カナダ移住に後悔してる?メリットデメリットや厳しい現実・失敗談を公開!

こんにちは!

カナダ人夫と国際結婚4年目に、カナダ東部の田舎町に移住しました。MACOです。

時々、日本にいる友人から『海外移住して後悔はないか?』と質問されます。

正直なところ、カナダ移住してから最初の半年は辛いことも多く、厳しい現実に直面したことも数知れず。『あぁ、移住失敗かも』と悩んだこともありました。

けれども、現在、私は幸せです。少しずつカナダで前向きに生活できているのを感じますし、『幸せだ』と思えるようになりました。

今日は、実際に感じているカナダ移住のメリットやデメリットをまとめました。

【この記事を読むとわかること】

  • カナダ移住のメリット・デメリット
  • カナダ移住した私の体験談

『カナダでは』と言っても、地域によって文化や習慣も違いますし、なにごとも人によります。一個人の体験談として参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 カナダ移住のメリットまとめ

①家族の時間を大切にできる

カナダ、移住、後悔、メリット、デメリット、現実

カナダでは、家族の時間をとても大切にしている人が多いです。とにかくファミリー・ファースト。

春・夏の気候のいい時期は、平日の夕方に、野外での時間を家族で過ごしている人をたくさん見かけます。

【例えば】

  • 平日の夕方にピクニックしながら夕食
  • 飲み会やパーティは夫婦で出席
  • 結婚式の招待は夫婦セット

友達と家族ぐるみでの付き合いが増えたのも、日本との大きな違いだなと感じています。友達のパートナーとも友達なことが多いです。

 

②仕事とプライベートがはっきり

カナダでは、仕事とプライベートの区別がはっきりしているので、アフター5を楽しんでいる人が多いです。

金曜日は早めに仕事を切り上げて帰る人も多いようで、16時頃に道路が混み合っていることもしばしばです(笑)子供の学校行事のために親が仕事を休んだり…という話も耳にしますね。

もちろん職種や地域にもよると思いますが^^

 

③自然や季節を満喫することが増えた

カナダ、夏、カヤック、カヌー、自然、アクティビティ

カナダに来てから、自然の中で過ごす時間が増えました。これは娯楽が少ないことも関係している気がします。

例えば、春夏の夕方は、森や公園へ散歩に行くことが多いです。

夏はボートやカヤック、自転車にBBQ。冬は野外スケートにスキー。大自然が身近にあるため、外で活動することが増えたと思います。

あと、カナダの四季は、日本よりも力強いです。日本にいた時よりも、はっきりと季節を感じることが多くなりました。

こんな感じ。

  • 春→春到来で木々も草花も大爆発!!
  • 夏→太陽の喜びに全てがイキイキ!!
  • 秋→紅葉が色鮮やか!!みのりの秋!!
  • 冬→雪・雪・雪の極寒生活!!!

長い極寒の冬を乗り越え、春を迎えた時の喜びは何物にも代え難く、とにかく外に出て太陽を満喫したいという気持ちが湧いてきます。

日本にいた時よりも、四季を喜び、自然を満喫するようになったなと感じています。

 

④イライラしなくなった

小さなことでイライラしなくなりました。

私が住むカナダ東部は、特に人が優しいと言われる地域。道ですれ違う人が笑いかけてくれることは日常茶飯事で、困っていたら手を貸してもらえることも多いです。

また、カナダは移民国家で『人種のモザイク(cultural mosaic)』主義を掲げているため、『みんな違ってみんないい』が体現されているのを感じます。今のところ、差別を感じたことは一度もありません。

人の目を気にすることもなくなりましたし、『違い』に対して寛容になった気がします。

まあ、のんびりしすぎているカナダのシステムに対して、やり場のない怒りを感じることも(笑)

 

⑤医療費が無料

カナダは医療費が無料です。日本の国民健康保険(または社会保険)に該当するような月々の支払いもありません。すべて税金でまかなわれています。

歯科や眼科、薬代は対象外ですが、国民みんなが平等に医療を受けられるというのは素晴らしいことですよね。

ただ、カナダの医療制度については問題も多く、カナダ移住の大きなデメリットでもあると思います(後述)。

 

⑥高校までは学費が無料

カナダでは、高校までは学費が無料です。

国籍保持者や永住権保持者であれば、大学の学費も安め。州や学部にもよりますが、年間3000〜8000ドルほど。奨学金や補助金も充実していますので、努力次第で大きく支払額も変わってきます。

余談ですが、カナダの小学校の夏休みは2ヶ月ちょっと。夏休みの宿題はありません^^

 

⑦個人の意思が尊重される

カナダに来てから、個人の選択が尊重されているなと感じることが多いです。

例えば、結婚や出産、LGBTQ等々。とやかく介入されることがなく、個人の意思が大切にされているなと感じます。

私の実家が田舎だからかもしれませんが、日本にいた頃は、

  • 独身時代は『いつ結婚するの』『もう若くないよ』
  • 結婚したら『はやく子供を作ったら』『ハーフはかわいいよ』

こういう余計なお世話が本当によくありました。

カナダに来てからは一度も言われたことがありません。人によると思いますが、義両親からも一切ないです。

結婚しなくても子供を作らなくても、個人の選択。それが尊重されているなぁと感じますし、その点ではかなり気持ちが楽になりました。

 

Sponsored Link

 

カナダ移住に後悔はある?デメリットと厳しい現実・失敗談まとめ

①家族や友達に会えない

カナダ、移住、後悔、メリット、デメリット、現実

カナダに関わらず、海外在住者の共通の悩みではないでしょうか。

インターネットの普及で、簡単にテレビ電話ができ、毎日LINEで連絡を取り合うことができても、簡単に会いに行けない距離なのは寂しいです。

お互いが健康なうちはいいけれど、例えば、親が年をとって病気になったら…万が一の場合は…と考えると、とても辛くなります。親の老後のこともそう遠い未来ではありませんが、考えても考えても答えは出せないまま。

また、地味なことですが、年1回の年賀状を楽しみにしていた友達とやり取りが途絶えてしまい、寂しいなぁと思っています。とはいえ、LINEするほどの話題もなく…(´-`).。oO

帰省にもお金がかかりますし、頻繁には帰れないのも辛いところですね。

 

②英語が辛い

英語で微妙なニュアンスが表現できずにストレスになることが多いです。自信喪失することもしばしば。

また、言語って文法や発音等のテクニカルなことだけではダメで、歴史に文化、習慣や流行等、いろんな知識の積み重ねが必要です。

特に、昔流行ったことをネタにしたジョークを聞いた時(それを理解できなかった時)なんかは、一生かかってもネイティブスピーカーにはなれないんだなと感じます。

あと、これは完全に私の努力不足ですが、英語圏に住んでいても、一定レベル以上はちゃんと勉強しないと伸びません。

住んでるだけじゃ、ただの現状維持程度にしかならないんですよね。移住前にもっと勉強してくればよかった、失敗したなぁと思います。

 

③イチから全てを築き直すのが辛い

海外移住するということは、その国でイチからすべてを築き直すということ。

ちょっと大袈裟な表現かもしれませんが、大人なのに赤ちゃんに戻ってすべてをやり直す感じです。

しかも、全部を同時進行でやらなくてはいけません。語学も人間関係も、文化や習慣の違いを学ぶことも。

カナダ移住1年目の冬、『英語で自信喪失+自分の人生築き直し』に打ちのめされ、自分が誰なのか、どんな人間なのか分からなくなりました。

最初の半年は、こんなに自問自答したのは初めてかもというくらい、自分の内面と向き合った気がします。かなり落ち込みましたが、これも今となっては笑い話です。

 

 

④冬が極寒

カナダ移住、メリット、デメリット、後悔

↑寒そうでしょ?寒いんですよ。↑

カナダの冬は極寒です。

もちろん場所にもよりますが、カナダ東部の冬は想像を絶する厳しさでした。

  • マイナス10度以下なんて当たり前
  • 定期的にスノーストームがやってくる
  • 道端の雪の山がどんどん高くなる

等々…。

そんな環境で多くの移住者が口を揃えて言うのは、『最初の冬が本当に辛かった』ということ。

私自身も含め、カナダ1回目の冬は寒さと雪の多さで引きこもりになり、『どうしてこんなところに来てしまったんだろう』『これから本当にやっていけるんだろうか』と悩んだという人が多いようです。

ただ、2回目3回目と経験を重ねるごとに、うまく越冬できるようになります。

趣味を見つけることで、明るく極寒の冬を越せるようになりますよー^^

 

 

⑤病院へ行きにくい

前述した通り、カナダは医療費が無料です。それは嬉しいことなのですが、その代わり、とにかく病院へ行きにくい!!

ERの待ち時間は5〜6時間、専門医に会うのが数ヶ月先はザラ、そもそもあまり検査をしてもらえない等々、深刻な病気になってしまった時のことが心配です。ちゃんと病気を早期発見してもらえるのか…。

個人的な意見ですが、病気の早期発見や根治を目指すというよりも『今ある症状を取り除く』ことが重視されている印象です。

カナダ移住して一番の心配事は、医療へのアクセスの悪さと言っても過言ではありません。

 

わたし
心配事があっても病院に行けない時だけは『くそ、移住して失敗したな』と、やさぐれてしまうよ。

 

 

⑥物価や税金が高い

これも場所によりますが、カナダは物価や税金が高いです。

特に日本よりも物価が高いなと感じているものがこちら。

<例えば…>

  • 家賃
  • 電気代
  • 外食費
  • 車両保険
  • 野菜
  • 鶏むね肉
  • シーフード

ちょっと雑な例えですが(笑)

例えば、電気料金は一軒家だと、冬は300ドル以上という話もよく聞きます。冬の光熱費は削れるものではないので、ちょっと覚悟が必要です。

あと、物の値段が高いわりに、クオリティが低いなぁと感じることも多いですね。100円ショップならぬ1ドルショップも、1ドルのものはほとんどありません。

物価の高さに加えて、税金も高いです。例えば、州によりますが消費税は10〜15%ほど。日本の消費税8%が安かったなと懐かしく感じるほどです。

 

 

⑧外食が高い&種類が少ない

カナダは外食費がとても高いです。

レストランだと、食事代プラス税金とチップで25〜30%ほど加算されます。夜に大人2人で外食すると、100ドルくらいあっという間にかかる感じ。

吉野家やサイゼリアのような安いお店を探すとなると、ハンバーガーかピザくらいしかありません。

結果、外食の回数が減り、家で作って食べる機会が増えます。これ、慣れないうちはめんどうくさいしストレスです(´-`).。oOでも逆に、日本の外食は安すぎる気もしますね。

 

わたし
レストランで『チップを払わない』という選択肢は、ほぼありえません。

 

⑨便利じゃない&色々スムーズじゃない

移住して最初につまずくのは、日本と比べて『圧倒的に便利じゃない』ということではないでしょうか。

まず、日本のようにコンビニがたくさんありません。私が住んでいる街に限って言えば、コンビニはありません。

また、郵便や荷物の再配達はしてもらえないので、自分で取りに行かなくてはいけません。そもそも呼び鈴も鳴らさずに、不在者票を置いていく業者も多いです。

あと、お店について、日曜日は閉まるのも早いですし(17時とか)、祝日は開いてません。クリスマスやサンクスギビングも開いてませんよ。

日本がいかに便利でスムーズかが伝わるでしょうか。

 

⑩仕事に活かせるスキルがない

これは私個人の問題ですが、仕事に活かせるスキルがありません。

日本では約10年ほど金融機関で働きましたが、その経験も全く使えないと思います。

カナダで就職することを考えた時、英語のハンデに加えて『自分は一体何ができるんだろう』『何者になれるんだろう』と途方もない気持ちになります。厳しい現実ですね。

こればっかりは前向きに努力するしかありません。

ちなみに、カナダではアルバイトひとつ始めるのにも『リファレンスチェック』が必要です。

【リファレンスチェックとは】

会社が『応募者の人柄や働きぶり』を、『応募者の以前の勤め先の上司や同僚』に問い合わせること。電話で行われるのが一般的。

スキルはもちろん、このリファレンスチェックも最初の大きなハードルとなります。コネもかなり重要。外国人が外国で仕事を得るって本当に大変なことなんです。

 

わたし
アパートを借りるのにもリファレンスチェックが必要だよ!

 

⑪自分の老後が心配

若いうちはいいけれど、老後のことが心配です。

  • いつまで日本に帰れるだろうか
  • 歳を取ってからも英語環境で大丈夫なのか
  • ひとりぼっちになってしまったらどうしよう

ふと、どうしようもなく不安な気持ちになることがあります。

日頃からきちんと努力をして、英語力を伸ばし交友関係を構築しておかないとな、と。やみくもに将来を心配してもしかたがない。『未来は毎日の積み重ねの結果だ』ということを強く意識するようになりました。

 

 

カナダ移住に後悔してる?東部に移住した私の正直なきもち

カナダ、移住、後悔、メリット、デメリット、現実

さて、2020年1月現在、カナダに移住して2年2ヶ月が経ちました。

実際にカナダ移住して感じたメリットやデメリットをご紹介しましたが、総じて言えることは、私は幸せに暮らしているということです。

 

わたし
こんな短期間で、移住が失敗だった・成功だったと判断できないのは分かってるけどね!

 

たしかに移住最初の半年は、極寒の環境に加えて慣れない環境で、完全に自信喪失して落ち込みました。

なんでこんなところに来てしまったんだろう、と何度も何度も後悔しました。

けれども、時に腐りながらも、ひとつずつ出来ることを増やすことで、少しずつ快適に暮らせるようになってきた気がしています。納得いかないことや不便に感じることも、だんだん笑い飛ばせるようになりましたしね(笑)

  • まったく興味がなかったことを楽しいと感じたり
  • 人と違っていても良いのだと学んだり
  • 日本で悩んでいたことが実はどうでもいいことだったと気付いたり

たくさんの新しい気付きも得られていますし、これから自分がどうなりたいのかも考えるきっかけになりました。

たった2年ほどにすぎない移住生活ですが、今は『来てよかったな』と思っています。

 

カナダ、移住、後悔

とはいえ、寒い日に、こういう『Middle of Nowhere(人里離れた場所)』感のある郊外を見ると、気持ちが落ち込む時があります。あと、雪に埋もれた教会やお墓もそう。どうしようもなく寂しくなるというか。

カナダって、ちょっと車を走らせるだけでこんな感じの風景が広がっている地域が多いんじゃないかな。

あと、カナダ移住して以来、自分の骨は海に撒いてほしいと思うようにもなりましたね(笑)。つめたーい雪の下に半年も眠るなんて嫌だし、散骨してもらえればいつか日本にたどり着くかなみたいな。

なんだか話がそれましたが、ときどき襲ってくる漠然とした不安との戦いも、海外移住にはつきものなのだと思います。

 

また、2019年10月に日本一時帰国した時には、家族との別れを強く意識するようになりました。

以前よりも少し歳をとった叔父や叔母に『次にMACOちゃんが帰ってくる時は、私はもう死んでるかもね(笑)』と冗談を言われ、その時は一緒に笑ったものの、『あぁ、これが最後になることだってあるんだな』と。

祖母にもカナダ移住直前に会ったきり、再会がかないませんでした(数ヶ月後に亡くなってしまった)。

大切な人と会えないまま別れが訪れるかもしれないこと。その覚悟を、日本で暮らしていた頃よりもずっと身近に感じています。

 

そして、最後にひとつだけ。

ときどき『生きやすい海外に移住すべき』『とりあえず海外移住』という意見を見かけますが、そんなに簡単で単純な話ではないと思います。

個人の選択をどうこういうつもりはありません。

だけど『海外で仕事を得て生活すること』『外国人として生きること』は想像以上にタフだということを、どうか知っておいて欲しいです。

 

 

まとめに

2020年1月現在、私のカナダ生活はほんの2年ちょっと。

これから長く住めば住んだだけ、それまで見えなかったカナダ暮らしのメリット・デメリットのも出てくると思います。

永住権を取得してカナダで生きるということは、カナダで現実を生きる、カナダで生活の基盤を築くということです。期間の決まっている留学やワーホリ、旅行との大きな違いですね。

また、長く暮らしていくからこそ、肩の力を抜いて、自分にとって快適な環境を整えることがストレスを減らすことにも繋がると気付きました。

<例えば…>

などなど。

もちろんカナダ生活は大変なこと(デメリット)もありますが、無理せず少しずつできることを増やしていけば、だいたいのことは慣れます。

私は今のところ、カナダ移住を後悔していません^^

 

わたし

『おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。』

魔女の宅急便より

 

Sponsored Link
error: Content is protected !!