イースターがうさぎや卵なのはなぜ?意味や理由は?2018年はいつ?

 

日本でも春の風物詩となりつつあるイースター。日本語に直すと『復活祭』。キリストの復活をお祝いするお祭りです。

日本では宗教的な意味はなく、パステルカラーが鮮やかでかわいい春のお祭りというイメージが強いのではないでしょうか?実際にイースターグッズはかわいいものが多いですよね^^

でも、イースターの本来の意味や由来については詳しく知らない方が多いのでは?

今回は、イースター(復活祭)について

  • 2018年はいつから?
  • もともとの意味は?
  • なぜうさぎや卵が出てくるのか、理由は?

等々、イースターにまつわるお話をまとめました。

Sponsored Link

 

イースターとは?意味や由来をチェック

イースターとは、日本語に訳すと『復活祭』。

はりつけにされて死んだイエス・キリストが3日後に復活したことを祝うお祭りです。キリスト教では最も大切なお祭りとされています。

イースター(Easter)の語源は、北方神話の女神『Eoster(エオストレ)』。春や朝日を象徴する女神と言われています。

この女神とキリストの復活を祝うお祭りが合わさって、イースターになったと言われているんですよ〜^^

 

イースター2018年はいつ?

イースターは『春分の日が過ぎて最初の満月が出た後の次の日曜日』と決められています。

つまり、イースターは毎年日付けが違うというわけですね^^ 年によっては1ヶ月近い差が出ることもあるんですよ〜!

 

セカイエ
しかも、教会の宗派によってイースターの日付けが違うよ!
みんな

宗派によって使っている暦(カレンダー)が違うからだね。

キリスト教の西方教会はグレゴリオ暦(日本を含む多くの国はこれ)、東方教会はユリウス暦を使っているんだよ。

 

毎年の春の恒例イベント『ディズニー・イースター』は3月下旬から開催されるので、イースターは4月頃だというイメージがある人も多いのでは?

今年のイースターはいつなのでしょうか?来年以降のイースターの日付と一緒にまとめてチェックしてみましょう^^

イースターの日
西方教会★ 東方教会
2017年 4月16日 4月16日
2018年 4月1日 4月8日
2019年 4月21日 4月28日
2020年 4月12日 4月19日
2021年 4月4日 5月2日
2022年 4月17日 4月24日

※日本を含む世界の多くの国は、西方教会のグレゴリオ暦を使っています。

こうして見てみるとだいたいは1週間ほどの差ですが、数年に一度1ヶ月ほどずれる時があるんですね^^ 興味深いです。

 

Sponsored Link

イースターにうさぎや卵が出てくるのはなぜ?理由は?

※とってもかわいいイースターコーナー

イースターにうさぎが登場するのには、ちゃんと意味があります^^

うさぎはたくさん子供を生むことから『多産の象徴』命の象徴とされています。

そして、卵は『復活の象徴』『命の誕生』を意味しています。聖なるシンボルとして扱われていたこともあるようです。なるほど、復活の象徴であることから、キリストの復活に繋がるんですね〜^^

卵を使った遊びが多いのも、納得できますね。

 

セカイエ
卵を使ったイースターの遊びはこちら。

  • エッグハント:家の庭や公園に隠してある卵を探す
  • エッグロール:卵を転がして競争する
  • エッグレース:スプーンに卵をのせて、運ぶ速さを競争する

 

学校や家でイースターエッグをペイントしたり、自宅の庭でエッグハントをしたり。クリスチャンであれば、教会の行事に参加したり。過ごし方は人それぞれです。

遊びに使う卵は、本物のゆで卵や卵型のイースターチョコレート、ニセモノの卵…。それぞれ地域によって違うようです。

カナダ人女性に聞いてみたところ、ペイントしたゆで卵はしばらく飾っておくため、実際には食べないとのこと(!)。なんだかもったいない感じがしますし、意外ですよね(笑)

 

 

カナダのイースターちょっと小話

※スーパーのイースターコーナー。圧巻です。

日本ではクリスマスの12月25日が終わると、あっという間に年末&お正月ムードが漂い始めますよね。お店によっては、25日からもう門松が出ていたり(笑)

カナダではクリスマスが終わっても、クリスマスムードはしばらく続きます。クリスマスツリーも1月10日頃まで飾りっぱなしの家庭が多いようです。お店でもクリスマスグッズの一掃セールが行われ、来年のクリスマスに向けてカードやオーナメントを買い込む人も見られます。

『クリスマスムードが長くていいなぁ』とほっこりしていたところ。

1月中旬頃から、あっという間にバレンタイン&イースターに様変わり!!バレンタイン用の大箱チョコレート、イースターバニーやイースターエッグのチョコレートが所せましと並びます。

右を向けば真っ赤なハートのバレンタイン、左を向けば春らんまんのイースター。外はまだ極寒ですが、なんだか心踊る感じのお店が多くなってきます(笑)

 

わたし

チョコレート大好きの夫(カナダ人)によると、イースターは『チョコレート食べまくりシーズンの終わり』を感じるんだそう。

10月のハロウィンから始まって、12月のクリスマス、2月はバレンタイン、そして4月のイースター。

こうして見ると、秋頃から春のイースターまでチョコレートを食べるイベントがめじろ押し。イースターが来ると『ちょっと寂しい』と言ってたよ(笑)

 

たしかに、秋〜冬はどこに行ってもチョコレートを食べる機会が多かった気がします。おかげでしっかり増量しましたが…汗。スーパーにはかわいいイースターチョコが溢れているので、ラストスパートで食べまくりたいと思います!

ちなみに上の写真と同じうさぎさんチョコ、日本でも買うことができるようです^^

ホワイトデーのお返しとしても人気があるようです。リンツなら味も間違いなしですし、デザインもかわいいですね〜^^ これはもらうと嬉しいかも♥

 

まとめに

春を感じるお祭りイースター。

キリスト教のお祭りですがハロウィンと同様、だんだん日本にも浸透してきていますよね。

パステルカラーが春らしいイースター。登場するのもうさぎや卵というのが、これまた本当にかわいいです^^ イースターにうさぎや卵が出て来るのはなぜなのか、理由や意味を紹介しました。

イースターグッズを買う時に、少しだけ思い出してみてくださいね^^

2018年はいつかというと、多くの国では4月1日となっています。ちょうどお花見の季節と重なりますし、春の訪れが本当に待ち遠しいですね〜!

>こちらも一緒にどうぞ♥

イースターエッグの作り方|紙粘土やゆで卵で簡単に!卵の染め方や絵柄も

2018.02.24

ディズニーイースター2018のグッズやお土産は?うさみみカチューシャが人気

2018.02.19

ディズニーイースター2018の期間はいつまで?イベント日程や混雑予想

2018.02.11

楽しいイースターになりますように^^

 

Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください