一時帰国用SIMカードのおすすめは?音声通話付きやプリペイド等を徹底比較

こんにちは!

先日、移住先カナダから日本へ一時帰国してきました、MACOです。

一時帰国が決まった時に真っ先に頭に浮かんだのが『滞在中のインターネットや携帯はどうしよう?』ということ。

選択肢として一番よく目にするのは『SIMカード』や『Wi-Fiルーター』あたりではないでしょうか。

一言にSIMカードといっても、プリペイドSIMに通常プランのSIM…。色んな種類があってどれを選べばいいか頭が痛いですよね。

今日は、海外在住者が一時帰国で使えるSIMカードについてご紹介します。

【この記事を読むと…】

  • SIMカードとWi-Fiルーターの違いが分かる
  • プリペイドSIMと通常プランのSIMの違いが分かる
  • 音声通話(電話番号)が必要な人におすすめのSIMが分かる
  • おすすめのプリペイドSIMが分かる

 

【一時帰国】SIMカードとWi-Fiルーター、なにが違う?

日本一時帰国、SIMカード

一時帰国のインターネットの選択肢としてよく目にする『SIMカード』と『Wi-Fiルーター』。どちらにしようか迷っている方も多いのではないでしょうか^^

ちがいを表にまとめました。

SIMカードWiFiルーター
データ量小さいものが多い大容量(無制限)あり
台数1台のみ複数台で同時接続OK
端末SIMフリー端末スマホ・PC、タブレット、ゲーム機など
音声通話可能(商品による)不可

 

以上のことから、SIMカード利用に向いているのはこんな人です。

【SIMカードがおすすめな人】
  • 使うのは自分1人
  • データ量はそんなにたくさんいらない(例:SNSや検索ができればいい)
  • 電話番号がほしい

 

SIMカードよりもWi-Fiルーターレンタルが向いているのはこんな人です。

【Wi-Fiルーターがおすすめな人】
  • 何人かで使いたい(例:家族や友達と一緒に)
  • データをたくさん使う(例:動画をたくさん見る)
  • 外でパソコン作業がしたい
  • 電話番号はいらない

ここまで読んで『自分はWi-Fiルーターの方がいいな』と思ったら、こちらのWi-Fiルーターレンタル関連の記事へどうぞ。

次の項目では、SIMカードの種類についてご紹介します。

 

【一時帰国】プリペイドSIMと格安SIM契約の違い

一言にSIMカードといっても、使い切りのプリペイドSIM、契約が必要なSIMなど、いろんなSIMカードがあります。

大まかな違いを表にまとめました。

プリペイドSIM格安SIMの契約
契約不要必要
利用形態使い切り、チャージも可能商品やプランによる
利用期間短期〜2週間がおすすめ長期で利用可能
音声通話なしあり

 

プリペイドSIMと格安SIMの契約の違いを詳しくご紹介していきます。

プリペイドSIMとは、使えるデータ量や期間があらかじめ決まっているSIMのこと。

コンビニや空港で気軽に購入することができます。もちろん契約も不要ですが、音声通話(電話番号)は使えません。

ただし、プリペイドSIMは2週間以上の長期利用の場合、選択肢が少なく、データ量もあまり大きくないのが難点です。

一方で、

契約が必要なSIM(いわゆる格安SIM)とは、通信事業者(MVNO)が提供するSIMカードサービスのこと。

MVNOは、大手通信キャリアの設備を借りてサービスを提供しているので、料金が割安です。

初期費用はかかりますが、利用期間の縛りがないものを選べば解約金もかかりません。なので1ヶ月から2ヶ月、それ以上の長期帰国に向いていますし、音声通話も利用することができるのが特徴です。

 

どれを選んだらいいか全く分からない場合は、まず音声通話(電話番号)が必要かどうかを考えましょう。

  • 電話番号がいらない→プリペイドSIM(もしくはWi-Fiルーターレンタル)
  • 電話番号がいる→格安SIM契約

という選び方をするといいと思います^^

あとは、利用期間やデータ容量の兼ね合いで最終的に決めていく感じですね。

 

 

一時帰国用SIMカードのおすすめはこれ【期間やお悩みごとに】

一時帰国用におすすめのSIMカードを3つご紹介します。

おすすめはこちら。

  1. ジャパンSIMカード
  2. mineo
  3. プリペイドSIM

①②は契約が必要になる格安SIM。③は使い切りのプリペイドSIMです。利用期間やお悩み別におすすめを解説していきます。

 

 

【ジャパンSIMカード】音声通話あり&電話番号をキープ&1ヶ月以上

ジャパンSIMカードは、海外在住者の日本一時帰国用SIMカードです。日本在住者は契約できません。ソフトバンクの回線を利用しています。

日本の電話番号が使え、そのまま保有できるため、日本に一時帰国するたびに同じ電話番号が使えるのも嬉しいポイントです。

サービス内容を簡単にまとめました。

契約必要
料金
  • 維持費:年間8ドル(初年度無料)
  • データ発生月のみデータ定額59米ドル(6,365円)
  • 契約手数料:無料
SIMカード販売価格39米ドル(4,207円)
音声通話可能
ショートメッセージ可能
受取方法
  • 世界中へ発送(送料無料)
  • 日本の空港で受取(手数料無料)
必要なものSIMフリースマホ

SIMカードを購入すれば、維持費が年間8ドルかかるだけ(初年度無料)。データ通信が発生した月だけ、定額で月額59米ドル(6,365円)がかかります。

ただし、このデータ定額料金『1ヶ月分』とは、日本時間の毎月1日から月末までの1ヶ月を指します。月をまたぐ両方の月でデータ通信を使った場合、2ヶ月分(59ドルx2)かかってしまいますのでご注意を。

【ジャパンSIMカードこんな人におすすめ】

  • 音声通話が必要
  • 一時帰国を頻繁にする(同じ電話番号を使いたい)
  • 滞在期間が1ヶ月〜など長期

 

 

【mineo】音声通話あり&電話番号をキープしない&1ヶ月以上

mineo(マイネオ)は、格安スマホ(格安SIM)サービスです。

契約期間の縛りがなく解約手数料もかかりません。必要なデータ通信量、音声通話(電話番号)の有無、その他のオプションを組み合わせることができるため、自分にあったプランを選ぶことができます。

サービス内容を簡単にまとめました。

契約必要
手数料
  • 契約事務手数料:3000円
  • SIMカード発行料:400円
SIMカード販売価格400円
月額料金
  • デュアルタイプ(音声通話+データ通信):1310~6950円
  • シングルタイプ(データ通信のみ):700~5990円
  • エココース(デュアルタイプ):1460~6500円

※データ量やエリア、速度による

音声通話可能
ショートメッセージプランによる
必要なものSIMフリースマホ

1ヶ月で解約しても解約手数料はかかりません。一時帰国中、インターネット利用+電話番号が必要な人は、マイネオが便利です。

ちなみに、マイネオのコミュニティサイト『マイネ王』に、『海外から一時帰国時の新規申し込み(住民票なし)』に関しての質問と回答がありましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【mineoはこんな人におすすめ】

  • 音声通話が必要
  • 使い終わったら解約したい(電話番号はキープしなくていい)
  • 滞在期間が1ヶ月〜など長期

 

 

【プリペイドSIM】音声通話なし&1週間〜1ヶ月の短期利用

滞在期間が1週間〜1ヶ月ほどの短期間、データ通信はSNSやウェブ検索くらい、電話番号もいらないという人は、プリペイドSIMがおすすめです。

プリペイドSIMは、ネットや空港、家電量販店で購入でき、面倒な契約も不要。使い終わったら捨てるだけというお手軽さがポイントです。

サービス内容を簡単にまとめました。

契約不要
値段(一例)
  • 8日間で2GB:1800円
  • 8日間で無制限:2580円
  • 10日間10GB:3036円
  • 31日で4GB:3278円
音声通話なし
ショートメッセージSIMカードによる
必要なものSIMフリースマホ

プリペイドSIMは、期間が短めのもの、もしくは、データ量が小さめのものが多いことがわかりますよね。『Wi-Fiのない場所で動画をたくさん見る』という使い方はできません。

【プリペイドSIMはこんな人におすすめ】

  • 音声通話がいらない
  • めんどうな契約はしたくない
  • 滞在期間が1週間〜1ヶ月の短期
  • ウェブ検索やSNS閲覧ができればいい

 

ちなみに、こんな場合は、SIMカードよりもWi-Fiルーターレンタルの方がおすすめ。

【Wi-Fiルーターはこんな人におすすめ】

  • 音声通話(電話番号)がいらない
  • 数人(複数デバイス)で使いたい
  • データをたくさん使いたい

私は上記3つの条件にすべて当てはまったので、Wi-Fiルーターレンタルを選びました。

外出先でスマホやパソコンが同時に使えて便利でしたし、データ無制限を選んだので通信制限を気にしなくていいのもよかったです。

また、一緒に出掛けた家族もWi-Fiを使えたので感謝されました(笑)

 

 

 まとめに

海外在住者が日本へ一時帰国する際に使える、おすすめのSIMカードをご紹介しました。

自分にあったSIMカードを選ぶためには、まず『どのくらいデータを使いたいか』『利用期間はどのくらいか』『音声通話(電話番号)が必要か』という3点を明確にしましょう^^

ちなみに、SIMカード利用に向いているのはこんな人です。

  • 利用期間は1週間〜1ヶ月ほど
  • 使うのは自分1人
  • データ量はそんなにたくさんいらない(例:SNSや検索ができればいい)
  • 電話番号がほしい

 

そこからさらにこんな風に分けられます。

なので、まずは、音声通話(電話番号)が必要かどうかをはっきり決めるといいですよ^^

電話番号が必要なく、たくさんデータ通信量が欲しいなら、SIMカードよりもWi-Fiルーターレンタルの方がいいと思います。

【Wi-Fiルーターがおすすめな人】
  • 何人かで使いたい(例:家族や友達と一緒に)
  • データをたくさん使う(例:動画をたくさん見る)
  • 外でパソコン作業がしたい
  • 電話番号はいらない

私は、上記の条件にぴったり当てはまったので、Wi-Fiルーターをレンタルしました。外出先でも数人でデータ制限を気にせず使えてとても便利でした。

自分が何を欲しいかをよく考えて、色々と比較してみて下さいね。

それでは^^

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

Sponsored Link
error: Content is protected !!