イースターエッグの作り方|紙粘土やゆで卵で簡単に!卵の染め方や絵柄も

 

日本でも定着しつつある春のイベントイースター。

イースターといえば、うさぎとイースターエッグのグッズが本当にかわいいですよね^^ しかもどれもがパステルカラーで、『春がきたな〜!』とウキウキしてしまいます。

小さい子供さんがいる場合は、『おうちでイースターエッグを作ってみたい!』という方も多いのでは?

今回は、紙粘土やゆで卵を使って簡単にできるイースターエッグの作り方をまとめました。染め方やかわいい絵柄のアイディアも参考にしてみてくださいね^^

Sponsored Link

 

イースターエッグとは?

イースターといえば、うさぎとイースターエッグ。どちらもカラフルなデザインが多くて、本当にかわいいですよね。パステルカラーの色づかいにも春を感じてしまいます^^

 

セカイエ
イースターのうさぎとタマゴにはちゃんと意味があるの?
みんな
どちらにもちゃんと意味があるよ!

うさぎは、たくさん子供を生むから『命の象徴』。タマゴは『復活の象徴』とされているよ〜!

 

イースターはキリストの復活を祝うお祭り。日本語では『復活祭』と訳されますね。だから、命や復活を象徴するうさぎや卵がシンボルになっているんですね^^

ちなみに、イースターエッグは子供達がペイントする場合は、本物のゆで卵を使うことが多いようです^^ でも長い間飾っておくので、実際には食べないのだとか。

お庭などに隠したタマゴを探すエッグハントでは、偽物のタマゴやタマゴ型のチョコレートを使うんだそうですよ。

Sponsored Link

 

イースターエッグの作り方|紙粘土を使って簡単に

紙粘土でイースターエッグを作るには、2通りの方法があります。

1つ目は、紙粘土をタマゴを作って、乾いたら絵の具で色をつける方法。2つ目は、紙粘土に絵の具を混ぜてタマゴを作り、乾いたらペンやシールでデコレーションする方法です。

絵の具を使った絵付けは意外と難しいです。子供さんと一緒に作るなら、最初から紙粘土に色をつけるやり方がおすすめですよ^^

<用意するもの>

  • 紙粘土
  • 絵の具
  • ペン
  • シール
  • マスキングテープ

<作り方>

  1. 紙粘土に好きな色の絵の具を混ぜてよくこねる
  2. タマゴ型に成形する
    ※タマゴを吊るして飾りたい場合は、ここでトップに紐をつける(埋め込む)
  3. 紙粘土が乾いたら、ペンやシール、マスキングテープでデコレーションする

 

大人っぽくしたい場合は、ボンドでレースを貼り付けてもいいですね。 また、成形の段階でタマゴのトップに紐をつけておくと、枝にぶら下げたりガーランド風にしたりして飾ることができますよ。

 

イースターエッグの作り方と卵の染め方|ゆで卵を使って簡単に

こちらの動画は英語ですが、動画を見るだけで簡単に作り方を理解できますよ^^

<用意するもの>

  • ゆで卵
  • 食紅:適量
  • お湯:200ml
  • お酢:大さじ1
  • 形のかわいいシール

※お酢は食紅の発色を良くしてくれます。

<作り方>

  1. ゆで卵にシールを貼る
    この時シールに折り曲がりがないように注意!
    シールは張りすぎないように!

  2. スプーンに卵をのせて食紅につける

  3. 好きな色に染まったら卵を取り出して、ペーパータオルで拭く

  4. 卵が乾いたら、シールを剥がす

  5. 1回目にシールを貼ったところ以外にシールをはる

  6. 1回目と別の色の食紅につける

 

数種類の食紅を何度か重ねることで、どんな色が現れるかを楽しめるのもいいですよね^^シールはできるだけ形がはっきりしたものを使うとかわいいと思います。

また、タマゴを染めた後でサインペン等で模様を描いたりしても楽しいですよ〜!

 

カナダでイースターエッグを作ってみた話

さて、今回4月のイースターに先駆けて、1人でイースターエッグを作ってみました(笑)

カナダには『DOLLARAMA(ダララマ)』という100円ショップのようなお店があるのですが、1月下旬頃からたくさんのイースターグッズが並び始めました。

イースターのデコレーションからイースターエッグ手作りキットまで、さすが本場というべきラインナップ。

そんな中から私が選んだのは上の写真のキット。素焼きのタマゴと絵の具、筆がセットになったキットが3ドルでした。

そして、出来上がったのがこちら。

わたし

………。

 

そう、絵の具を使ってデコレーションするのはとても難しいです!!

ちょっと筆がアレだったのもありますが、絵の具でタマゴの絵付けをするのは思った以上に難しかったです。

 

紙粘土やゆで卵を使った作り方で、ペンやシールを使ったやり方をメインにご紹介したのは、『絵の具を使っての絵付けが大変だったから』なんです。

もちろん、絵の具の色や筆でしか出せないデザインもあると思います。でも子供さんと一緒に作る場合は、ペンやシールを使ったやり方のほうが楽しく簡単にできるんじゃないかなと思いました。

※ちなみに、発泡スチロールに油性ペンを使うと、発泡スチロールが溶けてしまいます!発泡スチロールのタマゴに装飾をする場合は、ペンの種類に気をつけてくださいね^^

 

まとめに

日本でも徐々に定着しつつあるイースター。

今年はダイソーでもイースターグッズが販売されて話題になっています^^ イースターグッズはパステルカラーでかわいいものが多いですし、いかにも春色でワクワクしちゃいますよね。

イースターエッグは紙粘土やゆで卵を使って、簡単に手作りすることができます。

絵柄もペンやシールを使えば楽しくできますし、食紅を使った染め方も本当に簡単ですので、ぜひやってみてくださいね!

>こちらも一緒にどうぞ♥

イースターがうさぎや卵なのはなぜ?意味や理由は?2018年はいつ?

2018.02.20

ディズニーイースター2018のグッズやお土産は?うさみみカチューシャが人気

2018.02.19

ディズニーイースター2018の期間はいつまで?イベント日程や混雑予想

2018.02.11

楽しいイースターになりますように^^

 

Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA