ココナッツオイルの髪の毛への使い方と効果!パックはベタベタしない?

 

ココナッツオイルは、テレビや雑誌でよく見かけることも多いと思います。

ミランダカーさんなど海外のセレブが愛用していることでも話題になりましたよね!

コーヒーに入れたりパンに塗ったりと、料理に使うイメージがありますが、使い方はそれだけではないんです。

髪のケアやスキンケアなど美容に使う方も多いんですよ^^

私が住むカナダは、年中乾燥しています。そんな時、友人がココナッツオイルでパックをしたら、とてもツヤツヤになったという話を聞いてさっそくトライ!最初はベタベタしないか心配だったのですが、なかなかの使用感でお気に入りになりました^^

そこで今回は、ココナッツオイルの髪の毛への使い方とその効果についてご紹介します。

 

 

 

ココナッツオイルの髪の毛への使い方

ココナッツオイルを髪の毛へ使う場合、以下の3つの使い方があります。

  1. ヘアオイルとして使う(ヘアパック洗い流さない)
  2. ヘアパックとして使う(洗い流す)
  3. コンディショナーに混ぜる

この3つを紹介していきますね。

 

ヘアオイルとして使う(ヘアパックで洗い流さない)

※ヘアオイルとして使うなら、このくらいの量でOK。

まずは「ヘアオイル」として使う方法から。

これはとても手軽で、普段のヘアオイルをココナッツオイルに変えるだけでOKです。

<やり方>

  • 小さじ半分くらいのココナッツオイルを手に取る
  • 毛先を中心になじませる

たったこれだけでいいので忙しい朝のセットの時間にも最適です。

また、朝からシャワーを浴びる場合は、濡れた髪の毛をタオルオフしてから毛先にココナッツオイルをなじませ、ドライヤーで乾かせばオッケー。

市販のヘアオイルの時と同じように使えばいいので簡単ですよ。

 

わたし
ココナッツオイルは、手のひらをあわせて温めるとすぐに液体になるよ。

 

ただ、毛先だけにつけても、時間が経つとちょっとベタベタするような気がしています。ドライヤーで乾かした後はサラサラでいい感じなんですが、時間が経つとしっとりしすぎるというか。

私は、髪の毛が細い猫毛で量も少ないので、そのせいかもしれません。

 

Sponsored Link

 

ヘアパックとして使う(洗い流す)

髪の毛が特に傷んでいる方は、へアパックがおすすめですよ~!!

ココナッツオイルにはミネラルやビタミンが豊富に含まれているので、栄養も豊富。

市販のヘアパック剤で定期的にパックしている方は、ぜひ一度ココナッツオイルを使ったヘアパックも試してみてください^^

用意するのはココナッツオイルだけなのもうれしいポイントですよ。

 

ヘアパック+頭皮マッサージ

ココナッツオイルを頭皮と髪の毛につけて、マッサージするやり方です。

<やり方>

  1. ココナッツオイル大匙3~5を用意する
    ※髪の長さによって量は調節
  2. 頭皮と毛先にココナッツオイルをなじませる
  3. 頭皮をもみ込むようにマッサージする
  4. ラップまたはタオルで髪の毛全体を覆う
  5. 30分から数時間放置する
  6. シャンプーで洗い流して完了

オイルが多少べたつく感じがあるので、シャンプーは2回くらいするといいですよー。私は髪が細くて少ないので、しっかり流さないとベタつきます。

これを週に1回程度の頻度で続けると効果的ですよ^^

 

リバースパック

シャンプーをしてヘアオイルをして…という普通の順番の逆(リバース)でお手入れをしていきます。

<やり方>

  1. ココナッツオイル大匙3~5を準備する
    ※髪の毛の長さによって調節
  2. 乾いた髪の毛をよくブラッシングする
  3. ココナッツオイルをなじませる
  4. そのまま30分ほど放置
  5. オイルが少し残る程度にすすぐ
  6. シャンプーをする

リバースパックはヘアパックと同じく傷んだ髪に効果的なパックです。

ヘアパックよりも髪の毛が軽やかに仕上がるので、軽めにしたい方はこちらのリバースパックがおすすめ。

ポイントは、少しオイルが残っている程度にすすぐことです。そうすることで、オイルが髪をコーティングして栄養がしっかり届くようになります。

リバースパックも週に1回程度行うのがおすすめですよー!

集中的にダメージケアしたい時はヘアパック、軽めに仕上げたい時はリバースパックとうまく使い分けるといいですね^^

 

コンディショナーに混ぜる

普段使っているコンディショナーに混ぜる方法もおすすめです。

やり方は、ココナッツオイルをコンディショナーにまぜるだけ。オイルの量はコンディショナーの10%程度を目安にしましょう。

コンディショナーに混ぜる方法は私も実践していますが、手軽にできるのですごくですよ(一番おすすめかもしれません)。

いつものコンディショナーに混ぜるだけで、髪がつやつやしてきたように感じます!

あと、あまり潤わないコンディショナーを買ってしまった時に、ココナッツオイルを混ぜると使いやすくなることも。ぜひ試してみてくださいね^^

 

ココナッツオイルの髪の毛への効果は?

ココナッツオイルを髪の毛に使うことで様々な効果が期待できます。

ココナッツオイルの髪の毛への効果は、

  • 潤い・保湿効果
  • 頭皮ケア効果
  • 育毛・発毛効果
  • 殺菌・抗菌効果

こんな感じです。詳しく見ていきましょう^^

 

潤い・保湿効果

ココナッツオイルには高い保湿効果があります。また、分子量が小さい中鎖脂肪酸が多く含まれているので、肌や髪の毛にも浸透しやすいようです。

先にご紹介した通り、ココナッツオイルを髪に使うことで、うねりや広がり、傷みを抑える効果が期待できます。

細い猫毛で量が少ない場合は、ベタつくとまではいかないまでも、しっとりしすぎるかも。ベタつかない程度に量を調節してみてくださいね。

また、髪の毛の傷みやうねりが気になる時は、ヘアパックが効果的です。週1回ほど定期なケアに取り入れてみてください^^

 

わたし
クレンジングオイルをココナッツオイルに変えてみたら、お肌が乾燥しにくくなったよ!

 

頭皮ケア効果

ココナッツオイルは髪の毛だけでなく、頭皮ケアにも効果的です。ココナッツオイルに含まる抗酸化成分が頭皮にうるおいを与えてくれます。

頭皮が乾燥するなぁという方は、ココナッツオイルを使ってみてはいかがでしょうか? ベタつくかもしれないので、少しずつ試してみて下さいね。

 

育毛・発毛効果

ココナッツオイルには、

  • ビタミンE:血行促進
  • オレイン酸:保湿効果
  • 中鎖脂肪酸:ダメージを抑える

こんな成分が豊富に含まれています。

頭皮マッサージで血行を良くすると、髪の毛にいいというのはよく言われていることですよね。ビタミンEで栄養を与えながら、マッサージすることで頭皮を健康的に保つ効果が期待できます^^

 

殺菌・抗菌効果

ココナッツオイルに含まれるラウリン酸は母乳にも含まれる成分で、殺菌や抗菌効果があると言われています。

私は専門家ではないのでお肌や髪が殺菌されているかは分かりませんが、お肌に毎日つけても特に肌トラブルもなく、乾燥肌と小さなブツブツが改善した気がするのでこれからも使い続けようと思っています^^ (たんに肌に合っているだけなのかもしれませんが)

 

まとめに

ココナッツオイルの髪の毛への使い方と効果をご紹介しました。

私自身は、カナダでクレンジングオイルを探していた時に、『ココナッツオイルなら天然のものだし、あわなかったら料理に使えばいいか』と軽い気持ちで使い始めたのがきっかけでした。

ヘアオイルとしての効果は、猫毛の私にはしっとりしすぎる感じですが、洗い流す方のパックはしっかりとシャンプーするとベタベタしないし、髪の毛にツヤとハリが出ます^^

その他、コンディショナーに混ぜたり育毛マッサージをしたりと、ヘアケアだけでも使い道がたくさんあるココナッツオイル。

1つ持っているととても重宝しますよ^^ ぜひ普段のケアに活用してみてくださいね。

 

Sponsored Link
error: Content is protected !!