こごみの食べ方10選!簡単でおいしいのは胡麻和えや炒め物!レシピも

こんにちは!

カナダ東部の田舎町に住むMACOです。

ここカナダ東部では、春先になるとスーパーに山菜『こごみ(fiddlehead/フィドルヘッド)』が並び始めます。

山菜というと食べ方が難しいイメージがありますが、こごみは下処理が簡単。味もそんなに主張しないので、和食でも洋食でもおいしく食べることができるんですよ^^

今日は、春の山菜こごみの食べ方を10レシピまとめました。手軽でおいしかったのは胡麻和えやペペロンチーノ風の炒め物です。

 

 

こごみ(fiddlehead)とは?下処理が簡単でおいしい山菜です

こごみ、食べ方、おすすめ

こごみは春の山菜で、正式名称は『クサソテツ』。

英語では『fiddlehead (フィドルヘッド )』と呼ばれ、私が住むカナダ東部では5月後半〜6月初旬頃に店頭に並ぶ旬の山菜です^^

こごみは他の山菜と比べてアクが少なく柔らかいので、下処理がとても簡単なんですよ。

下処理のやり方はこちら。

CHECK

  1. こごみをたっぷりの水で洗う
  2. 塩をひとつまみ入れた熱湯で1〜2分茹でる
  3. サッと冷水につけて冷ます

これだけです。とても簡単ですよね。

こごみを水で洗う時は、大きめのボウルに水を流しながら、茶色いカスを取り除くように洗いましょう。この茶色いカスは少しくらい残っていても大丈夫です^^

また、刈り取ったところが茶色くなっていたら、包丁で切り取りましょう。

こごみを買ってきたら一気に下処理を済ませ、『すぐに食べる分』と『冷凍する分』に分けておくととても便利です。

 

Sponsored Link

 

こごみの食べ方10選!簡単でおいしいのは胡麻和えや炒め物!レシピも

①サッと茹でて食べる

レシピと呼ぶほどではありませんが、一番簡単な食べ方は、サッと茹でて食べる方法。

洗ってゴミを取ったこごみを沸騰したお湯で1〜2分サッと茹でるだけです(つまり下処理だけ)。

【味付けは…】

  • わさび醤油
  • 鰹節+めんつゆ
  • ポン酢
  • お酢

カナダの夫の実家では、お酢をかけて食べるのが定番です。

こごみは茹ですぎないように気をつけて下さいね。(夫の実家ではヤワヤワな状態で出てくるので…少し硬めがおいしいと思います)。

 

②ごま和え

最近試してみて、簡単でとてもおいしかったのが、ごま和え。

下処理をしたこごみを『お醤油と砂糖=1:1』で和えるだけ。これに好きなだけすりゴマを加えて和えます。

ごまを粉末のピーナツやくるみに変えてもOK。

 

③わさびマヨネーズ和え

下処理したこごみをわさびとマヨネーズで和えるだけ。

わさびの他にも、いろんなバリエーションで楽しむことができます。

【例えば…】

  • マヨネーズ+塩コショウ
  • マヨネーズ+粒マスタード
  • マヨネーズ+醤油+七味
  • マヨネーズ+味噌

昔食べたワラビのマヨネーズ和えが苦くて、山菜のマヨ和えは抵抗があったのですが、こごみは全然クセがなくておいしくてびっくりしました。

 

④ナムル

こごみは韓国風のナムルにしてもおいしいです^^ 作り方はすごく簡単。

もやしと千切り人参をサッと茹でてこごみと混ぜ、ごま油と塩で和えるだけ。ごまを入れてもおいしいですし、あれば海苔を一緒に和えても◎

赤・白・緑の彩りが綺麗な一皿です。

 

⑤ベーコンとペペロンチーノ風炒め

こごみ、食べ方、ペペロンチーノ、ベーコン、炒め

こごみ料理、我が家の定番はコレ。

フライパンにオリーブオイルとニンニク、鷹の爪を熱して、ベーコンとこごみを炒めるだけ。味付けは塩コショウでOKです。

ベーコンをキッチンバサミで切ってぽいぽいフライパンに入れれば、まな板も必要なし。

ちなみに、こごみは炒めるとビヨーンと伸びてしまうので見た目は良くないんですが、味は抜群です(笑)

 

⑥豚肉炒め

インターネットで見つけたこちらのレシピ。豚肉とこごみを炒めて、ゆず胡椒とお醤油で味付けするだけと簡単なのにすごくおいしいです。

我が家の定番です^^ ごはんに乗せて丼にすることもあります。ガッツリ系こごみを食べたい時におすすめ。

私はこちらのレシピを参考にしています↓↓

CHECK >>kurashiru(こごみと豚バラのゆず胡椒炒め)

 

⑦炊き込みごはん

こごみ、食べ方、炊き込みご飯

こごみは炊き込みごはんにしてもおいしいです(もう万能!)。上の写真はこごみと人参、シーチキンで作った炊き込みご飯です。

これも美味しかったのですが、この後、海外でも簡単に作れてすごくおいしい炊き込みご飯を習得しました…!

それは、コストコのロティサリーチキンの胴体の骨を使った炊き込みご飯。鳥のダシがよく効いていて、おかわりが止まりません(笑)

【材料】

  • 米:2合
  • ロティサリーチキンの胴体の骨の部分:一羽分
  • にんじん:1本(みじん切り)
  • 白ゴマ:好きなだけ
  • こごみ:好きなだけ
  • 醤油:みりん:酒=大さじ1ずつ

材料を炊飯器に入れて炊くだけ。水の量は調味料込みで2合分です。

ロティサリーチキンは、買ってきてすぐに(食べる前に)胴体の骨とお肉に切り分けておきます。私はどちらかというと、骨目当てで買っているような(笑)

もちろんこごみなしで作ってもおいしいです。

 

⑧パスタ

こごみ、食べ方、パスタ

こごみは色んなパスタソースと相性がいいです。上の写真は、ジェノベーゼソース。レモンを絞って食べました^^

ペペロンチーノだと、炒める時にこごみが伸びてしまうかもしれませんが、味はバッチリ。クリーム系のパスタソースでも◎

パスタの時は、こごみは固ゆでがシャキシャキしておいしいのでおすすめ。ソースに加えるなら、最後にサッと入れる感じですね^^

 

⑨お味噌汁

こごみ、食べ方、味噌汁

お味噌汁にこごみを入れる時は、下茹でしなくてOK。キレイに洗ってそのまま使って大丈夫です。

個人的には、お味噌汁のこごみは柔らかく煮た方が好き。具はお豆腐と卵が定番です。こごみの緑と卵の黄色が春を感じさせてくれるんですよね^^

 

⑩天ぷら(かき揚げ)

最後に、こごみの天ぷら。

かき揚げにするとおいしいと聞いて、玉ねぎとにんじんと一緒に揚げてみました^^ サクサクで最高です。

私はこちらのレシピを参考にしています↓↓

CHECK >>DELISH KITCHEN(にんじんとみつばのかき揚げ)

 

 

まとめに

春の山菜『こごみ(fiddlehead)』のおいしい食べ方(レシピ)をご紹介しました。

こごみはアクが少なく下処理も簡単。その上、あまり主張しすぎない味なので、和風にも洋風にもアレンジができるとても便利な山菜です^^

個人的におすすめなのは、こごみのペペロンチーノ風炒め。キッチンバサミを使ってベーコンを切れば、まな板すら要りません(笑)

和風だと、定番の天ぷらはもちろん、胡麻和えやお味噌汁にしてもおいしいのでぜひ試してみて下さいね^^

CHECK関連記事はこちら

>>こごみの下処理の簡単なやり方!あく抜きは必要?保存方法は冷凍でOK

こごみの下処理の簡単なやり方!あく抜きは必要?保存方法は冷凍でOK

2019年6月10日

>>フィドルヘッド(こごみ)採りが楽しい!春のカナダは自然の恵みがいっぱい

フィドルヘッド(こごみ)採りが楽しい!カナダの春は自然の恵みがいっぱい

2018年5月15日

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

Sponsored Link
Sponsored Link