カナダで変圧器は必要?iphone充電やドライヤーなど家電利用について解説

カナダ、変圧器、iphone、ドライヤー

こんにちは!

カナダ東部の田舎町に住むMACOです。

日本と電圧が違うカナダでは、日本の電化製品は『そのまま使えるもの』と『変圧器がないと使えないもの』があります。

でも、iPhone充電やドライヤーなど、最低限使いたい家電がありますよね。でも、日本の製品をむやみに海外で使用すると、故障してしまうことも。

今日は、カナダの電源事情についてご紹介します。変圧器や変換プラグなしで使える家電・使えない家電、利用時の注意点についてまとめました。

 

 

カナダで変圧器は必要?

結論からいうと、カナダでは変圧器は必要ありません(例外あり)。

カナダの電圧は110〜120V(ボルト)、日本の電圧:100V。カナダの電圧の方が高いです。

けれども、最近販売されているスマホやパソコン、カメラ等のアダプターは100〜240ボルトに対応しているものが多く、海外でもそのまま使えるようになっています。

参考までに、こちらNikonのカメラアダプター。

対応範囲が100〜240ボルトなので、変圧器なしで使うことができます。

私自身、カナダ移住に際して、日本で購入したスマホ・パソコン・カメラを持ってきましたが、変圧器は使っていません。

そのまま充電ができていますし、問題も起きていませんよ^^

ただ、すべての家電がグローバル仕様というわけではなく、例えば、ドライヤーや炊飯器等の電力消費量が大きい家電を使うには、変圧器が必要になります。

そういう容量が大きい変圧器は、値段が高いですし、重くて荷物になるのも事実。『ちょっと旅行用に購入』というには現実的ではない感じです(>_<)

ドライヤーは、旅行であれば現地のホテルのものを、移住であれば現地で購入がベストだと思います。

 

Sponsored Link

 

カナダで変圧器は必要?電圧やプラグの形状について簡単に解説

カナダの電圧は?

電圧とは『電流を流すための力』のこと。

カナダの電圧は110〜120ボルト、日本の電圧は100ボルトでしたよね。これは、カナダの方が家電を動かす時のパワーが強いということです。

なので、対応電圧が110ボルト以下の家電をそのまま使用すると、負担がかかり壊れてしまいます。最悪の場合、火災につながる危険性も。

世界の多くの国は電圧110〜240ボルトなので、100ボルト用の日本の電化製品をそのまま使うのは危険ということですね(グローバル仕様のものを除く)。

 

カナダのプラグの形状は?

海外で家電を使う場合に、もうひとつ気になるのがコンセント(プラグ)の形状です。

カナダのプラグの形状は『タイプA』と呼ばれるもので、日本と同じです。なので、コンセント部分の形状を変える『変換プラグ』は必要ありませんので、ご安心を^^

カナダのプラグの形状は3つ穴があって、一見すると日本のコンセントとは違うように見えますが、下の丸い穴はアースです。上の穴2つにそのまま日本のコンセントを刺して充電することができますよ。

ちなみに、ダイソーや電気屋さんで売っている数百円のコンセント型の『変換プラグ』は、変圧器ではありません。電圧を変える変圧機能はついていませんので気をつけて下さいね。

 

カナダの周波数は?

電化製品には、電気が1分間に交流する回数(周波数)があります。

アメリカ・カナダの周波数は60Hz。日本の周波数は西日本が60Hz(ヘルツ)、東日本が50Hzです。

日本国内で販売されている電化製品は、両方の周波数をカバーしていることが多く、周波数が60Hzのカナダでもそのまま使えるようになっています。

 

カナダで変圧器は必要?iphone充電やドライヤーなどの家電はアダプターをチェック

iphoneやパソコンの充電

カナダ、変圧器、iphone、ドライヤー

写真は、MacBookのアダプターです。

対応電圧が『Input:100〜240V』と書かれていますよね。これは、電圧100〜240ボルトの範囲で使うことができるという意味です。

この場合、変圧器を使わなくても、カナダでそのまま充電ができます。プラグの形状も日本と同じなの、変換プラグも使う必要はありません。

 

ドライヤーやヘアアイロン(コテ)の使用

ドライヤーやヘアアイロン(コテ)は、海外に持っていくのはおすすめできません。

ドライヤーは消費電力が大きいため、海外で使用すると、他の電化製品以上に故障する危険性が高くなります。普通に使えたとしても、寿命が短くなることがあります。

 

わたし
若い頃にフィリピンで日本のドライヤーをそのまま使ったら、パチパチッと火を吹いたよ!

 

参考までに、電化製品の消費電力の目安はこちら。

10W 携帯電話、スマホ
20W シェーバー、デジカメ
50W ノートパソコン
1000W ドライヤー
1300W 炊飯器

ドライヤーが電気を食うことがよく分かりますよね。

それでは、変圧器を使えば、カナダでも日本のドライヤーを使えるようになるのでしょうか?

答えはイエスです。

ただ、ここで注意したいのは、ドライヤーの様な『モーター内蔵具』、炊飯器の様な『電熱器具』は、消費電力3倍の容量を持つ変圧器を使うことが推奨されているということ。

このような容量の大きい変圧器は、重くて高価なものが多いです。留学や移住の場合は、変圧器を買ってドライヤーを使うよりも、そのお金を使って現地でドライヤーを購入する方がおすすめですよー。

また、よく海外旅行に行く場合は、100-120V⇔200-240Vの切替が可能な海外対応のドライヤーを購入するのもアリですね^^

 

 

 

まとめ

カナダで日本の電化製品を使う場合、パソコン・スマホ・カメラ程度であれば変圧器は必要ありません。

また、カナダのコンセント(プラグ)の形状は、日本と同じ『タイプA』なので、変換プラグもいらないです^^

注意したいのは、ヘアドライヤーや炊飯器等の消費電力が大きな家電。変圧器を使うにしても、容量が大きな変圧器が必要になります。

容量が大きな変圧器は値段も高くて重いので、留学や移住であれば、現地で新しい家電を購入することをおすすめします^^

短期間の旅行であれば、ドライヤーは日本から持って来ずに、ホテルのを使用する方が現実的ですね。

我が家がカナダ移住に際して持ってきた家電は、MacBook、iphone、カメラのみ。どのアダプターもグローバル仕様で100〜240ボルトに対応しているので、変圧器なしでちゃんと充電できています。

海外移住を体験してみて、必要な家電が意外に少ないことに気付きました。最近は、パソコンさえあれば日本のテレビを機器なしで見ることもできますしね^^

事前に使いたい家電のアダプターをよく確認して、本当にカナダで使いたいのかを検討してみて下さいね。

 

Sponsored Link
Sponsored Link
カナダ、変圧器、iphone、ドライヤー