カナダの化粧水やメイク落としおすすめ購入品まとめ!高保湿&格安はこれ

こんにちは!カナダ東部の田舎町に住むMACOです。

基礎化粧品事情が大きく異なるカナダと日本。特に違いを感じているのは、メイク落としと化粧水です。

私は日本にいる時、オイルクレンジングの後に保湿系の化粧水を使っていましたが、カナダではほぼ見つかりません(涙)でも長い目で考えると、カナダで買える自分にあった商品を見つけたい。すべてを日本から取り寄せるのは大変です。

今日は、カナダで買えるおすすめのスキンケア用品(メイク落とし、化粧水、保湿クリーム、美容液)をご紹介します。

カナダ人の友人にもスキンケア事情について色々と聞いてみました^^

 

 

カナダの化粧水やメイク落とし(クレンジング)事情とは?

カナダ、メイク落とし、クレンジングオイル、おすすめ

カナダにきて衝撃を受けたのが、メイク落とし(クレンジング)や基礎化粧品事情。日本と全く違います。

日本のメイク落としからスキンケアまでの流れは、こんな感じですよね。

【日本の場合】

  1. メイク落とし(部分メイク落とし)
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 乳液やクリーム、美容液など

ところが、カナダの場合はこんな感じです。THE BODY SHOPの店員さんに聞いてきました。

英単語も一緒にチェックしてみましょう^^

英単語 注意点
❶ Make-up Remover
(部分用メイク落とし)
主にアイメイクを落とす。
❷ Cleanser
(洗顔料)
クリーム、ゲル、ミルクタイプ等いろいろなタイプあり。※Foamingの表示がないと泡立たないかも
Toner
(ふきとり用化粧水)
❷の洗顔で残った汚れをふき取るイメージ。アルコール入りのものが多く、保湿目的の化粧水ではない。
❹ 保湿スキンケア

  • Moisturizer(乳液)
  • Night Cream, Lotion(クリーム)
  • Serum(美容液)
どれを使うかは人による

 

日本人が一番戸惑うのは、Tonerと呼ばれる『ふきとり用化粧水』ではないでしょうか(Tonerは『トナー』というよりも『トーン』に近い発音)。

パッと見は日本の化粧水と似ていますが、アルコールが入っていて、そもそもの目的が保湿ではないんです。

『化粧水あった〜(≧▽≦)』と喜んだのも束の間、それが Tonerだった時のがっかり感。カナダ生活のあるあるですよね(´-`).。oO

そう、カナダには、日本のような『保湿するための化粧水』はあまり売っていないんです。

また、メイク落とし用のオイルクレンジングもあまり見かけません。

オイルクレンジング派の人はカナダでは結構苦労するかも…。かくいう私もオイル派。気に入ったものを見つけるのにすごく苦労しました。

次の項目では、カナダで簡単に手に入るメイク落としやスキンケア用品をご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

カナダの化粧水やメイク落としおすすめ購入品まとめ!高保湿&格安はこれ

実際に使ってみてよかったおすすめの化粧水とメイク落としをご紹介します。

私はメイク落としはオイルクレンジング派なので、メイク落としはオイルのみをまとめました。いち個人の使用感としてご参考になれば幸いです。

 

カナダで買える化粧水や乳液おすすめ

①THE BODY SHOPのVitamin E Aqua Boost Essence Lotion

カナダ、化粧水、おすすめ

THE BODY SHOPの『Vitamin E Boost Essence Lotion』。

私が見つけた限りでは、日本のとろみ保湿系の化粧水に一番近いと思います。『ふきとり化粧水』のTonerとは違い、ちゃんと保湿できる化粧水です。

使った後はお肌がもっちりして使用感も素晴らしい。発見した時はもう本当に感動。公式サイト上でも 4,6/5 と高評価です。

ただ、160mlで20ドルとちょっと小さめなのが難点。

同じシリーズでパッケージそっくりなトナーと間違えないように気をつけて下さいね^^

CHECK購入場所 THE BODY SHOP

 

 

②Mad HippieのVitaminC Serum

カナダ、化粧水、おすすめ

日本から持ってきたオバジのビタミンC美容液がなくなった時に購入したこちら。

化粧水やクリームとかに混ぜて使うと、肌がもっちりして翌日も調子がいいのでおすすめです。

アメリカの通販サイト『i-herb』で購入することができ、評価も高いのでぜひチェックしてみて下さいね。

『i-herb』つながりで、HERITAGE STOREのRosewater&Glycerinというローズウォーター化粧水も使いやすいです。

  • アルコールフリー
  • パラベンフリー
  • スプレータイプ
  • 237mlで約7USドルほど

こんな感じで、気軽に使えます。

ただ、そんなにしっとり潤うわけではないので、ササーッと何か顔につけたい時に使う感じ。スプレーなのでその点、本当に手軽です。

CHECK購入場所 アメリカの通販サイトi-herb

 

 

③LA ROCHE-POSAYのLIPIKAR BODY LOTION

カナダ、化粧水、おすすめ

フランスの敏感肌用スキンケアブランド。世界25000人以上の皮膚科医が採用していることで有名です。

私はこのLIPIKAR BODY LOTION(しっかりめの乳液みたいなクリーム)をフェイス用に使っています。

これ1本だけでも乾燥しません。でも、ものすごく潤うわけでもないので、真冬はこの上からニベアの青缶を塗っています(笑)

CHECK購入場所 ドラッグストア

 

わたし
ボディローションと書いてあるので、購入前に美容部員さんに『顔用に使ってもいい?』と確認したら、『もちろんOK!顔に使っている人すごく多いよ!』と言われたよ。
[フランス語で『ラ・ロッシュ・ポゼ』と読むよ!

 

 

カナダで買えるオイルクレンジングおすすめ

①THE BODY SHOPのCamomile Silky Cleansing Oil Makeup Remover

カナダ、メイク落とし、クレンジングオイル、おすすめ

市販のクレンジングオイルなら、ボディショップのカモミールのクレンジングオイルがおすすめ。

オイルが柔らかくて伸びがよく、メイクもすっきり落ちます。ファンケルのクレンジングオイルに使用感が近いかも。

公式ホームページ上でも 4,5/5と高評価です。

ただ、口コミではポンプ式のボトルがちょっと不評なようで…(笑)ふきとり用化粧水でメイクを落とすのが主流なカナダでは、ポンプのクレンジング自体が使い慣れないのかなと。

CHECK購入場所 THE BODY SHOP

 

 

②ココナッツオイル

ココナッツオイル、メイク落とし、クレンジング

オイルクレンジング派の人が一番手軽に試せるのが、食用ココナッツオイルでのメイク落としです!

私はカナダに来てから、ココナッツオイルでメイクを落とすようになりました。メイクもすっきり落ちますし、なにより冬場の乾燥が軽減された気がしています^^

甘い香りに癒されながら、くるくるマッサージすると幸せな気持ちになりますよー。

普段はココナッツオイル、どうしても面倒くさい気分の時はボディショップのクレンジングオイルと使い分けています。

面倒くさいといっても、『ココナッツオイルの蓋を開けてすくうだけ』と『ポンプをひと押しするだけ』の差なんですが…(笑)

CHECK購入場所 スーパーやドラッグストア等

 

ドラッグストアで買える!押さえておきたい基礎化粧品ブランド2つ

①Aveeno(アビーノ)

世界30ヶ国以上で愛されている敏感肌向けスキンケアブランド。

カナダではドラッグストアだけでなく、スーパーやコストコでも購入することができます^^ 赤ちゃんからお年寄りまで使えるラインナップが Aveenoの良いところ。

Aveenoには泡で出てくる洗顔フォームがあって(上の写真)、優しい&スッキリした洗い心地で使いやすいです。

余談ですが、カナダでは『泡立つ洗顔フォーム』をあまり見かけません。

多分、チューブ入りの洗顔料も『Foaming』と書いてないものは泡立たないんじゃないかな…(怖くて試したことがない、笑)。

CHECK購入場所 スーパーやドラッグストア等

 

 

②Neutrogena(ニュートロジーナ)

カナダ、メイク落とし、クレンジングオイル、化粧水、おすすめ

世界70ヶ国以上で愛されるアメリカのスキンケアブランド(公式ホームページには皮膚科医おすすめナンバー1との表示あり)。

Neutrogenaというと日本ではハンドクリームが有名ですが、カナダではスキンヘア用品にヘアケア用品、化粧品までいろんな種類の商品を買うことができます。

私が使っているのは日焼け止め。

日本のようなミルクタイプの日焼け止めで、SPF60で強力です。ベタベタせずに伸びもよく、化粧下地にも使えるのでおすすめです。

CHECK 購入場所 スーパーやドラッグストア等

 

 

カナダの化粧水やクレンジングオイル(メイク落とし)事情を現地女性にインタビュー!

30代女性:Mシェルさん

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Paula’s Choice Skin Care (@paulaschoice) on

肌がきれいな友人Mシェル。

普段のスキンケアは、アメリカのスキンケアブランド『Paula’s Choice(ポーラズチョイス)』 を使っているとのことでした。

Paula’s Choiceの角質ケアがすごくいいと話していました。ただ、カナダ国内では買えない(?)らしくアメリカから通販で購入しているとのことです。

 

 

30代女性:私の場合

カナダ、メイク落とし、クレンジングオイル、おすすめ

長々とカナダの基礎化粧品事情をご紹介してきましたが、結論からいうと、冬の間は化粧水はあまり使わなくなりました。

ご紹介した化粧水やクレンジングはすべて持っていますが、毎日すべてを使っているという訳ではありません。

秋冬の普段のスキンケアは、

  1. ココナッツオイルで化粧を落とす
  2. 泡立つ洗顔料(または石鹸)で顔を洗う
  3. LA ROCHE POSAYのクリームにMad HippieのビタミンCセラムを混ぜて塗る

これだけ。

肌の調子や気分によって、THE BODY SHOPのクレンジングや化粧水を使ったりしています。あと、乾燥がひどい真冬はニベアの青缶をプラスしたり。

逆に、春夏は化粧水だけの日が多いです。もう完全にズボラケア。でも、不思議なことにこれだけでも肌の調子は悪くありません^^

とはいえ、日本に一時帰国したら、化粧水をたくさん買ってこようと思っています。乳液や美容液はカナダに売ってるので十分かなと。持ち帰れる荷物にも重量制限があるので、色々と折り合いをつけていかないといけませんね。

 

 

まとめに

カナダのスキンケア事情は、日本とは大きく違います。

保湿系の化粧品がメジャーでないのがびっくりですが、私のまわりのカナダっ子はすごく肌が綺麗な人が多いんですよね。キメが整っていてなめらかな肌の人が多いです。

こんなやり方があるんだなと感心する一方で、今からTonerを使ったスキンケアに変える勇気もなく…(´-`).。oO

ただ、THE BODY SHOPのとろみ系化粧水とカモミールのオイルクレンジングに出会ってからは、『日本から持ってきた在庫がなくなっても大丈夫』と気持ちがずいぶん楽になりました^^

今日ご紹介したものはどれもカナダで買えるものばかりですので、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

 

Sponsored Link
Sponsored Link