エッグノッグの作り方!ノンアルコールからカクテルまでアレンジ6選

北米の冬の風物詩『エッグノッグ』。

クリスマスシーズンには、スーパーにも色んなメーカーのエッグノッグがずらりと並びます。

エッグノッグは、牛乳をベースに、砂糖や卵、シナモン、洋酒などから作られる飲み物で、北米ではクリスマスの定番ドリンク。『洋風たまご酒』といったところでしょうか^^

 

セカイエ
ハリーポッターにもエッグノッグが登場するよ!

 

日本ではあまり馴染みがないドリンクなので、飲んだことがない方も多いのでは?

今回は、エッグノックの作り方を紹介したいと思います。基本の作り方とノンアルコールからカクテルまで簡単なアレンジをまとめました。

 

 

エッグノッグとは?

エッグノッグ

※写真は2Lの大容量です(笑)通常スーパーで売ってるのは1Lが多いですよー。

エッグノックとは、一言で表すと『洋風たまご酒』です。

牛乳・砂糖・溶き卵で作られたドリンクで、シナモンやナツメグ等のスパイスで香りをつけます。北米では、卵黄のみを使うレシピが多いようです。

アメリカ・カナダのクリスマスシーズンの定番ドリンクで、大人用にはラム酒やブランデーなどのアルコールを加えたエッグノックが人気があります。

エッグノッグと相性がいい洋酒はこちら。

<例えば…>

  • ラム酒(Rum)
  • ブランデー(Brandy)
  • ウィスキー(Whisky)

エッグノッグの材料は、ミルクセーキと同じ。違いは、お酒を入れたものがエッグノッグ、ノンアルコールのものがミルクセーキという意見が多いようです。

エッグノックの起源は中世ヨーロッパ。生クリームと砂糖で作る『ポセット』という飲み物が始まりとされています。

エッグノックは北米ではポピュラーなドリンクで、特にクリスマスには欠かせない存在となっています。

クリスマスや冬の休日にはアルコールなしのエッグノックも多く販売され、ちびっこたちにも大人気!身体も温まるので寒い季節にはぴったりのドリンクです。

ただ、北米のスーパー等で市販されているものは、なかなかのあまさ…(笑)

自分で作れば砂糖の量を調節することができますので、手作りがおすすめです。簡単に作れて、カスタードクリームのような味でおいしいです。

ぜひ一度手作りしてみてくださいね^^

また、市販品を買っても飲みきれるか不安な方のために、アレンジ方法もご紹介していきます!

 

Sponsored Link

 

エッグノッグの作り方!基本のレシピはこれ

基本のレシピ

基本のエッグノックのレシピを紹介します。

【材料】

  • たまご:1個
  • 牛乳:200CC
  • 砂糖:大さじ1

<お好みで>

  • お好きな洋酒:小さじ半分程度
  • シナモン、ナツメグ:適量
【作り方】

  1. ボウルに卵と砂糖を入れしっかり混ぜる
  2. 鍋に①を入れて中火にかける入れて混ぜる
  3. ②に牛乳を入れて中火にかける
  4. トロっとしてきたらすぐに火からおろす
  5. お好みでシナモンやナツメグを入れてできあがり

最初に卵と砂糖をしっかり混ぜ合わせましょう。

また、トロっとしたらすぐに火からおろすのがポイントです!あまり長く火にかけると卵が固まってしまうので注意しましょう。

洋酒はブランデーやウイスキー、ラム酒などをお好みで^^ お酒を入れるタイミングは、一番さいご。できあがりをカップに移してから、お酒を入れて下さいね。

また、お酒を入れない場合は、バニラエッセンスを入れると香りがよくておすすめです。

 

わたし
カナダのエッグノッグのレシピは、卵黄だけを使うものが多いよ!あと、砂糖の量がだいぶ多めだよ(笑)
ナツメグは絶対に入れた方がいいよ。シナモンは苦手なら入れなくてもOK。

 

ビーガンレシピ

ビーガン用のエッグノッグの作り方を見つけました。

<材料>

  • カシューナッツ:50g
  • ココナッツミルク:1缶
  • アーモンドミルク:200ml
  • バニラエッセンス:適量
  • ココナッツ砂糖:大さじ2杯半
  • シナモン:小さじ1/4
  • ナツメグ:小さじ1/2
  • 塩:ひとつまみ
<作り方>

  1. カシューナッツは2時間お湯につけておく
  2. 材料すべてをブレンダーにかけてできあがり

詳しくはこちら(英語)↓↓

 

エッグノッグの作り方!ノンアルコールからカクテルまでアレンジ6選

おすすめのアレンジを4つご紹介します。

市販されているエッグノッグを何かと混ぜる場合には、だいたい1:1の割合がベストかなと思います。少なすぎると、エッグノッグの味や香りが消えてしまう感じです。

アレンジ次第でいろんなエッグノックを楽しめますよ^^

ノンアルコールからカクテルまで紹介しますので、お好きな味をみつけてくださいね。

 

①豆乳エッグノック

牛乳の代わりに豆乳を使ってカロリーオフできるエッグノッグ。卵白をしっかりと混ぜるところがポイントですね。

お好きなアルコールを入れて、身体の芯から優しく温まります。風邪の時にもおすすめですよ。しょうがを入れてもいいですね^^

また、単純にエッグノッグと豆乳を1:1で割っても美味しいです。

材料はこちら。

<材料>

  • 卵:1個
  • てんさい糖:大さじ1
  • 豆乳:150cc
  • 洋酒:小1
  • シナモンパウダー:少々

詳しいレシピはこちらふわとろ☆豆乳エッグノッグ by 今日の勝家御膳

 

②甘酒エッグノック

身体に優しい甘酒で作るエッグノックは、優しい味わいでおすすめです。自然な甘みがあるのでお砂糖を控えたい方にもおすすめのレシピ。

栄養価も高いですし、ノンアルコールなのでお子様にもいいですね。お好みでショウガをプラスすれば体がポカポカに^^

甘さが足りなければ、お砂糖やハチミツをプラスしてもいいですね。

材料はこちら。

<材料>

  • 甘酒:80g
  • 水:約30g
  • 牛乳:約50g
  • 玉子:約1/2個
  • 塩:ひとつまみ
  • お好みで生姜

くわしいレシピはこちら。Cpicon エッグノッグ甘酒 by Wakka♪

 

③エッグノックラテ

コーヒー好きさんには、こちらもおすすめ。コーヒーとエッグノッグを混ぜるだけなので簡単です。スターバックスにも昔、エッグノッグラテがありましたよね。

お砂糖を控えめにしたい場合は、ブラックコーヒーとミックスしてもオッケーです。

 

僕の大学のカフェテリアには、コーヒー用のミルクと並んでエッグノッグが置いてあるよ。
わたし
カナダで市販されているエッグノッグは甘いから、コーヒーのクリーム代わりにもおいしいんだよね。つまり、コーヒーとエッグノッグは相性がいいってことだね!

 

生クリームやチョコレートソースなんかを加えても、おしゃれで美味しいドリンクになりそうですね。お酒なしにすれば子供も喜びそう^^

また、ブレンディを使って作るエッグノッグラテの作り方を発見しました。こちらも手軽でおいしそう。

材料はこちら。

<材料>

  • 牛乳:180ml
  • 卵黄:1個
  • 砂糖:大さじ1
  • ブレンディ:小さじ1
  • 洋酒:小さじ1/2~
  • シナモンパウダー:少々

詳しいレシピはこちらCpicon カフェオレ★エッグノッグ by みどふぁどベシ

 

④紅茶エッグノッグ

濃いめに淹れた紅茶に牛乳とエッグノッグを加えた紅茶エッグノッグもおいしいです^^

ロイヤルミルクティをさらに濃厚にした感じ。もちろんアルコールやスパイスとの相性も抜群ですよー。

私はめんどうくさがりなので、チャイにエッグノッグを混ぜたりもします(笑)すでにスパイスが入っているので楽チンです(*´艸`*)

材料はこちら。

<材料>

  • 茶葉:8g
  • 熱湯:200ml
  • 牛乳:100ml
  • 卵黄:1個分
  • 砂糖:大さじ1
  • お好みで洋酒やスパイス

詳しいレシピはこちら ルピシア公式ホームページ

 

⑤エッグノッグスムージー

エッグノッグにヨーグルトやバナナを加えて、スムージーにしてもおいしいんです。

すべての材料をミキサーに入れて、ガーッとするだけです。エッグノッグは、冷たいドリンクにしてもおいしいんですよ^^

材料はこちら。

<材料>

  • エッグノッグ:2カップ
  • ヨーグルト:1カップ
  • バナナ:1本
  • 牛乳:1/3カップ
  • お好みで氷、ナツメグやシナモン

 

⑥お菓子に利用

どうしても消費できないエッグノッグは、お菓子作りに利用することもできます!

基本的には、牛乳の代わりにエッグノッグを使う感じ。エッグノッグ自体が甘いので、お砂糖を控えめにするといいですね。

チーズケーキやホットケーキ、パウンドケーキにクッキー等々。エッグノッグを色んなお菓子にアレンジできます。

カナダのスーパーで売られているエッグノッグは1Lと多めなので、『飲み切れなかったらどうしよう…』と躊躇していたのですが、お菓子作りに利用できると知ってちょっと安心しました。

ちなみに、1Lでは足りない家庭も多いようで、コストコのエッグノッグは2Lサイズです。しかも、かなり売れているという(笑)

エッグノッグは大人から子供まで大人気の季節のドリンクだということが分かります。

 

 

まとめに

エッグノックの基本の作り方とアレンジ方法について紹介しました。

身体の芯から温まるホットカクテルは、寒い冬にはぴったりのドリンクです。エッグノッグは、カスタードクリームのように甘くておいしいですし、ノンアルコールにすればお子様でも楽しむことができます。

市販品は激甘なので購入するをためらってしまいますが、自分で手作りすれば甘さを調節できるので安心です^^ 個人的におすすめなのは、チャイとミックスするアレンジ。

アレンジ次第でいろんな味が楽しめるところもいいですよね。あと、今年の冬は、わざと余らせてお菓子作りに使ってみようと思っています(笑)

エッグノッグを手作りして、クリスマス気分を味わって下さいね!

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

MACO

セカイエの管理人。カナダ東部にカナダ人夫と2人暮らし。 人見知りでひきこもりだけど、旅行好き。アウトドア派になりたいと思っている。海外生活・カナダ生活で役に立つ情報を発信したいなと思っています。