フィドルヘッド(こごみ)採りが楽しい!カナダの春は自然の恵みがいっぱい

カナダの長い長い冬が終わり、春がやってきました!春の到来に対して、こんなに幸せを感じたのは初めてです。

あ〜長かった、寒かった!

日に日に外の景色が鮮やかな緑に染まっていくカナダの春。植物が息を吹き返すのを目の当たりにすると、気持ちがとても明るくなります(*´v`*)

さて『フィドルヘッド(fiddlehead)』という山菜をご存知ですか? 日本語では『こごみ』と呼ばれる山菜です。

5月頃のカナダでは、自然に生えているフィドルヘッドを採りに行くことができるんですよ。先日、夫の家族と一緒に行ったフィドルヘッドピッキングが楽しかったのでご紹介しますね。

 

Sponsored Link

 

フィドルヘッド(fiddlehead)とは?

フィドルヘッド(fiddlehead)とは、日本語では『コゴミ』と呼ばれます。クサソテツという多年生シダの一種で、春に生えてきたばかりの若い芽を山菜として食べることができます。

コゴミは日本でも4〜6月に採取することができますし、フキノトウやタラの芽と並んで人気のある春の山菜です。

日本だけでなく、カナダを含む北米の北東部、ヨーロッパでも採取することができます。

 

セカイエ
英語でフィドルヘッドってどんな意味?
みんな
英語でフィドルヘッドとは、

  • フィドル(fiddle):ヴァイオリン
  • ヘッド(head):頭

という意味だよ。たしかに、穂先のくるくるがヴァイオリンの上の部分に似ているね!

 

食べ方は、軽く炒めたりおひたしにしたり。天ぷらにしてもとてもおいしい。夫の家では、軽く茹でたフィドルヘッドに酢をかけてシンプルに食べるのが定番です。

春先にたくさん採取しておいて、冷凍保存することも可能。

芽を出して伸びきる前の穂先を食べるので、春先の短い間だけ楽しめる期間限定の山菜です^^

 

Sponsored Link

 

フィドルヘッド(こごみ)以外にもカナダの春は自然の恵みがいっぱい

冬のカナダは一面雪に覆われ、マイナス数十度の世界。これが4〜5ヵ月続くんです。よく考えると恐ろしい環境ですね(笑)

私が住むカナダ東部の春の訪れは、4月後半頃。

暖かい日と冷え込む日を繰り返しながら、少しずつ春がやってくるのは日本と同じだなぁと感じました。

まあ、春が来たと喜んでいると、いきなり雪が降ることもあって。そういう日は絶望を隠せません(笑)

そうして、やっと訪れた春には一斉にいのちが芽吹き始めます!

例えば、5月中旬頃にはフィドルヘッドがシーズンを迎えますし、5月後半にはブラックベリーやラズベリー、ブルーベリーを採取することができるようになります。

ハイキングに行くと、道沿いに野生のブルーベリーが生えていたり。あぁ、外が暖かいと幸せ…。

カナダの冬は長く厳しいものですが、その分、春の喜びはひとしお。春夏のカナダに来る場合は、ちょっと茂みの方にも目を向けて、自然の恵みを味わってみてくださいね。

 

 

フィドルヘッド(こごみ)の生えている場所や採り方は?

こごみ、フィドルヘッド 、fiddlehead、カナダ

さて、カナダでは5月頃になると、フィドルヘッドピッキングのシーズンがやってきます。

地元のファーマーズマーケットでもフィドルヘッドが出回り始めますし、森に入って自分で採取することもできるんです。

フィドルヘッドは水辺に自生しています。

カナダでは雪解け水で洪水が起こることがあるのですが、洪水があった地域でフィドルヘッドを採取するのは、衛生上やめておきましょう。

さて、春のある日、夫と2人で『カヤック&フィドルヘッド採り1dayトリップ』を計画していました。ところが、風が強くて曇っていたため行こうかどうか迷っていると。

義父:うちの敷地内の川の近くに生えてるよ、フィドルヘッド。

私:えっ敷地内に?∑(゚Д゚)

ということで、家族みんなでフィドルヘッド採りに行くことに(笑)

茂みに入ると、川沿いにたくさんのフィドルヘッドを発見。

1株から5〜6本のフィドルヘッドがまとまって生えてきているので、数本を残して採取します。

長く伸びているのは美味しくないので、穂先が丸まっている若いものを摘み取るのがベストです。上の写真だと、左側の丸まっているものは食べ頃、右側の伸びているものは食べ頃を逃したフィドルヘッドです。

あっという間にたくさん採取することができました^^

摘み終わったら、目の荒いカゴに入れて流水で茶色いクズを落とすように洗います。

カツオ節のような茶色いクズがなくなれば、あとは1〜2分サッと茹でるだけ。

山菜は下処理が大変なイメージがありますが、フィドルヘッドは簡単な処理で食べることができます。

採るのも楽しいですし食べるまでのハードルも低いので、機会があればぜひフィドルヘッドピッキングに出掛けてみて下さいね。

 

 

まとめに

カナダの春は、新しい命に溢れています。大げさなようですが、真っ白な雪景色が色鮮やかな新緑に変化するのを見ると『あー生き生きしているなー』と心から思えるんですよね。

みんな、冬を生き延びれて良かったね…!なんて、しみじみと思います(笑)

今回、初めてフィドルヘッドピッキング(こごみ採り)に出掛けましたが、食べ物を収穫するのって本当に楽しかったです。

また、山菜は採ってからの処理が大変なイメージがありますが、フィドルヘッドは下処理も簡単です。新鮮なものを少量なら生で食べてもOKなようですよ〜!

もうすぐベリーの季節もやって来ます!春の間は自然の恵みを堪能する日々が続きそうです。

 

CHECK関連記事はこちら

>>こごみの下処理の簡単なやり方!あく抜きは必要?保存方法は冷凍でOK

こごみの下処理の簡単なやり方!あく抜きは必要?保存方法は冷凍でOK

2019年6月10日

>>こごみの食べ方10選!簡単でおいしいのは胡麻和えや炒め物!レシピも

こごみの食べ方10選!簡単でおいしいのは胡麻和えや炒め物!レシピも

2019年6月8日

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

Sponsored Link
Sponsored Link