催されていることが多いです。

カナダ東部にスーパーマーケットをチェーン展開する『President Choice』では、定期的にクッキングクラスを開催していますよー。『PC Optimumカード』の会社ですね。

何度か参加しましたが、そこで習ったフェンネルのスープは冬の定番になりました。フェンネルなんて使ったことなかったので、ちょっと前進した気分(笑)

『cooking class 住んでいる地域』で検索してみて下さいね^^

 

 

インドアでできる趣味

雪が降ることが多い冬のカナダでは、インドアの趣味を持っておくと気分が楽です。外に行かなくても、家の中で集中できるものがあると楽しいですよ^^

 

④ハンドメイド

ハンドメイドを開拓してみるのもおすすめです。

ポイントはカナダで材料が手に入りやすいものを選ぶこと。

物価の高いカナダでは、日本のように『100円ショップで材料を揃えてとりあえず始めてみよう』というのが出来にくいのが悩ましいところ。

ハンドメイドの材料は、

  • 1ドルショップのDallarama
  • クラフトストアのMicheals
  • 大手本屋さんのChapters

あたりで買えます。

特に、本屋さんは『〇〇初めてキット+本』みたいなセットが売っているので、何をやりたいか決まっていない場合は、本屋さんを覗いてみるのもおすすめですね。

例えば、私が今ハマっているのは刺繍ですが、刺繍糸(1束80セントほど)や針、刺繍枠などの材料はすべてMichealsで購入しました^^

 

Sponsored Link

 

⑤お菓子づくり

お菓子づくりは、すごく挑戦しやすいです!

というのも、カナダのスーパーには『〇〇の素』が種類豊富に売られています。例えば、マフィンの素、ブラウニーの素、カップケーキの素、バナナブレッドの素などなど…。

どれも少ない材料で混ぜるだけでおいしくできるものばかりで、急にお菓子づくりが上達しような気になります(笑)

マフィンの素なんて、すでにブルーベリーが混ざった粉が売られていたりするんですよー。

↓切って焼くだけクッキー↓

 

View this post on Instagram

 

Sekaie Livefreeさん(@sekaie_insta)がシェアした投稿

 

↓まるめて焼くだけクロワッサン↓

 

View this post on Instagram

 

Sekaie Livefreeさん(@sekaie_insta)がシェアした投稿

焼いている時のあま〜い香りと外の雪景色、しあわせな気分になりますよ(*´艸`*) とにかく簡単にできるものが多いです。お菓子作りが苦手な方も、ぜひ試してみて下さいね。

 

 

⑥クレイカフェ

カナダには、『Paint-Your-Own Pottery Studio』という陶器に自分で絵付けをして、焼いてもらえるお店がたくさんあります。

絵付けをしている間はすごく集中できますし、オリジナルの作品ができあがるので達成感があります。

日本の観光地によくある陶器の絵付けと比べると、かなり安くでできるのでぜひ一度足を運んでみて下さいね。

自分でお店を探す場合は『探したい州名+paint your own pottery』で検索してみてください。

 

 

ウィンタースポーツ

⑦スケート

冬本番の1月頃になると、野外のスケートリンクがオープンします。

夏は芝生だった公園が冬はスケートリンクになっていたり、街中の公園にスケートリンクが出現したり、冬のカナダを感じさせてくれる風景です。

場所によってはスケート靴をレンタルできます^^ 頻繁に行きたい場合は、マイスケートを購入してもいいですね。

スケート靴は、ホームセンター『Canadian Tire』等で売っていますよー。50ドル〜150ドルほど。

私は、中古のホッケースケートをFacebook上のMarketPlaceで購入しました。あまり履いていない靴が25ドルで買えて満足です^^

 

セカイエ

スケート靴には、

  • 前にギザギザのついたフィギアスケート
  • ギザギザなしのホッケースケート

の2種類があるよ!

普通に滑るだけなら、ホッケースケートの方が滑りやすくておすすめ。

 

 

⑧スキーやスノボ

せっかく冬のカナダにいるのだから、ウィンタースポーツを始めてみるのもおすすめです。スキーもスノボも、装備はスキー場でレンタルできます。

州によってはヘルメットの着用が義務付けられているので、ちょっと日本と違った風景を見られるかもしれませんね(笑)

ちなみに、カナダではスノボよりもスキーがメジャーな印象。ちびっこが上手に丘を滑り降りてくる姿を見ると、カナダっぽいなぁと感心してしまいます^^

 

⑨クロスカントリースキー

クロスカントリースキーは、スキーを履いて平地を走るスポーツ。雪の積もった森の中を走り抜けるのは、とても気持ちがいいです。

どちらかというと、私はスキーのスピード感が怖いタイプなのですが、クロスカントリースキーは平地なので楽しめています^^

去年のクリスマスに義両親からクロスカントリースキーセットをもらい、『スキーなんてやったこともないのに困ったなぁ。』と思いながらも試してみたら、すごく楽しくて!週末、森に出掛けるのが楽しみになりました。

日本ではレア、かつ、カナダっぽいスポーツだと思うので、機会があればぜひ。個人的には、スキーよりもおすすめです。

 

⑩映画やドラマを見てみる

話題の映画やドラマを見るのもおすすめです。

日本の映画やドラマを見て気分転換するのもいいですが、人気のNetflix作品を見るのが一番おすすめ。理由は、会話のネタになるからです。

大人気シリーズ『Black Mirror』も話題に上がることが多いですし、毎年『Stranger Things』新シーズンの時期になると大きな話題になります。

あと、海外生活では『ゲームオブスローンズ(GOT)』をある程度語れると役に立ちますよ(なにより本当におもしろい)。

 

 

⑪ボランティアに参加してみる

地域のボランティアに参加してみるのもおすすめです。

実際に人の輪に加わって活動することになるので、英語を使いたい・地域の人と交流をしたい場合は、とても良い経験になりますね^^

参加できるボランティアを探したい場合は、『Volunteer 住んでいる地域名』でボランティアを検索してみましょう。

また、たまにティムホートンズでもボランティアを募集していますし、留学中の場合は学校に聞いてみるのもいいかもしれませんね。

ただ、ひとつ注意したいのは、ボタンティアには『就労』に該当する場合があるということ。

学生ビザや観光ビザでカナダに滞在している場合、ボランティアの種類によって『Work Permit』や『SINナンバー』が必要になることがあるので注意が必要です。

 

⑫英語のレッスンに参加してみる

英語勉強法、生田斗真、英語

地域の英語レッスンに参加してみるのもおすすめです。

カナダでは永住権を取得すると、移民用の無料語学学校(LINC)に参加することが可能になります。

PRを持っていないよーという場合でも大丈夫。カナダでは、移民用の語学プログラム以外にも、いろんなところで無料の英語レッスンが開講されています(ビジタービザでも参加OK)。

例えば、教会地域の図書館などですね。

私が住む地域の図書館では、週1で1時間程度の英語のフリーカンバセーションレッスンが提供されていますよ^^ スケジュールは、図書館のホームページや掲示板で公開されていることが多いです。

図書館はお役立ち情報が多いので、ぜひ一度足を運んでみて下さいね!

 

⑬図書館に行ってみる

前述した通り、図書館はお役立ち情報が多くて便利です。

留学生であれば学校の図書館に行くことが多いかもしれませんが、ぜひ住んでいる地域の図書館にも足を運んでみて下さい。

極寒の冬のカナダでは家の中にこもりがちですが、少し外出するだけでも気持ちが明るくなります。

無料Wi-fiが提供されている図書館が多いので、例えば、同じパソコン作業をするのでも、場所を家から図書館に変えるだけでも気分転換になりますよ。

あと、日本の漫画(英語版)が置いていあることも。1人でソファ席に座ってダラダラ暇つぶしするだけでも、なんだか自立している気になるのでおすすめです(笑)

 

 

カナダの冬を上手に過ごすには一人でもできる趣味を持とう

カナダの冬を充実させるには、インドアとアウトドア、各ひとつずつ趣味を見つけるのがおすすめです。

例えば、インドア用にハンドメイド、アウトドア用にヨガという風に。アウトドアはスポーツに限らず、家の外でやるなにかというイメージでしょうか^^

日本では、余暇を楽しく過ごすための『娯楽』がアレコレ至れり尽くせり提供されていることが多いです。

例えば、ただ街をぶらぶらするにしても、電車やバスが整備され、外食費用も安い。買い物も選択肢が多いですよね。ツタヤで立ち読みでもいい、気軽に簡単に暇をつぶせると思うんです。

ところが、カナダはそうではありません。もちろん場所にもよりますが、日本ほど娯楽が充実しているわけではないのです。

便利な日本に慣れているからこそ、カナダでは『暇だ』『どう過ごしていいのか分からない』と感じるんだなという結論に至りました(完全に個人的な意見ですが…)。

 

自分のまわりを見渡してみるても、ちゃんと『コレ!』という趣味を持っている人が多い気がします。

仕事あがりにスキーに行く人、地域の編み物サークルに参加している人、ヨガやジムを習慣としている人、お菓子づくりが好きな人、楽器を練習している人。

『好きなこと』を持っている人が多いです。

なので、もしあなたが『休日や余暇をどう過ごしていいか分からないなぁ』と思っているのなら、新しいことに挑戦してみて、自分の好きなこと(趣味)を見つけてみるのがおすすめですよー。

これまで興味のなかったことでも、思い切って挑戦してみるのがポイントだと感じています。

 

 

まとめに

冬のカナダで、休日1人でもできる暇つぶしの方法をご紹介しました。

インドア用とアウトドア用の趣味を2つ見つけたら、すごく快適にカナダの冬を過ごせるようになりました。

振り返ってみると、これまで無趣味だったので、好きなことを探す良い機会になったと感謝しています。

移住して1度目のカナダでの冬、思いつく暇つぶしといえば『散歩で川を見に行くこと』くらい(笑)。

自分で歩いて行ける範囲には川しかなくて。本当に物理的に川くらいしかなかったんです。もー『どうやって時間を潰したらいいんだろう』と頭を抱えましたね。

趣味を見つけることで、何かに集中することができますし、それをきっかけに人の輪に入っていくこともできます。

ウィンタースポーツを始めるには、ちょっとお金がかかりますが、留学やワーホリの場合は、中古で買って帰国時に売ってしまうのもひとつの手ですよ^^

冬のカナダには、スキーやスケート等のアクティビティがとても身近にあります。ぜひ好きなことを見つけて、冬の過ごし方を充実させて下さいね!

 

Sponsored Link
error: Content is protected !!