NordVPNとは?安全性や速度・料金まとめ!無料お試し期間はある?

こんにちは!

有料VPNサービスを検討する時に、必ずといっていいほど名前が挙がるNordVPN(ノードVPN)。

パナマのVPNプロバイダで、私が住むカナダにも利用者が多いVPNです^^ ただ海外のプロバイダだと情報も少なめですし、なんとなく不安だな〜という方も多いのでは?

NordVPNは『なんとなく』なんて理由で避けるなんて、もったいなさすぎる優秀VPNです。

今日は、有料VPNサービスのトップ常連であるNordVPNの

  • NordVPNとは?
  • 安全性や速度・料金など基本情報
  • 無料お試し期間

についてご紹介します^^



NordVPNとは?概要まとめ

NordVPNは、パナマに所在地を置くVPNプロバイダです。

有名なExpressVPNとならんで、有料VPNランキングの上位常連さんですね。

基本的な概要はこちら。

Nord VPN
設置国数59カ国5400サーバー超
月額料金
  • 1ヶ月プラン:11.95ドル
  • 1年プラン:4.92ドル
  • 2年プラン:3.71ドル
複数デバイス1アカウント6台
日本語対応あり
支払い方法クレジットカード、仮想通貨、Paypal、ALIPAY等
返金保証期間30日間
対応アプリWindows, Mac, Android, iOS, Linux等

※2020年10月時点での情報です。

 

次の項目では、NordVPNの特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。

VPNを選ぶ時に注意したい、以下のポイントに注意しながら説明していきますね^^

  1. 速度は速いか?
  2. セキュリティの高さは?
  3. サーバー数と設置国は?
  4. ノーログポリシーか?
  5. 値段は高すぎないか?

 

 

 

NordVPNの特徴・良いところ(メリット)

政府レベルの暗号化(安全性)

特徴的なのが、『AES-256』と『IKEv2/IPsec』、『ダブルVPN』という暗号化技術を採用している点。

NordVPNは、256ビット鍵(AES-256)という暗号化規格を採用しています。これは米国家安全保障局(NSA)により、トップシークレットを含む機密情報の保護に推奨されているもの。

スーパーコンピューターでもほぼ解読不可能と言われている暗号です(ExpressVPNも同じ暗号規格)。

 

NordVPNでは、さらにこれを別のVPNサーバーを経由させることによって、二重に暗号化する『ダブルVPN』というオプションもあります。

また、iOSとmasOS用のアプリには、デフォルトで『IKEv2/IPsec』というプロトコルが採用されています。これも最強のコンピューターでも破ることができないと言われているほどのセキュリティです。

 

徹底したプライバシー保護

NordVPNでは、『ログなしポリシー』を掲げています。

『ログなしポリシー』とは、あなたが

  • どんなIPアドレスを使って
  • どんなサイトを訪れて
  • 何をダウンロードしたか

などなど、ネット上での行動を収集・共有しませんよ、という約束です。

 

VPNはあなたとインターネットの間に位置する部分。

図解するとこんな感じ↓↓

VPNとは、VPNのしくみ

構造から見て、VPNプロバイダは取得しようと思えば、あなたの色んな情報を取得・記録できることが分かりますよね。

だからこそVPNを選ぶ時は、ログを収集しないことを約束した『ログなしポリシー』がすごく重要なんです。

また、NordVPNは所在地がパナマにあるため、アメリカやEUの法律の管轄外。両地域にある情報開示義務に従う必要もありません。(そもそもログを記録していないので、ないものは出せない)

以上のことから、NordVPNがプライバシー保護を大切にしていることが伝わってきますね。

 

圧倒的なサーバー数

2020年10月現在、NordVPNが保有しているのは、世界59カ国5400サーバー超。

日本にもたくさんのサーバーが設置されています。

 

VPNを使う場合に覚えておきたいのが、距離の近いサーバーに接続した方がスピードが速いということ。

サーバーが各国にたくさんあることを利用して、こんな感じで使い分けると便利です。

【例えば…】

  • 日本の動画を見る時→日本のサーバー
  • 普段セキュリティ目的で使う時→あなたが今いる国の最寄りのサーバー

その他サーバー設置国が多ければ多いだけ、いろんな国の制限を気にせずにインターネットを利用できます。

 

料金が格安

 NordVPNの月額料金

料金について。

1ヶ月の短期プランだと割高ですが、長めに契約すればするほど割引が効いて安くなります。

例えば、1年契約だと月額7ドル程度、2年プランだと月額4ドル以下。たまにプロモーション価格でもっと値段が下がっていることも。

これだけの高性能・高セキュリティのVPNを3〜4ドルで使えるのは、驚異的だと思います^^

 

参考までに、人気の各VPNプロバイダの月額使用料はこちら。

VPNプロバイダ月額料金
NordVPN1年プラン:4.92ドル
ExpressVPN1年プラン:6.67ドル+3ヶ月無料つき
セカイVPN1.100円

 

わたし
VPNの使用目的が動画視聴であれば、契約期間は1年くらいがいいのかなというのが個人的な意見(VPN規制状況は変化するため)。

 

日本国内でセキュリティ目的に使うのであれば(長期契約できるのであれば)、NordVPNの2年プラン月額4ドル弱はすごく魅力的な料金ですよね^^

 

24時間ライブチャット&日本語OK

NordVPNのサポートは、24時間ライブチャットです。

チャット形式で24時間年中無休で対応してくれますし、日本語でも質問オッケーなので安心です。

ちなみに日本語で質問した場合は、Google翻訳を使って返してくれますよ^^

お問い合わせはあまり使うことはありませんが、24時間いつでもすぐに質問&解決できるのは心強いです。

 

 

NordVPNの特徴・悪いところ(デメリット)

速度

カナダから日本サーバーに接続した場合、十分快適に動画視聴できる速さなんですが、巻き戻しした時の待ち時間がちょっと長めかなと感じました。

不便は感じませんが、ローディング時間の速さでいうならExpressVPNの方が速いかなーという感じ。ExpressVPNは世界最速を自負していますしね^^

 

わたし
『遅い』というほどでもないし、デメリットと呼ぶほどではないのかも。

 

 

 実際にスピードを比べてみました。
実際にスピードを比べてみた結果がこちら。

カナダから日本サーバーへ接続してみました。

VPN接続なし。

NordVPNの日本サーバー接続時。

ExpressVPNの日本サーバー接続時。

でも、違いを感じたのは巻き戻しの待ち時間だけで、再生はスムーズで快適でしたよ^^

※数字は、ダウンロード&アップロードは大きい方がよく、PING値は小さい方が快適です。

※接続先サーバーや時間帯によってもスピードは変わってきますので、一例としてご参考くださいね^^

 

 

 

NordVPNは無料お試し期間がある?

NordVPNには30日間の返金保証がついています

申し込みから30日以内に返金手続きをすれば、お金が全額払い戻されるという仕組みです。30日あれば、いろんな時間帯にいろんなサイトで使用感を試せるので安心ですね。

返金請求は24時間ライブチャットの画面でできるのでとても簡単です^^

 


NordVPNの使い道まとめ

海外から日本の動画を視聴

日本の動画配信サービスは、海外からは視聴できないようになっています。

海外在住者は、主に動画視聴目的でVPNを利用している方も多いのでは?

また、逆に日本から海外の動画を視聴する目的でも使うことができます。例えば日本にいながらして、アメリカのネットフリックスを視聴という感じ。

 

2020年6月時点、NordVPNを使って視聴できるサービス一覧はこちら。

ExpressVPNを比較してみましょう^^

動画配信サービスNordVPNExpressVPN
Netflix日本版×
U-NEXT
FODプレミアム
Tver×
AbemaTV
Hulu
Amazonプライム××

※2020年6月時点での情報です。視聴状況には変動があります。

 

わたし
Amazonプライムビデオが見れないのは残念だけど、無料のTverやAbemaTVが見られるのは嬉しいね。

 

 

フリーWi-Fiのセキュリティ対策

最近、日本でも増えてきた公共のフリーWi-Fi。

無防備にフリーWi-Fiに接続することで、第三者に通信内容を盗み見られるリスクがあることをご存知ですか?

別に見られても大丈夫な内容であれば問題ありませんが、もしそこにクレジットカード情報が含まれていたら…? 想像するだけで恐ろしいですよね。

そんな時、VPN経由でインターネットに接続することで、安全性を確保します。

VPN図解

この図だと、VPNは青いトンネル部分。

この部分を強力に暗号化することで、通信内容を保護できるというわけですね。

NordVPNやExpressVPNは高い安全性の暗号規格を採用しています。

あなたがインターネットに接続する前の段階で、通信内容を暗号化して守ってくれるので、安心してインターネットを利用できます。

 

日本国内でセキュリティ目的だけでVPNを使うなら、長期契約で値段が安くなるNordVPNがぴったりだと思う!

 

ひと目でわかるNordVPNのメリット・デメリット

ひと目でわかるNordVPNのメリット・デメリット。

まとめます^^

 

  • サーバー数59カ国5400サーバー
  • ログなしポリシー
  • 軍事レベルのセキュリティ
  • ダブルVPN利用可能
  • iOS/masOS用のアプリはデフォルトで『IKEv2/IPsec』
  • 長期契約で格安に
  • ホームページ、アプリ日本語対応
  • 6台まで同時接続可能
  • 30日返金保証

 

  • 動画再生の巻き戻しが遅め?
    (再生には全く問題なし、個人的な感想です。)
  • Amazonプライムビデオが見れない

 

まとめに

海外の有料VPNプロバイダ NordVPNについてご紹介しました。

アメリカ政府と同じ暗号規格に加え、それをさらに二重に暗号化できる安全性の高さ、2年契約であれば月額4ドルほどという料金の安さ。

機能のどれをとっても、NordVPNはトップクラスのVPNです。

また無料お試し期間ではありませんが、30日の返金保証がついてくるので、安心してお試しすることができますね。

速度に関しては、動画視聴するには全く問題ありませんでしたが、動画を巻き戻した時の待ち時間が少し長めかな…という印象。

完全に個人的な意見ですが、スピードでいうとExpressVPNの方が速い気がします。とはいえ、接続環境や時間帯によっても違ってくると思いますが…。

NordVPN、ぜひ一度お試ししてみて下さいね^^

 


※最新情報については、必ず公式サイトでご確認ください。

 

Sponsored Link