e-Transferとは?カナダでの使い方とお金の受取り方法!送金に便利だよ

こんにちは!

カナダ東部の田舎町に住むMACOです。

カナダには『e-Transfer(イートランスファー)』という便利な送金方法があります。

銀行に行かなくてもOK、手数料は爆安、なんなら指先さえ動かせばOK。こんな超ラクチンなお金の送金方法があるんです。

 

わたし
金融機関出身の私は、もう目からウロコ!

 

今日は、カナダの送金方法『e-transfer』の

  • イートランスファーとは?
  • 使い方(やり方)
  • お金の受け取り方法

について、ご紹介します。

 

 

e-Transferとは?

e-Transfer(イートランスファー)とは、カナダの送金方法のひとつ。カナダでは、個人間の送金方法なら、銀行振込よりも『e-Transfar』の方が主流です。

手数料は契約しているプランによりますが、1〜2ドルと安めです。

<注意>

カナダの銀行は口座を保有しているだけで毎月手数料がかかります。月額やサービス内容はプランによって違います。

日本では送金というと、銀行振込や現金書留が主流ですよね。いずれも送金する側に、受取人の個人情報を色々と教えなくてはいけません。

銀行振込なら、銀行名、支店名、科目に受取人名ですね。郵便局から現金書留で送るなら、住所や電話番号も必要です。

 

セカイエ
なんと e-Transfer に必要なのは、名前とメールアドレスだけ!
みんな
あと、お互いがカナダの銀行に口座を持っていることが条件になるよ。

 

先日、実際に e-Transfer を利用する機会があったんですが、これが本当に簡単で便利!

私は日本の金融機関で10年ほど働いていたので、もう目からウロコというか。日本の送金事情ってすごく厳しくて、すべての項目がぴったり一致しないと取り扱いができません。例えば、受取人名のフリガナが1文字でも間違っていると入金できないんです。

国が違えば、こんなに簡単なんて(´-`).。oO

また、友達同士でも、e-Transferはよく利用されています。例えばこんな感じ。

 

セカイエ
〇〇買っといたよ!お金建て替えといたからね。
みんな
ありがとう!お金返すからメールアドレス教えて!
セカイエ
(なんでメルアド?よく分からないな…。)あ、現金で返してくれる?
みんな
えっ!現金ないから、銀行ATMに行ってこなきゃ!(汗)

 

現金で返してとか言うと、逆に相手に迷惑をかけたりするんです(体験談)。その点、e-Transferを使えば、現金不要で、むやみに人に銀行口座等の個人情報を教えなくていいし。安心ですよねー。

現金をほとんど使うことがないカナダ。 e-Transferは、本当に便利なシステムです。

 

Sponsored Link

 

e-Transferとは?カナダでの使い方とお金の受取り方法

e-Transferの使い方

それでは、さっそく e-Transferの使い方をチェックしていきましょう。

送金する場合のポイントは3点。

  1. お互いがカナダの銀行口座を持っている
  2. 受取り側のメールアドレスを聞く
  3. 秘密の質問

それでは、実際の画像を使ってご紹介していきますね。

※BMO(Bank of Montreal)の画面です。


❶オンラインバンキングにログインする。

 


❷『Interec e-Transfers』をクリック。

 


❸あなたのメールアドレスを入力して『agree to resister』をクリック。

 


❹受取人の情報を入力。

  • Recipient Name:受取人名
  • Recipient Email Address:受取人のメールアドレス
  • Recipient Language:受取人の言語

 


 

❺金額や出金先を入力。

  • Amount:金額
  • Account to Debit:出金する口座を選択(CheckingやSaving)
  • Add a Message:空欄でOK

 


❻秘密の質問を入力して、『Verify e-Transfer』をクリック。

  • Create a Security Question:秘密の質問
  • Create a Security Response:秘密の質問への答え
  • Re-enter Security Response:確認のため答えを再入力
秘密の質問への答えは、3〜25文字以内で。スペースや記号は使用不可。

 


❼質問内容を確認して、まちがいがなければ『Send a e-Transfer』をクリック。入力内容を変更したい場合は、『Back』ボタンで戻る。

 


❽送金完了画面が出るので、確認する。

ちなみに注意書きには、

  • 送金完了したよ。
  • 受取人がお金を受け取ったらメールするよ。
  • 送金番号はこれだよ(すみ消し部分)。
  • 90日以内に受け取りがされなかったら、自動的にあなたの口座にお金が戻るよ。

という内容が書かれています。

 


ちなみに、相手がお金を受け取るとこんなお知らせが届きます。

送金してから、遅くとも1時間内には着金するようですよー。本当に便利。

カナダに来てから、銀行はおろかATMにすら足を運ぶ機会がほとんどありません。

銀行業務はAIに取って代わられるという話も、遠すぎる未来ではないのかなと実感しています。詐欺を防いだり老人のケアだったりと、人のチカラが必要なことも多いし、もちろん100% AI 化とはいかないでしょうけれども。

 

e-Transferでお金の受け取り方法

今度はお金を受け取ってみましょう。

相手がお金を送金した時点で、あなたのメールアドレスにお知らせが届きます。

送金側から『秘密の質問と答え』を教えてもらい、自分の銀行口座にアクセス。入金手続きをすればOKです!

前述した通り、お金を受け取ると送金人にメールでお知らせがいきます(*´꒳`*)

※近々、イートランスファー経由でお金を受け取る予定があるので、画像はその時にレポートしますね!

 

 

まとめに

カナダ生活で便利な送金方法『e-Transfer(イートランスファー)』のやり方についてご紹介しました。

使い方もお金の受取り方もとっても簡単。銀行に行く必要もなく、相手の名前とメールアドレスだけで振込が完結する『e-Transfer』は本当に便利です。

私が初めて『e-Transfer』の存在を知ったのは、友達から頼まれものを日本から取り寄せた時です。

 

わたし
『建て替えてくれたお金を返すから、メールアドレス教えて!』と言われて、クエスチョンマークが10個くらい浮かんだよ。
昔、カナダに住んでた頃(12年前)は、あんまり聞かなかった送金方法だよ。時代の流れを感じるな!

 

12年カナダに住んでいなかった夫(カナダ人)、カナダ在住歴1年目の私。まだまだカルチャーショックは続きそうです(笑)

今や、カナダでは圧倒的に利用者が多い『e-Transfer』。本当に便利なので、銀行振込よりもメジャーな理由も納得です。

カナダで銀行口座を開設したら、ぜひ利用してみてくださいね!

 

Sponsored Link
Sponsored Link