カナダ冬の服装【トロント】アウターや持ち物・必需品は?タブーなファッションも

カナダの冬は、極寒という言葉がぴったりです。

特にトロントを含む東海岸では、真冬の気温がマイナス20度になることもしばしば。冬のカナダって、いったいどんな服装をしたらいいのか迷いますよね。

マイナス数十度の世界で着る服って…私も実際にカナダに引っ越すまでは想像できませんでした(笑)

でも、大丈夫!

服装はポイントを押さえれば快適に過ごせますよ^^

今回は、冬のトロントを快適に過ごすアウターと持ち物(必需品)、冬のファッションのタブーをまとめました。

Sponsored Link

 

カナダ冬の服装|トロントや東海岸の気候を簡単にチェック

ロシアについで世界で2番目に大きな国カナダ。

横にながーいので、西のバンクーバーと東のトロントではかなり気候が違います。カナダの主要都市の気温をご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね^^

左の数字が最高気温、右が最低気温です。

 12月  1月  2月  3月
 バンクーバー 6 / 1 6 / 0 8 / 1 13 / 5
 エドモントン -6 / -17 -8 / -19 -4 / -16 1 / -7
 トロント 0 / -6 -2 / -10 -1 / -10 4 / -4
 モントリオール -2 / -10 -5 / -14 -3 / -13 2 / -6

参考:tripsavvy

どうでしょうか?

同じ国の中でもまったく気温が違うことがわかりますよね^^

さらに衝撃的なニュースをひとつ。

2017年12月28日の朝、トロントピアソン国際空港でマイナス22度を記録!体感温度はマイナス30度!!うわぁ、寒い!もう笑うしかない(笑)

これは57年ぶりの記録更新なんだそうですよ。

ちなみに体感温度は湿度や風に左右されます。湿度が高いと、実際の気温よりも寒く感じるんです。平昌オリンピックが極寒だと言われていたのは、この『寒さ+湿気』のダブルパンチだったせいなんですねー。

Sponsored Link

 

カナダ冬の服装|トロントでおすすめのアウターファッションブランド6選

カナダ東部の冬を過ごすには、しっかりしたダウンジャケットが必要です。逆にジャケットさえしっかり暖かいものを選べば、中は薄着で大丈夫ですよ^^

 

セカイエ
ジャケット選びのポイントを教えて!
みんな
ジャケット選びのポイントはこちら。

  • 防水(または水に強い)
  • お尻が隠れる丈
  • フィルパワー
  • 耐寒温度
  • フードの深さ

英語で探す場合は『Parka(パーカー)』で探してみてね。

 

フィルパワーについては、カナダグースを例にご説明します^^ それでは、カナダの冬を乗り越えるためのアウターのブランドをチェックしていきましょう〜!

 

1. Canada Goose(カナダグース)

1957年、トロントで創業したブランド。メイドインカナダにこだわって作られたダウンジャケットは、カナダの冬の服装を考える上で、必ず名前が上がります^^

どれくらい暖かいかは、それぞれのデザインの体感指数で確認することができます。なんとマイナス30度まで大丈夫なものも!さすがはオーロラツアーでも使われるだけのことがありますね。

 

わたし
私が買ったのはシェルバーン(Shelburne)というモデル。衝撃の値段に震えながら支払いを済ませたけど(笑)、素晴らしく暖かいよ。

軽いのはもちろん、包まれるような暖かさは初めての体験。フードも深くて、きちんと顔を守ってくれるよ。移住するなら買って損はないと思う!

 

さて、極寒地で着るジャケットを選ぶ時に注目したいのがフィルパワーという単位。各商品の詳細欄に載っていることが多いです。

出典:カナダグース公式サイト

フィルパワーとは、羽毛のかさ高性を示す単位のことです。フィルパワーが550以上あれば、軽くて暖かいと言われているんですよ^^

ちなみに、カナダグースのジャケットのフィルパワーは、625~800となっています。上の写真の例では、625ですね。

10万円のジャケットはカナダでも高級品です。それでも文句のつけようがない着心地に、人気の理由がわかります^^

 

2. SOIA & KYO(ソイアアンドキョー)

出典:SOIA & KYO公式サイト

モントリオール発祥の人気ブランド。『Mackage(マッカージュ)』の姉妹ブランドで、キレイめのデザインが多いです^^

細身のフェミニンなものが多く、とても上品なデザインが多いのが特徴です。『カナダグースはちょっとカジュアルすぎるな〜』という方は、ソイアがおすすめ。

お値段は500ドル〜1000ドルまで様々です。

 

わたし
SOIA & KYOのジャケットが第一希望だったんだけど、私が住んでいる街には在庫があまりなくて。でもトロントにはいっぱいお店があるみたいだよ^^

着心地は『吸い付くようなフィット感で暖かい』。生地はすごく丈夫で上質なものだったよ〜!!しかも艶がある素材で超フェミニン。

フィルパワーはなんと700だったの!カナダグースなみ!!!

 

デザインによっては、中にウェスト丈のダウンが付いているソイアのアウター。上の写真もダブルジャケット仕様です^^ 風を通さないから暖かいですよ。

最近では、英国ウィリアム王子の奥さんでメーガンマークルさんがソイアのジャケットを着てたと話題になったことも。

 

3. TNA(ティーエヌエー)

出典:Aritzia公式サイト(英語)

バンクーバー発祥のセレクトショップ 『Aritzia』。その中でも特に人気なのが『TNA』です。おしゃれでかわいい、かつ値段もリーズナブルと若い女性にとにかく人気があります^^

ジャケットは、お値段約300ドルくらいから。マイナス30度対応のデザインもあって、暖かいと評判です。

トロントでは冬の時期、このTNAのジャケットを着た人をよく見かけると聞きますよー。

 

4. firefly(ファイヤーフライ)

カナダのアウトドアブランド『Firefly(ファイヤーフライ)』。

ウィンタースポーツのウェアも展開しているブランドです。ここのジャケットは、細身のものが多くて、すっきりおしゃれに着ることができます^^

値段のわりにすごく暖かくておすすめとのこと(友人談)。

お値段も約200ドルからとリーズナブルです。

ブラックフライデーやボクシングデーのセールでは、100ドル程度までお値段が下がることも。カジュアルすぎないアウターを探している場合は、ぜひチェックしてみて下さいね。

firefly公式サイト

 

5. Columbia(コロンビア)

アメリカのオレゴン州生まれのアウトドアブランド。

コロンビア、ジャケットもブーツもとにかく人気です。毎日とにかく何かしらコロンビアの商品を見かけます。

夫の家族・親戚はなんとほぼ全員、コロンビアのウィンタースポーツ用のジャケットを着ていました(笑)いろんなデザインのコロンビアのジャケット、壮観でしたよ〜!

長めの丈のダウンは、だいたい200ドルくらいから。

コロンビア公式サイト(日本語)

 

6. THE NORTH FACE(ノースフェイス)

アメリカのカリフォルニア州生まれのアウトドアブランド。

ノースフェイスのジャケットを着ている人もよく見かけます^^

実際にアマゾンの口コミを見ていても、『とても暖かい』と評判がいいです。デザインもほどよくカジュアルでかわいいんですよね〜!

ただ、ノースフェイスのジャケットはちょっと重めのものが多い気がします。買う前にかならず店頭で試着して、着心地を確認してみてくださいね。

ノースフェイス公式サイト

 

セカイエ
コロンビア・ノースフェイス・ファイヤーフライ等のアウトドア系のブランドは、カナダ全土にチェーン展開する『Sport chek(スポーツチェック)』で購入できるよ。

セールの時にはすごく安くなるし、いろんなブランドを比べられるからぜひ足を運んでみてね!

 

九州で使っていた『これさえあれば冬はほっかほか!』というダウンコートが、カナダではまったく役に立ちませんでした。

雪国には雪国の本気を詰め込んだジャケットがたくさんあります。ぜひ、お気に入りの一枚を探してみてくださいね^^

 

 

カナダ冬の服装【トロント】ファッションのタブーと持ち物・必需品まとめ

カナダ東部は、12月頃から本格的な冬を迎えます。

毎日少しずつ雪が降ったり、ドカーンとスノーストームが来たり。もちろん暖かい日もありますが、ほぼ毎日ゼロ度以下の気温が続きますので、基本的に積もった雪は溶けません(笑)

道の脇に寄せられた雪の山(SNOWBANK / スノーバンク)も日に日に高くなっていきます。そんな環境で現地の人がどんな服装をしているのか。ご紹介していきますね〜!

※この記事はトロントを含む東部の気候に基づいています。

 

①アウターはしっかり

※これ、私が外でしている格好です。

まず大切なのがアウターです。

女性はお尻が隠れる長さのダウンジャケットを着ている人が多いです。というか、お尻が隠れる長さじゃないと、寒くてたまりません!!

さらに、女性はみんな、かなりぴったりめのサイズを着ています。

これはサイズに余裕があると、ジャケットの下のスキマから寒気が入ってきてしまうからなんだそう。実際に、お店の人にもぴったりサイズをすすめられますし、この『下から寒気』については口を酸っぱくして言われます。

 

わたし
日本ではMサイズの私も、XSサイズを買ったよ。ふ、太れない…。

でも、カナダの服のサイズは、日本のサイズより作りが大きめだよ!

 

また、こちらではジャケットのフードはかぶるもの・実際に使うものです!

おしゃれ目的でついてるものではありません。風から顔を守る役目をするため、日本のものと比べるとかなり深いフードが多いんですよー。

 

②アウターの中は薄着

※アウターを脱いだ室内での格好です。もっと薄着でも大丈夫。

マイナス20度の大雪の日でも、普通に歩いている人が多いです。もちろんばっちり防寒して、ですが。

けれども、外は極寒でも室内はほっかほか。学校やショッピングモール内ではすごく暖房が効いているので、屋内では半袖で過ごしている人も多いんですよ^^

ですので、アウターの中は薄着でOK。

むしろ、たくさん着ていると室内に入った時に暑すぎて困ります。薄手のネルシャツや長袖シャツ、分厚すぎないセーターをサラッと着ている人が多いです。

私はユニクロのヒートテックを中に1枚着ていますが、たまに暑すぎることも。もしヒートテックを持ってくるなら、『極暖シリーズ』は避けた方が無難です。

 

③足元はスノーブーツ

雪の中を歩く機会が多いカナダ東部の冬。スノーブーツは絶対に必需品です。

足元・足首が寒いと全身が冷えますし、 防水の靴じゃないと雪が染み込んで歩けません。ムートンブーツは論外です。

スニーカーなんかで歩くとね…濡れて靴が凍ります(体験談)。スノーブーツじゃないと、とにかく寒くて歩けたもんじゃありませんよー。

冬のカナダを普通の靴で歩くなんて、タブー中のタブー!ダメ、絶対!

逆に、足元が暖かいだけで、外歩きがすごく快適になります。旅行でくる場合も、防水で暖かいブーツを準備してくることをおすすめします。

 

関連記事も一緒にどうぞ。

ソレルのスノーブーツ(レディース)の種類や値段を比較してみたよ!実際に履いた口コミも。

ソレルのスノーブーツ・レディースの種類を口コミや価格で比較!カリブーは重い?

2018.01.05

カナダ冬の服装に必需品のスノーブーツを徹底的に調べたよ!おすすめは人気のソレル?

カナダ冬の服装|靴(ブーツ)のおすすめ12選!ソレルが人気で暖かい?

2017.12.24

 

④ボトムスは細身

カナダに引っ越す前、私が一番気になっていたのが『冬のボトムス』。上半身はジャケットを着ればいいとして、下半身はどう防寒すればいいのか想像できませんでした。

基本的には、普通のタイツ+裏起毛のタイツの重ねばきで大丈夫です!または、ジーンズの下にタイツでもOK。

冬を迎えてみて思うのは、現地の女の子は細身のボトムスが多いということ。

ズボンならスキニー、それ以外ならレギンス(スパッツ?)の女性が本当に多いです!スキニーパンツはいいとして、足の形まる出しのぷりぷりレギンス1枚って…抵抗ある日本人女性は多いはず。多いですよね?!

 

わたし
でもね、ボトムスをぴったりしたものにすることでブーツインしやすくなるんだよねー。

だから、日本からズボンを持ってくるならスキニータイプがおすすめだよ。冬用の内側ボアのスキニーパンツとか重宝するよ。

 

ちなみに、私は日本から持ってきた冬用のショートパンツに、タイツ2枚履きという格好が多いです。まだスパッツ1枚は勇気が出ません(笑)

日本で流行っているスカートや長めのガウチョはほとんど見かけませんし、持ってこなくてよかったのになぁと後悔しています。

 

⑤帽子と手袋は必需品

ニット帽と手袋は必需品です。

まずニット帽について。マイナス数十度の中を歩くと頭も痛くなりますし、なんといっても耳がちぎれそう!ぽんぽんはない方が、ジャケットのフードをかぶりやすいです。

あと、ニット帽の内側がフリース加工されているものがあったかくておすすめですよ(写真・左)。

手袋も必需品です。

冬のカナダの道は滑りやすいので、両手がふさがっていると危険です!!あとマイナス20度くらいになると、指先がかじかむを通り越して痛いです。

私はマイナス20度の中で素手で写真を撮ろうとして、指に激痛が走ったことがあります。『痛い痛い!』と声に出すくらい。『イテテ〜w』とかじゃなくて真顔で『痛い!』と言わせる寒さってすごいですよ(笑)

 

⑥靴下は素材に注意

※左がメリノウール混ソックス、右が裏起毛ソックス

靴下は特に高いものを買う必要はありません。ただ、素材にだけ気をつけてくださいね^^

冬の靴下はメリノウールがおすすめです。メリノウールは、アウトドアグッズで人気の素材ですね^^

これはスノーブーツを買う時に、靴屋の店員さんに何度も何度も言われたこと。

冬にコットンの靴下はタブー中のタブーで、湿気が逃げずに冷えてしまうんだそう。その点、メリノウール素材の靴下は薄くても暖かく、吸汗性&調湿性に優れ、臭くなりにくいんです。

 

裏起毛のぶあつい靴下(写真右)と、メリノウールの靴下(写真左)を履きくらべしてみたよ。

結果は、メリノウールの勝ち!

薄めなのに蒸れないし、底冷えもしない。ほんのり暖かい履き心地が1日続いたよー。もう他の靴下には戻れない(笑)

 

ちなみに、メリノウール100%である必要はありません。我が家はコストコで、メリノウール約80%の靴下3足セットを18ドルで購入。

履き心地最高です!!

 

⑦荷物はリュックかポシェット

荷物はリュックかポシェットが多い印象です。

大学ではほぼ100%と言っていいほど、リュックを背負った学生ばかりです。荷物が多いのはもちろん、両手が空くので歩きやすいのが理由だと思います。

また、ちょっとしたお出かけにはポシェットが多いですね^^ お国柄なのか土地柄なのか、あまりハイブランドを持っている人は見掛けません。若い子は『Kate Spade』が多いです。

 

わたし
日本から持ってきたポシェットをすごーーーく重宝してるよ!外出の時はほぼポシェット。とりあえず、ひとつ持ってきておくといいよ。

 

ちなみに、パックパックはカナダ発祥のかわいいブランドがあるんですよ〜!

『Hershel(ハーシェル)』というブランドで、大学でも持っている人をよく見かけます。

 

シンプルなデザインで大容量。カジュアルな服装をすることが多いカナダでは、すごく使い勝手がいいと思います。

ただ日本で買ってもあまり値段は変わらないようです。もしリュックを持っていなければ、日本で購入して背負ってくるのもありですね^^

 

8. マフラーのかたちに注意

※右下のタイプが一番おすすめです。

これはあまり重要でないかもしれませんが、実際に痛感したこと。

マフラーはぴったりと顔のかたちに沿うものがいいと思います。というのも、口とマフラーの間のスキマが大きいと、息がかかったところが凍ります。凍らなくても、すぐ水滴がついて不快です。

 

わたし
ゆるめのもこもこスヌードなんて、凍る確率高し。身につけてるものが凍るって、構精神的ダメージが大きいよ…(笑)

 

本当に寒い日は、マフラーでぴったり鼻までカバーし、ニット帽をかぶって歩くと楽なことに気付きました。ほぼ目出し帽状態ですね(笑)

 

まとめに

カナダの冬はとても長くて厳しいです。特に、トロントを含む東部の街は文字通り極寒の冬。

極寒の冬のカナダでも、アウターや持ち物(必需品)を押さえれば、かなり快適に過ごせることが伝わったでしょうか^^ ファッションのタブーもいくつか注意すればOK。

とても寒いカナダですが、冬の雪景色は本当に美しいです。暖かい服装で、カナダの冬を楽しんでくださいね!

 

関連記事も一緒にどうぞ。

ソレルのスノーブーツ(レディース)の種類や値段を比較してみたよ!実際に履いた口コミも。

ソレルのスノーブーツ・レディースの種類を口コミや価格で比較!カリブーは重い?

2018.01.05

カナダ冬の服装に必需品のスノーブーツを徹底的に調べたよ!おすすめは人気のソレル?

カナダ冬の服装|靴(ブーツ)のおすすめ12選!ソレルが人気で暖かい?

2017.12.24

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください