日本一時帰国のポケットWiFiレンタルのおすすめを比較!安い&無制限はどれ?

こんにちは!

カナダ東部の田舎町に住むMACOです。

先日、日本に一時帰国した際、外でスマホを使えるようにポケットWi-Fiをレンタルしました^^

一言にWi-Fiレンタルといっても、たくさんの会社があってサービス内容もさまざま。回線とか機種とか聞きなれない言葉も多く、『どれがいいのか分からない…!』と頭を抱えてしまう方も多いのでは?

今日は、海外から日本へ一時帰国した際に使えるおすすめのWi-Fiをご紹介します。

 

わたし
事前に調べまくったおかげで、日本滞在中は快適・格安でインターネットが使えました!おすすめの3社と実際に私がレンタルしたルーターをご紹介します。

 

 

【日本一時帰国】ポケットWiFiとは?

ポケットWi-Fiとは?

日本一時帰国、ポケットWi-Fi、レンタル

ポケットワイファイとは、持ち運びできるWi-Fiルーターのこと。

ルーターは手のひらサイズで持ち歩くことができるため、家の中だけでなく外出先でも気軽にWi-Fiを利用できるようになります。

『ポケットWi-Fi』とは、厳密にはY!mobile(親会社:ソフトバンク)が商標登録しているルーターのことを指します。でも、最近では、持ち運びできるWi-Fiルーター全般をポケットWi-Fiと呼ぶ人が多いようですね^^

また、Wi-Fiルーターのレンタルについて調べていると、『WiMAX(ワイマックス)』という言葉をよく目にします。WiMAXは、UQコミュニケーション(親会社KDDI・au)が提供してるWi-Fiルーターのことです。

見慣れない単語ですが、運営会社・回線の違いだと覚えておきましょう。

 

セカイエ
この記事では、持ち運びできるWi-Fiルーターを『ポケットWi-Fi』と表記しています。

 

レンタルのやり方は?

ポケットWi-Fiをレンタルする手続きは、すべてネット上で完結します。帰国前に手配しておけばすぐに使えるようになるのも嬉しいポイントですね^^

受け取り場所に空港を選べば、日本到着後すぐに使い始めることが可能です。自宅やホテルへ宅配しておくことができますよ。

返却方法は、同封の返却キットに入れて返送するだけ。もしくは空港で返却することもできます。

※支払い方法はクレジットカードのみのところが多いです。

 

 

【日本一時帰国】ポケットWi-FiとSIMは何が違う?

ポケットWi-FiとSIMの違いをみてみましょう。インターネットを使って何をしたいか、どんな使い方をしたいかによって、どちらを選ぶか決めるといいですよ^^

 

ポケットWi-Fiがおすすめなのはこんな人

ポケットWi-Fiは、基本的にインターネット利用のみ。電話番号は付与されません。

Wi-Fiルーターのレンタルは、

  • データ使用量を気にせずネットを使いたい(動画視聴など)
  • 電話番号は不要
  • 数人で使いたい
  • スマホとパソコン両方を使いたい

という人におすすめです。

電話番号は付与されませんが、ネットが使えるのでLINEで通話をすることができます。普段から電話をしない・通話はLINEなのであれば、特に不自由することはないと思います。

データ使用量を気にしなくていい無制限プランがあるのもポケットWi-Fiの特徴です。なので、通信量を気にせず動画をたくさん見たい人はポケットWi-Fiがおすすめ。

また、ポケットWi-Fiは複数人(または複数のデバイス)で使えます。例えば、スマホとパソコン両方で使いたい人、家族で使いたい人におすすめ。家族で使えば、それぞれがSIMを購入するよりも費用を抑えることができます^^

 

わたし
外出先からレストランや美容室に電話をかけられないのは不便だったかな。でもそれも6週間の滞在で2回だけ。それ以外はほぼ問題なしだったよ。

 

 

SIMがおすすめなのはこんな人

SIMとは、スマホに入れるICカードのこと。

SIMを使うには各キャリアのロックがかかっていない『SIMフリー端末』が必要です。

SIMは、

  • 検索やSNSだけ使えればいい(無制限じゃなくていい)
  • 電話番号が必要(※下に補足あり)
  • 使うのは自分1人だけ

という人におすすめです。

SIMは、2週間以上の滞在でたくさんデータを使いたい場合には不向きな印象です。

楽天やAmazonで販売されているSIMを見てみると、

  • 8日間で2GB(約2000円)
  • 15日間で10GB(約3000円)
  • 30日間で無制限(約5000円、でも悪い口コミが多い印象)

などなど、長期的に使うとなると、データ使用量を気にしながら利用しなくてはいけない感じです。

動画視聴等でたくさんデータを使いたい場合は、ポケットWi-Fiの方がおすすめ。逆に、2週間ほどの滞在で検索やSNSが使えればいいのであれば、SIMの方がお得な金額に収まることが多いです。

電話番号については、付与されるSIMと付与されないSIMがあります。

電話番号があるSIM(音声通話が可能なSIM)は少し選択肢が限られますが、電話番号が不要の場合はいろんな会社から格安SIMが販売されていますので簡単に購入することができますよ^^

※一時帰国向けSIMについては、後日記事を作成予定です。その中で詳しくご紹介していきます。

 

 

【日本一時帰国】ポケットWiFiレンタルのメリット・デメリット

日本一時帰国でポケットWi-Fiをレンタルする際のメリットとデメリットをご紹介します。メリット5つ、デメリット3つを体験談を交えてまとめました^^

 

メリット

①複数人でWi-Fiが使える

外出先でWi-Fiが使えるのは言わずもがなですが、複数人で使えるのが大きなメリットのひとつです。

例えば、家族で帰省した場合、みんなで一緒に行動している間は1台のWi-Fiルーターの電波を数人で使うことができます。データ使用料が無制限のプランを選べば、データ使用量も気にする必要はありませんね^^

 

②複数デバイスでWi-Fiが使える

ポケットWi-Fiは、複数のデバイスで利用することができます。

なので、ポケットWi-Fiがあれば、スマホだけでなくパソコンやタブレットもインターネットにつなぐことができます。移動中にサッとパソコン(タブレット)を開いて、大きな画面で動画を見たり調べ物をしたり。

場所を気にしなくていいのも大きなメリットです。

 

わたし
私がポケットWi-Fiを選んだ最大の理由は、外出先でもパソコンを使いたかったから。おかげでどこででもパソコンを使えて本当に便利だったよ!

 

③セキュリティ面が安心

ポケットWi-Fiを利用すれば、公共の無料Wi-Fiに接続する必要がありません。

公共の無料Wi-Fiはお金がかからない反面、通信を盗み見られるリスクがあり、100%安全とは言いがたいのが現状です。

また、インターネットを求めて公共Wi-Fiを探して歩く必要もなくなります^^

 

④無制限プランがある

ポケットWi-Fiは、無制限プランがあります。

データ量を気にせずにインターネットを使えるのは大きなメリット。外出先で動画を見る機会が多い場合は、ポケットWi-Fiを選ぶ最大の理由になるのではないでしょうか。

料金は少し割高になりますが、複数のデバイス・複数人で使うなら、お得だといえます。

ちなみに、1GBあればこんなことができますよ^^

 データ通信量の目安をみる
WEB閲覧 4000ページ
LINEメッセージ 2000通
LINE通話 50万回
LINEビデオ通話 約3時間
MAP閲覧 270回

参考:【Wifiレンタルどっとこむ】

 

 

⑤海外からも申込み可能

ポケットWi-Fiは申込み手続きがすべてネット上で完結します。

そのため、帰国前に手配しておき、到着空港で受け取ったり、自宅やホテルへ宅配しておくことができるのが嬉しいポイントです。

※支払い方法はクレジットカードのみのところが多いです。

 

デメリット

①荷物が増える

ポケットWi-Fiのサイズは、スマホよりも少し小さいくらい。重さは120〜140gくらいです。気になるほどではありませんが、外出時に荷物がひとつ増えます。

外出はいつも手ぶら、小さめのポシェットの人はちょっと工夫が必要かも。

あと、持っていくのを忘れないように気をつける必要もありますね。

 

②充電しないといけない

ポケットWi-Fiは、毎日充電しなくてはいけません。

充電の持ち時間は、利用環境や利用状況によって変わります。数人(複数デバイス)で使ったり、動画を見たりすると充電の減りが早いです。

遠出する予定の日は、モバイルバッテリーを携帯すると安心です。モバイルバッテリーの無料貸し出しキャンペーンを行なっている会社もあるので、ぜひチェックしてみて下さいね^^

 

わたし
私はWi-Fiレンタルどっとこむのキャンペーンで、モバイルバッテリーを無料でレンタルできたよ。

 

③場所によっては電波が不安定

ポケットWi-Fiは、電波が不安定なところがあります。

機種によってサービス提供エリアが違い、エリア内であっても電波が入りにくいところ・速度が遅いところがあるんです。また、人里を離れると電波が不安定になることも(アンテナが少なくなるため)。

『電波が入らない』という理由ではキャンセルできない場合が多いので、事前に各会社のホームページで提供エリアを確認するようにしましょう。

【電波が入りにくい場所の例】

  • 屋内や地下、建物の高層階
  • トンネル
  • ビルのかげ
  • 山間部、海上、沿岸部、離島

 

 

【日本一時帰国】ポケットWiFiレンタルのおすすめを比較!安い&無制限なのは?

おすすめポケットWi-Fi3社を比較

日本一時帰国におすすめのポケットWi-Fiを3社を比較しました。

料金
(無制限)
受取/返却 支払い
Wi-Fiレンタルどっとこむ 5000~7000円(30日31泊)
  • 宅配
  • 空港
  • ポスト(返却)
  • コンビニ受取可
クレジットカードのみ
e-ca 5000~7000円(30日31泊)
  • 宅配
  • 空港受取
  • 新宿営業所での受渡
クレジットカードのみ
グローバルモバイル 6000円(1ヶ月)
  • 宅配
  • 空港
クレジットカードのみ

※期間やプランは上記の他にも選ぶことができます。

 

上記3社をピックアップした理由は、こちら。

Wi-Fiレンタルどっとこむ
  • 手頃で豊富なプラン
  • 受取・返却方法が柔軟
  • 海外で利用できる端末あり
  • 事前連絡なしで延長可能
  • 安心保証が安い
e-ca
  • 手頃で豊富なプラン
  • 事前連絡なしで延長可能
  • 安心保証が安い
  • 新宿営業所で直接受渡が可能
グローバルモバイル
  • プランがシンプル
  • 故障時は代替機対応あり
  • ホームページが英語に対応

 

わたし
2019年12月2日現在、Wi-Fiレンタルどっとこむとe-caでは、モバイルバッテリーの無料レンタルキャンペーンを行なっています。

 

それでは、上記3社をさらに詳しくご紹介していきます。

 

①Wi-Fiレンタルどっとこむ ★おすすめ★

Wi-Fiレンタルどっとこむは、2018年12月の国内用Wi-Fiレンタルのべユーザー数ナンバー1(東京商工リサーチ調べ)。一時帰国時にも便利に使えるおすすめのWi-Fiレンタルです。

サービス内容まとめはこちら。

料金例
(30日31泊)
  • 無制限:6000~7000円
  • 無制限(1日1GB):5075円
  • 10GB:4084円
  • 7GB:3306円
  • 5GB:2528円

などなど

受取方法
  • 宅配(病院、ホテルも可)
  • 空港受取
  • コンビニ受取
返却方法
  • 宅配(コンビニ、宅配業者)
  • 空港返却
  • ポスト返却
対応空港数 全国11空港
(成田、羽田、関西国際、伊丹、中部、福岡、新千歳、那覇、小松、富士山静岡、仙台)
支払い方法 クレジットカードのみ
安心保証サービス あり(1日40円)
延長 自動延長のため手続き不要
申込み 平日15時までの申込みで当日中に発送
キャンセル 利用開始4日前まで無料
注意事項 無制限でも1日10GBまたは月間300GB以上の過度な通信があった場合、速度通信制限がかかることも

【ポイント】

  • 無制限、10GB、7GB、5GBなど豊富なデータプラン
  • 受取・返却方法が柔軟(空港の数が多い、コンビニ受取・返却可能
  • 幅広いニーズに対応(海外対応機種、繋がりやすさ重視機種、短期レンタル可能など)
  • 安心保証サービスが安い(1日あたり40円)

 

約1ヶ月間無制限プランで借りても1日あたり200円ほど。10GBだと1日あたり140円くらいです^^ お菓子1つ分くらいの値段でしょうか。

2019年12月現在、モバイルバッテリーの無料レンタルキャンペーン実施中です(先着1000名とのこと)。

通常モバイルバッテリーは1日あたり200円なので、かなりお得な特典ですよね^^

 

わたし
私が実際に借りたのはWi-Fiレンタルどっとこむです!SoftBank E5383 無制限(30泊31日プラン)に安心保証をつけて、合計6946円(税込)でした。



②e-ca

e-caのポケットWi-Fiレンタルも、無制限から10GB、7GB、5GBなどニーズに合わせて選べるプランが豊富に揃っています。1日だけの短期レンタルも可能です。

サービス内容まとめはこちら。

料金例
(30日31泊)
  • 無制限:6000~7000円
  • 無制限(1日1GB):5100円
  • 10GB:4100円
  • 7GB:3300円
  • 5GB:2530円

などなど

受取方法
  • 宅配(病院、ホテルも可)
  • 空港受取
  • 新宿営業所での受渡
返却方法
  • 宅配(宅配業者、コンビニ)
  • 空港返却
対応空港数 全国11空港
(成田、羽田、関西国際、伊丹、中部、福岡、新千歳、那覇、小松、富士山静岡、仙台)
支払い方法 クレジットカードのみ
安心保証サービス あり(1日40円)
延長 事前連絡なしで延長可能
申込み 平日13時までの申込みで当日中に発送
キャンセル 利用開始4日前まで無料
注意事項 無制限でも1日10GBまたは月間300GB以上の過度な通信があった場合、速度通信制限がかかることも

【ポイント】

  • 無制限、10GB、7GB、5GBなど豊富なデータプラン
  • 事前連絡なしで延長可能
  • 安心保証が安い(1日40円)
  • 新宿営業所で直接受渡が可能

受取方法に『新宿営業所で直接受渡し』があるのが特徴。

Wi-Fiレンタルどっとこむに比べると、受取・返却方法の選択肢が少し少なめかなという印象です(コンビニ受取、ポスト返却がないなど)。

 

わたし
2019年12月現在、e-caでもモバイルバッテリー無料キャンペーン開催中です!

 

 

③グローバルモバイル

グローバルモバイルの日本国内用ルーターは、ソフトバンクの501HWか601HWのどちらか。プランも無制限のみとシンプルさが特徴です。

この2機種は、4G LTE対応なのでスピードが速く、持ちの良い大容量バッテリーを搭載したソフトバンクの人気モデルです。

サービス内容まとめはこちら。

料金例
(1ヶ月)
無制限:6000円
受取方法
  • 宅配
  • 空港
返却方法
  • 郵便局
  • 郵便ポスト
対応空港数 全国4空港
支払い方法 クレジットカードのみ
安心保証サービス あり(1日200円)
延長 電話またはメール
申込み 17時までの申込みで利用日前日発送(土日祝は16時が最終申込)
キャンセル 利用開始日3日前から1台につき1,650円(税込)のキャンセル手数料が発生
注意事項 無制限でも1ヶ月間のデータ使用量が250GBを越えると速度制限(128kbps)あり

【ポイント】

  • プランがシンプル(無制限のみ)
  • 機種はソフトバンクの501HWか601HW(大容量バッテリー搭載)
  • 故障時は代替機を即日発送
  • ホームページが英語に対応
  • 翻訳機ポケトークもレンタル可能

Wi-Fiレンタルどっとこむに比べると、安全保証が1日200円と少し高め(どっとこむは1日40円)。機種によりますが、必ず保証をつけたい人はWi-Fiレンタルどっとこむの方が安いかもしれません。

※Wi-Fiレンタルどっとこむにもソフトバンク501HW無制限プランがあり、30日31泊で6000円(税抜)と同じくらいの料金です。

ただし、利用中に接続できなくなりリセットしても回復しない場合、代替機を即日発送してくれるのは嬉しいポイントです^^

 

わたし
2019年12月31日まで、7日以上の利用で往復送料無料キャンペーン実施中です!往復送料1100円分お得だよ。

 



 

 

【日本一時帰国】WiFiレンタルどっとこむでポケットWi-Fiを借りた話

日本一時帰国、ポケットWi-Fi、レンタル

一時帰国にあたり、日本国内での携帯はどうしようかと思い、一番に頭に浮かんだのがWi-Fiルーターのレンタルでした。

というのは、昔、とある女優さんが『携帯は契約していません。Wi-Fiルーターをレンタルしています。』と話していたのを思い出したから(笑)

当時『電話番号が必要なければ、そういう方法もあるんだな』と感心したのを覚えています。

私の一時帰国は約6週間の予定で、求める条件は、

  • 電話番号はいらない
  • スマホ・パソコン2台で使いたい
  • データは大きい方がいい

というもの。

この3つの条件を満たしているのがポケットWi-Fiでした。

あれこれ調べていくうちに、値段やデータ、返却方法等を比べて候補を3社に絞り、最終的にはモバイルバッテリー無料レンタルキャンペーンをしていたWi-Fiレンタルどっとこむに決めました。

Wi-Fiレンタルどっとこむとe-caが似ていたので迷いましたが、受取・返却方法の柔軟さとキャンペーンでWi-Fiレンタルどっとこむに決めた感じです^^

 

本当は帰国前にカナダから手配するつもりだったんですが、帰国前のバタバタでつい後回しにしてしまい…。結局、日本についてからもダラダラと延ばし延ばしにし、6週間の滞在中、ルーターをレンタルしたのは4週間ほどでした。

なので最初の2週間は、外出先ではWi-Fiのない生活。これが思った以上に不便で(´-`).。oO

出先で調べ物もできないし、友達との待ち合わせは本当に会えるか不安だし。

『家にいればWi-Fiがあるし、ルーターなしでスマホから少し距離を置くのもいいかな』なんて思っていましたが、実際のところ、困ることが多かったです。

レンタル期間は、できれば初日から(もしくは2日目から)ルーターを使えるように手配しておくのがおすすめ

というのは、日本に帰国した初めの頃こそ、街中等でインターネットを使いたい場面が多いからです。ひさしぶりの日本で勝手がよく分からず、調べ物をする機会が増えました。口コミ検索とか絶対増えますよ(笑)

もし予算の都合でレンタル日数を節約したいと思うなら、滞在日程の前半より後半を削る方がいいと思います。

最後に余談ですが、Wi-Fiルーターは複数台接続できるので、一緒に出掛けることが多かった実家の母も喜んでいました(笑)複数人で使えるという点では、家族で帰国し何人かで使いたい場合、Wi-Fiルーターは格安で済むので便利ですね^^

Wi-Fiレンタルどっとこむのルーター、大満足の使い心地でした。

 

 

まとめに

日本一時帰国の際に使う『ポケットWiFiレンタル』のおすすめをご紹介しました。

いろんなサービスを比較する中で、どの会社も無制限プランであれば6000〜7000円くらいが相場だなと感じました。

おすすめの3社はこちら。

検索やSNS程度であれば無制限プランにする必要はないので、安いプランを選んで費用を抑えることができます。

私はWi-Fiレンタルどっとこむを利用しましたが、受取方法・返却方法が柔軟だったり海外で使える機種があったりと、細かくいろんなニーズに対応していてオールマイティな印象を受けました。

実際に見積もりを作ってみると、料金など細かいところまで見えてきます。見積もりはネットで簡単&すぐに作成できますので、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。



※この記事は2019年12月時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認下さい。

Sponsored Link