ココナッツオイルの使い方5選!美容目的(肌や髪)や料理がおすすめ

テレビや雑誌で紹介されることも多いココナッツオイル。

一時期は、人気モデルのミランダカーやローラが愛用していることでも話題になりました。最近では美容や健康にいいとして、すっかり定着していますよね。

とはいえ、実際のところどんな使い方があるのかよくわからない方も多いのでは?

ココナッツオイルは料理から美容まで使い道も多いです!どんな使い方があるのか気になりますよね(*´艸`*)

そこで今回は、ココナッツオイルの使い方5選として、

  1. 料理に使う
  2. ダイエットに使う
  3. 肌に使う(美容目的)
  4. 髪の毛に使う(美容目的)
  5. オーラルケアに使う

これらについて紹介したいと思います!

ココナッツオイルを活用したいと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

ココナッツオイルのおすすめの使い方とレシピ【料理編】

ココナッツオイルは、甘い香りが特徴です。

ココナッツの甘い香り、女性は特に好きな方多いですよね~!

香りが苦手な方も、食べてみると味という味は特に感じません。そう、意外なほど味がしないんです(笑)

なので、料理にも使いやすいんですよ^^

 

セカイエ
油やバターをココナッツオイルに変えるのが簡単でおすすめだよ!

 

上手に食事に取り込めば様々な美容・健康効果が期待できます!おすすめの食べ方を紹介しますね。

 

トーストに塗る

バターの代わりにトーストに塗るのが、シンプルだけど香りを楽しめるのでおすすめです。

甘みが欲しいなと思ったら、シナモンとハチミツとの相性も抜群です。ハチミツをメープルシロップに変えると優しい味になります。

私は、ココナッツオイルと塩の組み合わせも好み。ちょっと意外な組み合わせですが、バターみたいな味がしておいしいんです(*´艸`*) 

ただ、ココナッツオイルは『油』なので、トーストとの組み合わせは食べすぎると太ります。おいしいですが、ほどほどに(笑)

 

野菜のソテー

シンプルにココナッツオイルで野菜をソテーするのもおすすめです。

味付けは塩コショウとシンプルですが、ほのかに香るココナッツオイルの香りと、素材の味が楽しめて最高です!!

イチオシの野菜は、かぼちゃ。

ほっくりしたかぼちゃの甘みとココナッツオイルの香りが相性抜群です。粗びき黒こしょうを使うと味が引き締まりますよ^^

また、ココナッツオイルでソテーしたかぼちゃ(さつまいもでもOK)を大学芋のタレで絡めてもおいしいです。

 

にんじんのグラッセ

ステーキのサイドメニューの定番にんじんのグラッセ。

バターをココナッツオイルに変えて作ってみたら、すごく美味しいです(*´艸`*)

にんじんのグラッセってバターと砂糖をたっぷり使うので、作っていて『うわー…』と罪悪感を感じることが多いのですが、このレシピはバターなし、砂糖も少なめ。

ココナッツオイルの香りがなんとも言えない美味しさです。

私はこちらのレシピを参考にしています。

 ココナッツオイルで作る人参グラッセ by ★水渚★

 

お肉料理

ココナッツオイルはお肉とも相性がいいです。

ふわっと香るココナッツ風味が、いつもと違うお料理っぽくしてくれます(笑)私は多国籍料理っぽくしたい時にココナッツオイルを使ったお肉料理を作りますよー。

私はこちらのレシピを参考にしています。

 ★激ウマ★鶏肉のココナッツオイル炒め★ by petitsaya♪

 

パウンドケーキ

ココナッツオイルはお菓子作りにも活躍します!バターやオイルの代わりに使うと、しっとりしたケーキができあがります。

しっとりとやさしい甘味でおいしいパウンドケーキ。

うちは子供がいないのでもっぱら夫のおやつですが、バナナブレッド(バナナのパウンドケーキ)がしっとりしていて好評です。

私はこちらのレシピを参考にしています。

ココナッツオイルで作る基本パウンドケーキ by テンテン☆

こんな感じで、バターの代わりとしてイメージすると使いやすいですよ^^

 

Sponsored Link

 

ココナッツオイルのおすすめの使い方【ダイエット編】

ココナッツオイルのうれしい効果の一つに「ダイエット効果」があります。

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、内臓脂肪を貯めにくい働きが確認されています(参考:日清オイリオ MCTサロン)。

料理に使うのはめんどうな場合は、コーヒーに入れるのがおすすめです。ほんの少しだけココナッツオイルをコーヒーに入れて飲むといいですよ^^

私は小指の先くらいのごく少量を入れています。お砂糖は入れません。油が浮くので最初は抵抗がありますが、ほんのり甘い香りでフレーバーコーヒーみたいな感じです。

不思議と腹持ちがよくあまりお腹が空かない気がします^^ とはいえ、ココナッツオイルは油なので、摂りすぎには注意してくださいね。

 

みんな
ココナッツオイルは大さじ1あたり、111カロリーだよ!

 

 

ココナッツオイルのおすすめの使い方【美容・お肌編】

ココナッツオイルは食べるだけでなくスキンケアにも使うことができます!

個人的には、お肌に使うのが一番おすすめです。

分子量が小さいのでお肌に素早く浸透しますし、べたつきません。

油を肌に塗るってべったりギトギトするイメージがありますが、あっという間にしっとりもっちりします。

 

クレンジング(化粧落とし)として

ココナッツオイル、メイク落とし、クレンジング

ココナッツオイル、しっかりお化粧が落ちます!

少し多めに手に取って、マッサージするようにくるくるとなじませると、ちゃんとメイクが落ちるんです。しかも乾燥しません。

ファンデーションやアイシャドウ等のメイクはきれいにオフできますよ^^ マスカラやアイライナーはポイントメイクリムーバーを一緒に使うのがおすすめ(市販のクレンジングオイルを使っても落ちにくいです)。

マッサージした後は、オイルをティッシュで軽く拭き取り、ぬるま湯と洗顔料で洗い流すとベター。

香りもよく、一日の終わりにホッと癒されます^^

関連記事はこちら。

>>ココナッツオイルでメイク落とし!やり方や保湿効果は?毛穴詰まりに効く?

 

保湿オイルとして

洗顔をした後は化粧水をして、その上からココナッツオイルでフタをすると翌朝もしっとりします。

私は寝る前にクリームやオイルを付けて顔がベタベタになるのが嫌いなんですが、ココナッツオイルは浸透がはやいので、ベタつきません。すぐにサラサラになります。

布団の中で顔がベタベタなのが嫌な方には、おすすめです。軽いつけ心地で最高ですよ^^

 

スクラブとして

引き締め効果と洗浄効果を狙うなら、ココナッツオイル+塩のスクラブがおすすめ。『塩2:ココナッツオイル1』で混ぜるだけなので簡単です。

保湿効果を狙うなら、ココナッツオイル+砂糖のスクラブ。これも『砂糖2:ココナッツオイル1』で混ぜるだけです。

私は韓国コスメブランド『スキンフード』のブラウンシュガーマスクを真似して、てんさい糖で作っていますよ^^

砂糖のスクラブでマッサージした後は、しっとりもちもちになるのでお気に入りです。

 

ひげ剃りのシェービング剤として

番外編的な使い方なんですが、ひげ剃りのシェービング剤の代わりとしても使えます。

私があまりにココナッツオイルを絶賛するので、影響されて夫がマッサージオイルとして使うようになりました。その時にシェービング剤としての使い方を思いついたらしいんです(笑)

使い方は、少し多めのココナッツオイルを肌に塗り、その上を滑らせるようにヒゲを剃るだけ。

普通のシェービング剤でヒゲを剃った後はヒリヒリすることが多かったそうなんですが、ココナッツオイルにしてからはヒリヒリしなくなったと言っています。

 

 

ココナッツオイルのおすすめの使い方【美容・髪の毛編】

ココナッツオイルは髪の毛のケアにも使用することができます。

ココナッツオイルにはビタミンやミネラルが豊富!!保湿効果も高いので、髪の毛に栄養とうるおいをあたえてくれます。

頭皮ケアやパック、トリートメントなど使い方がたくさんあるんですよ。

私のおすすめは、定番のヘアパック。

ココナッツオイルを髪と頭皮になじませてマッサージ、少し時間を置いて流すだけと手軽ですが、とってもツヤツヤになります。

ヘアオイルとしても使えますが、冬の超乾燥した環境では少し保湿力が足りない気がしています(>_<)

 

 

ココナッツオイルのおすすめの使い方【オーラルケア編】

ココナッツオイルでうがいすることを「オイルプリング」と言います。朝起きた時に、大さじ1杯ほどのオイルを20分ほど口に含んで動かすだけ。

ココナッツオイルでうがいをすることで、

  • 口臭予防
  • 歯周病予防
  • 虫歯予防
  • 歯のホワイトニング効果

こんなうれしい効果が期待できるようですよー。

オイルが口の中の細菌を絡めとり、そのオイルを吐き出すことで口の中の洗浄効果があるとされています。

 

ココナッツオイルの選び方

最近ではかなり身近になったココナッツオイル。

スーパーに行くと、たくさんの種類のココナッツオイルが並んでいますよね。

ココナッツオイルを選ぶ時のポイントはこちら。

<ポイント>

  • (エクストラ)バージンオイル
  • 未精製(unpurified)
  • 低温圧搾(cold Press)
  • オーガニック
  • フィリピン産かスリランカ産

まず、エクストラバージンオイル(未精製/unpurified)について。

精製してあるココナッツオイルは、加熱・漂白されている可能性があるため、栄養成分が少なくなっていることがあります。

コールドプレスとは、ココナッツを絞る時に熱を発生させないように、ゆっくりと低温で絞る方法です。コールドプレスだと熱がかからないので、栄養素がオイルの中にそのまま残ると言われていますよ^^

 

わたし
今使っているのは4つの条件を全て満たしているオイルだけど、香りが全然違うよ。甘くて優しいふか〜い香りが最高!

 

オーガニックは説明不要ですね。

最後に、オイルの産地について。

フィリピンとスリランカは国をあげてココナッツオイルの生産に取り組んでいます。そのため、世界最高水準の品質を誇っているんですよ^^

以上の4点に注意しながら、ココナッツオイルを選んでみてくださいね!

 

 

まとめ

ココナッツオイルの使い方は料理だけでなく、美容目的で肌や髪の毛にも使えます。

カナダに移住して、メイク落としのクレンジングオイルが見つからなかったため、軽い気持ちで使い始めたココナッツオイルですが、すっかりハマっています^^

おすすめは、クレンジングオイル・保湿オイル・料理の3つです。

ただ、料理に使う場合は使いすぎ・食べすぎに注意してくださいね!ココナッツオイルは油です。摂りすぎると体によくありませんし、太ります!

ほどほどの適量を心掛けて、ココナッツオイルを上手に生活に取り入れましょう^^

 

Sponsored Link
Sponsored Link