ココナッツオイルの食べ方はそのままが簡単!香りが苦手でもOKな料理も

 

ココナッツオイルは美容やダイエット効果があるとして、テレビや雑誌でも話題になりましたね!

毎日の健康のためココナッツオイルを取り入れている方も多いのでは?

今ではすっかり定着しつつあるココナッツオイルですが、これから使ってみたいという方は、どんな食べ方があるのか気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、ココナッツオイルの食べ方を【そのまま編】と【料理編】に分けてご紹介します。

簡単にそのまま食べてもOKですし、香りが苦手な場合でも食べやすい料理方法があります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

ココナッツオイルの食べ方!そのまま食べても味がないよ

初めてココナッツオイルを使ってみたいという方は、「そのままでも食べられるものなの?」と疑問に思うはず。

結論から言うと、そのままでもOK!です。

ココナッツオイルは、ココナッツの甘い香りが特徴ですので、味もココナッツミルクみたいな甘いイメージがありますが、食べてみると意外とさっぱりとしていて味はないという印象です。

また、調理すると香りも弱まる気がします。

ココナッツオイルの種類にもよるのかもしれませんが、ほんのりフワッと香るか、何も感じないか程度です。

香りが苦手な方も、食べてみると意外と食べやすいことに気付くと思います^^

それでは、さっそくココナッツオイルのおすすめの食べ方をいくつか紹介していきますね!!

Sponsored Link

ココナッツオイルの食べ方【そのままが簡単編】

バターの代わりにパンに塗る

私のお気に入りの食べ方がこちら。

バターの代わりにパンに塗って食べるとおいしいですよー^^

前述した通り、ココナッツオイル自体にはあまり味がないので、物足りない場合はちょっと一工夫します。

例えば、ちょっとお塩をかけるとバターっぽい味になりますし、シナモンやはちみつ、メープルシロップとの相性抜群です!

 

コーヒーにいれる

ココナッツオイルをコーヒーに入れる方法もおすすめです。

やり方は、コーヒーにスプーン1杯を目安にココナッツオイルをいれるだけ。手軽にできるのでこれを習慣にしている方多いですよ~!

個人的には、小指の爪くらいしか入れません(なんといっても油なので…)。

味にほとんど変化がないので、ココナッツの香りがついたフレーバードコーヒーをみたいな感じになります。

 

わたし
オイルが浮くので最初はちょっと抵抗があるかもしれないけど、ギトギトもしないし飲みやすいよ。

 

納豆に入れる

友達に聞いて半信半疑で食べてみたらおいしかったのがこれ。納豆とココナッツオイルはナシだと思っていたけど、おいしかったです^^

不思議とまろやかになるんです。

納豆に好きなだけココナッツオイルを混ぜるだけ。すごくお手軽なのでぜひ一度試してみてくださいね!!

 

ヨーグルトに入れる

ヨーグルトに入れるのも定番ですよね。

プレーンヨーグルトにナッツとココナッツオイル、ハチミツをプラスするとおいしい!お好みでグラノーラをトッピングしてもおいしいですよ~!!

また、時間のある時にココナッツオイルでナッツをローストしたものを保存しておくと、別々に入れる手間が省けて時短になります(笑)

 

私はこちらのレシピを参考にしています。

 ローストナッツ&ココナッツ☆ヨーグルト

 

 

ココナッツオイルの食べ方【料理編】香りが苦手でも大丈夫

ココナッツオイルでポタージュ

いつものポタージュをココナッツオイルで炒めて使うと風味がいいです。

ふわっとココナッツが香るので、香りが好きな方におすすめ。ココナッツオイルが苦手な方にも受け入れられやすいので、ぜひ一度、試してみて下さいね。

かぼちゃや人参、コーンにじゃがいもなどお好きな野菜で作ってみてください^^

レシピはこちら*ココナッツオイルde人参ポタージュ* by 陽翔mam

 

ココナッツオイルを使ったお菓子

ココナッツオイルでお菓子を作のもおすすめです。

お菓子に混ぜると、香りもあまり気にならないので香りが苦手な方にはお菓子が一番ぴったりかもしれません。

ココナッツオイルをバターの代わりに使うのがお手軽です。

特にクッキーは、ココナッツオイルを使うとサックサクに仕上がると人気が高いですよ^^

 

ココナッツオイルで焼きりんご

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ROLA (@rolaofficial) on


以前、テレビでローラちゃんが作っていたレシピがおいしくて、一時期よく作っていました。

話題になりましたよね~、真似して作った人も多いはず。

リンゴとシナモン、ナッツ、ココナッツオイルの組み合わせは間違いないおいしさで、見た目にもかわいくて、美肌にも効果的^^

すごく簡単にできるので、迷ったらとりあえずこれを作ってみてくださいね!!

レシピはこちら ココナッツオイルで焼きりんご&バナナ by ムーミン谷のミィ♡

 

ココナッツオイルを使ったおかず系

ココナッツオイルはスイーツに合うイメージですが、炒め物などのおかずにも使えます。

エスニック系やオムレツなど幅広く使えるのがうれしい!実際に使ってみると、そんなに主張しないので、使いやすいです。

私が参考にしているレシピはこちら。

ココナッツオイルで作ったかぼちゃのソテーは特にお気に入りです。すごく簡単ですし、粗挽きの黒こしょうを効かせると大人の味に^^

我が家では、うす切りにして途中で少し水を入れて蒸し焼きにします。

また、1つ目のレシピは、ナスをズッキーニに変えてよく作ります。カナダではナスよりもズッキーニの方が手に入りやすいので。

おいしいので、海外でズッキーニのレシピに迷ったらぜひ一度トライしてみて下さいね。

 

ココナッツオイルと塩の組み合わせはハマるよ!

 

 

まとめに

ココナッツオイルはいろいろな食べ方をすることができます。

生で食べることができるので、コーヒーに入れたりパンに塗って食べたり、そのまま使うのが一番簡単なのでおすすめです!!

香りが苦手な場合は、お菓子にすると食べやすいです^^

なお、健康にいいスーパーフードとして大流行したココナッツオイルですが、2018年秋に、米ハーバード大学の教授が講義で「ココナッツオイルは純粋な毒だ」と発言し、話題になりました。

毒というのは強すぎる表現かもしれませんが、脂肪分の80%以上が飽和脂肪酸と高いことが問題視されているのは事実です。

ココナッツオイルの使用を非推奨している団体はココナッツオイルの代わりに、不飽和脂肪酸を多く含む「アボカドオイル」や「オリーブオイル」の使用を推奨しています。

飽和脂肪酸は摂りすぎると心血管疾患の原因となるLDLコレステロールを増加させる危険性があるので、摂りすぎには注意しましょう。

とはいえ脂肪は体が栄養を吸収するために必要なものなので、全くとらないようにしましょうということではなくて、お料理に上手に取り入れるなどして「適量を心掛ける」を頭に入れておきましょう^^

 

Sponsored Link
Sponsored Link