カナダ永住権の健康診断(メディカルチェック)の費用と流れを解説!体験談も

 

こんにちは!

カナダ東部の田舎町で永住権待ちしています、MACOです。

2018年9月。永住権(移民)申請から約6ヶ月が過ぎたある日、夫がウキウキしながら帰ってきました。

 

今日はニュースがあります!
わたし
えっ、いいニュース? 悪いニュース?
いいニュースです! 永住権のMedical Checkの要請がきました!
わたし
!!!!!!!

 

7月にワークパーミットがおりて以来、なんの音沙汰もなかったカナダ永住権申請。この度、移民申請の最終ステージとも呼ばれる健康診断をついに受けてきました(*´꒳`*)/

今日は、カナダ永住権の健康診断(メディカルチェック)の費用や流れをご紹介します。

 

 

カナダ永住権の健康診断(メディカルチェック)の流れと体験談

受診前のこと

2018年9月20日。

IRCCからメールで『健康診断(Medical Check)』の要請が届きました。

カナダ永住権で書類審査完了後の最終段階とされているメディカルチェック。

メディカルチェックが無事終われば、約2〜5ヶ月で永住権が発給されると言われています。

夫のスポンサー申請の可否を待っていた我が家は、拍子抜け。あれ、スポンサー合格したのかな…最近って、スポンサーの合否はお知らせはこないんでしょうか?

疑問に思いながらも、添付書類(IMM1017E)を熟読しました。

ポイントはこんな感じ。

<ポイント>

  • 要請から30日以内に健康診断を完了してね
  • さもないと永住権申請を拒否したことになるよ
  • IRCC指定の病院で受診してね
  • 健康診断結果は病院から直接IRCCに送付されるよ

また、IMM1017には『最近の写真を4枚必要』との記載がありました。これは写真を持ってこいという意味なのか、そこで撮ってくれるのか…。色々と分からないことがあり、予約を兼ねてクリニックを訪れることに。

IRCCのMedical Examのページでも、詳しく解説されていますのでぜひチェックしてみて下さいね。

 

予約のこと

さて、メディカルチェックの予約をしにクリニックへ訪れた私。

窓口で永住権用のメディカルチェックの予約をしたい旨を伝えると、窓口のおじさんがテキパキと手続きをしてくれました。

こんな田舎でもスムーズに手続きできるなんて、カナダってやっぱり移民が多いんだなーと実感。

1週間後に予約を取り、当日持ってくるものや注意点の説明を受けます。

<持ってくるもの>

  • IRCCからの書類(IMM1017)
  • パスポート
  • 普段メガネであればメガネ
  • 普段飲んでいる薬(あれば)
  • 診断書など(あれば)
  • 州の保険証(あれば)

ちなみに、写真は当日病院で撮影するので持ってくる必要はない旨、当日の断食は必要ない旨の説明を受け、クリニックを後にしました。

 

受診当日のこと

メディカルチェックの総所要時間は3時間でした。

2〜3時間という体験談が多いようなので、平均ですね。

13時半の予約に合わせて病院に到着。

渡された同意書を読み、そこにサイン。

お金を先払いして、検尿でした。結構大容量な容器を渡されるので、『Ready』の状態で病院に行った方がいいと思います。

検尿は、トイレで採尿→受付まで持って行きおじさんに渡す(人前で)という流れでした。

日本だとトイレで直接提出できるようになっていますよね?! 容器は透明だから中が丸見えだし、ホカホカだしで受付のおじさんに手渡すのが、恥ずかしいやら申し訳ないやら…(笑)

そこから診察室へ呼ばれ、健康診断がスタートです。

<こんなことをしたよ>

  • 身長体重測定
  • 血圧測定
  • 視力検査
  • 医師による問診
  • 医師による触診
  • 写真撮影

 

聴力検査もあると聞いていたのですが、実際は耳の中を見られただけでした(笑)後は、内科であるような触診ですね、お腹を押して内臓の調子を見たり、聴診器で音を聞いたり。

問診の内容はうろ覚えですが、こんな感じ。

<問診内容>

  • 現在、処方箋薬を飲んでいるか
  • これまで手術をしたことがあるか
  • 精神病と診断されたことがあるか
  • HIVと診断されたことがあるか
  • 結核や糖尿病にかかっているか
  • 現在、妊娠しているか
  • タトゥーは入っているか

 

問診は口頭で行われ、特に病名の単語が分からなくて焦ったのでちょっと予習していくといいかもしれません。

例えば、こんな単語。

英単語 日本語
tuberculosis 結核
diabetes 糖尿病
syphilis 梅毒
hepatitis B B型肝炎
rubella 風疹
operation 手術
prescription drug 処方箋薬

この他、こんな単語を予習していくといいよーというのがあれば、ぜひ教えてください(*´꒳`*)

次に、総合病院に移動し、血液検査とレントゲンです。

ここでも先払いで、お金を支払いました。

受付時、血液検査時、レントゲン時とことあるごとにパスポートを確認されたので、すぐに出せるようにしておくと便利です。

結果は1〜2週間で病院からIRCCへ直接送付される旨、何か異常があった時のみ連絡がある旨の説明を受け、メディカルチェック終了。

あとはもう待つのみ・祈るのみです。

 

Sponsored Link

 

受診後のこと

さて、受診後しばらくはソワソワして落ち着きません。

色々な掲示板を見てみると、受診から約10日ほどでIRCCのアカウントが『Medical Exam Passed』になったという今年の申請者の意見ちらほら。

なので勝手に10日くらい待てばいいのかなと思っていたら、待てど暮らせど進捗状況に変化はありませんでした。

そんな時に見つけたCanadaVisa.comのフォーラムのこんなコメント。

usually, if Medical Exam is uncomplicated, the panel physician sends results to IRCC via E-Medical electronic system (if this system is used in their office) within 5-10 days after your visit. Then, an additional 7 days for IRCC to post on your online application that you have passed. Sometimes IRCC posts when the medical results were received on your online account, as “received”, but in many cases, like in mine, IRCC just updates your account that you have “passed Medical Exam” (if you did).

あ、3週間くらいかかるのか…!!!

長い…(´-`).。oO

掲示板のコメントなので絶対に正しいとは限りませんが、永住権待ちしている間は、こういう『コレはこう!』みたいな情報はすごく心の支えになったりするんですよねー(笑)

ところが。

ちょうど3週間目のある日、IRCCのマイアカウントに変化が。

なんと、『We did not receive the results of your required medical exam. Check your medical exam request message for details. 』というメッセージが表示されていました。

あ、30日間の期限過ぎとるやないかい。えっ、ていうか、そもそもまだ届いてない?!

まさか何か深刻な病気が見つかったとか…?でも、それならすでに連絡がきているはず。全身が凍り付くのを感じながら、健康診断を受けたクリニックに電話をしました。

すると『ちょっと席を外してま〜す!』と流れるボイスメッセージ…。

いや、受付、いっぱい人おったやん。誰か電話出れるやん。そこから恐怖が怒りに変わり(笑)、時間をあけつつ電話をかけ続けました。

やっとのことで電話が繋がり、担当のおじさんに状況を確認してもらうと、資料はほぼ全て揃っている状態で、レントゲンの結果待ちであることが判明。

『血液検査や他の検査には一切問題はない』と言われ、ホッと全身の力が抜けるのを感じました。

レントゲンを撮った総合病院に確認してみるとのことで、ひと安心したものの、脱力感とともに怒り心頭。

いや、送ってきてない病院も悪いけどさ、クリニックもさ期日管理してよ。期限がある書類を埋もれさせたらいかんやん。こういう考えは私が日本人だからなのでしょうか…。

とにかく状況がわかったところでIRCCに連絡をしようとすると、今度はIRCCのサーバーがダウン中でした。

それから、この日はもう何もする気が起こらず、ブツブツ独り言(主に文句、笑)を言いながら過ごしました。

翌日、念には念をと思い、午後から再度クリニックに電話。おじさん、『今見たら書類が届いてるから、今から送るね!』と。

さらに翌日、夫が念には念をと再度クリニックに電話。

昨日書類を送付済みという確認にあわせて、クリニックに足を運べば結果のコピーをもらえる旨、それをIRCCのマイアカウントからアップロードしてもいい旨の説明を受けました。

そして、その翌日。

IRCCのページをチェックすると『You passed the medical exam.』の文字が!!!

あぁーよかった。健康診断を受けてから24日目の出来事でした。

結局、なぜレントゲンの検査結果だけがこんなに遅れたのかは分からずじまい。絶対忘れてただけだろうなーと、今もちょっと怒っています(笑)

もし私と同じようなケースの場合は、『あれだけ念を押したんだから、やってくれるだろう』と安心せずに、何度も電話して確認することをおすすめします。

 

わたし
人の人生に関わる書類を遅れさせといて、そういえば、誰も謝ってくれなかったな…。一言くらい、誰かごめんって言ってほしい!はー。

 

 

カナダ永住権の健康診断(メディカルチェック)、かかった費用は?

カナダの永住権申請にあたっての健康診断(メディカルチェック)は、指定の病院でのみ受けることができます。

指定だからどの病院も料金は同じかと思いきや、各病院ごとにかかる費用が違うという情報が。病院によっては、数十ドルの差が出るというので驚きです。

私は田舎に住んでいるため最寄りの病院が1件しかなく、選択肢がありませんでした。

今回、健康診断(メディカルチェック)を受けて支払った料金はこちら。

健康診断 207ドル
血液検査&レントゲン 184ドル
合計 391ドル
(税込)

た、高い…。

ちなみに、私は健康診断が最寄りのクリニック、血液検査&レントゲンが地域の総合病院と2件に分かれていました。

料金はそれぞれの病院で支払い、現金、デビッドカード、クレジットカード全て対応可能でしたよー。

健康診断費用の207ドルはメディケア利用不可、血液検査&レントゲン費用はメディケア保有の場合は割引が効きました。

私はオープンワークパーミッドが取れた時点で州の保険を取得したので、メディケア適用金額(184ドル)で受けることができましたよ。ホッ。もしメディケアがない場合は、360ドルとのこと。

この辺は州によって適用される範囲が違うと思うので、病院に確認してみて下さいね!

余談ですが、トロントやバンクーバー等の大都市であれば病院を選べると思います。IRCC指定の病院に料金を確認して、病院を決めるといいと思いますよー!

 

 

カナダ永住権の健康診断(メディカルチェック)、拒否されることもある?

カナダ永住権の健康診断(メディカルチェック )の結果を待っている時に一番心配だったのが『拒否されたらどうしよう』ということ。

健康診断が原因で否認になることはあるのでしょうか?

IRCCのマイアカウントのMedical Exam欄右にある『?』マークをクリックすると、こんな注意書きが出てきます。

If you need to have a medical exam you will get a message in your account with details.

Once we receive the results of your medical exam, we will review them and tell you if you passed. If you did not pass it could be because:

  • you may be a risk to public health or public safety, or
  • your health issues could place too much demand on health or social services.

健康診断をパスできない場合の理由が書いてありますね。

ニュアンス的に、重病だと健康診断をパスできませんよーみたいな感じでしょうか…。はっきりとした病名等は明かされていないようです。

 

まとめに

カナダ永住権の健康診断(メディカルチェック)を受けた体験談をご紹介しました。

かかった費用は約400ドルとかなり高額ですが、受診するクリニックによって金額が違うようなので、病院を選べる場合は何ヶ所か電話で確認するといいと思います^^

また、私の州は一部メディケアが適用されたので、やはりこれも受診するクリニックによく聞いてみて下さいね。

今回、健康診断の結果を送る段階で、病院側の都合(ミス?)で送付が遅れてしまいましたが、それまではスムーズだったと思います。

待っている間は『拒否されたらどうしよう!』と不安でしたが、まさかそれ以前にこんなゴタゴタがあるとは…。

ちょっとでも流れに不安がある場合は、しつこいくらいに確認して念を押すようにすべきだと学びました。

メディカルチェックが終わり、カナダ永住権への道のりも佳境に入った気がしています。何事もなく、このままスムーズに進むように祈りたいです。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

MACO

セカイエの管理人。カナダ東部にカナダ人夫と2人暮らし。 人見知りでひきこもりだけど、旅行好き。アウトドア派になりたいと思っている。海外生活・カナダ生活で役に立つ情報を発信したいなと思っています。