カナダで大麻合法化!日本人留学生や旅行者の使用・所持は違法なの?

こんにちは!

カナダ東部の田舎町に住むMACOです。

2018年10月、嗜好用の大麻が解禁されたカナダ。

カナダは、日本人にとっては留学や旅行先として人気のある国ですが、『カナダ国内であれば、日本人が所持・使用してもいいのかな?逮捕されないのかな?』と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

今日は、カナダ国内での日本人留学生や旅行者の大麻使用について解説します。

外務省の注意喚起等も参考にご紹介していきます。

注意!

当サイトはカナダの大麻合法化について、賛成・反対どちらの意見でもありません。また、大麻利用を推奨するものでもありません。

 

 

 

 

カナダで大麻合法化!日本人留学生や旅行者の使用・所持は違法なの?

カナダ、大麻合法化、日本人

国全体で嗜好用大麻が合法化されたカナダですが、日本人留学生や旅行者も使用・所持して問題ないのでしょうか?

今回の解禁にともなって、外務省からこのような注意喚起が出ています。

1.カナダでは、本年10月17日から、大麻(マリファナ)の所持・使用が合法化されます。

2.一方、日本では大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。

3.この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあります。

4.在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。

出典:外務省

この注意喚起を見る限り、使用については言及されていないようですが、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法であり、日本国外でも適用されることがあると明記されています。

また、④には、はっきりと『日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。』と書かれていますね。

これについて『実際のところ逮捕されるのか』は、インターネット上で賛否両論あるようですが、日本国外であっても同法が適用される可能性があるということは必ず頭に入れておきましょう。

 

みんな
大麻入りのお菓子(クッキー等)にも、むやみに手を出さないように!

 

Sponsored Link

 

カナダで大麻合法化!使用可能年齢やルールを簡単にチェック

嗜好用大麻の解禁は、トルドー政権の公約のひとつでした。

すでに大麻が日常生活に定着しているカナダで、合法化して規制することで、

  • ブラックマーケットへの資金流入をストップ
  • 税収をアップ
  • 大麻製品のクオリティをアップ
  • 子供たちを守る

等々、様々な狙いがあるようです。

ここでカナダ各州の大麻の使用可能年齢をチェックしてみましょう。参考までに、飲酒可能年齢も一緒に比べてみて下さいね^^

州名 年齢
(大麻)
年齢
(飲酒)
アルバータ 18歳 18歳
ケベック 18歳 18歳
マニトバ 19歳 18歳
ブリティッシュコロンビア 19歳 19歳
ユーコン 19歳 19歳
サスカチュワン 19歳 19歳
オンタリオ 19歳 19歳
ニューブランズウィック 19歳 19歳
ニューファンドランド
&ラブラドール
19歳 19歳
ノバスコシア 19歳 19歳
プリンスエドワード島 19歳 19歳
ヌナブト 19歳 19歳
ノースウェストテリトリー 19歳 19歳

どの州も飲酒をスタートする年齢とほぼ同じですね(マニトバだけ違う)。アルバータ州とケベック州が18歳、その他の州は19歳から、大麻を使用しても良いとされています。

この他、大麻の公共の場での使用についても、州それぞれでルールが違います。

例えば、アルバータ州やノバスコシア州は、公共の場所では『タバコが許可されている場所でのみ』使用可能です。公共の場での使用を完全に禁止している州も多くあります。

州によって法律が違うというのは、日本人からするとあまり馴染みがない感覚ですよね。

大麻使用についてのカナダ各州のルールについては、Wikipediaや各州政府のホームページが分かりやすくまとまっていますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

下記以外の州は『州名 cannabis act』で検索してみて下さい^^

 

まとめに

カナダの大麻合法化にあたって、日本人留学生や旅行者へどのような影響があるかをご紹介しました。

大麻使用については明記されていませんが、所持については違法になり得るようです。外務省からも注意喚起が出ています。

日本国外だからといって、軽い気持ちで大麻に関わるのはやめましょう。

不安を抱えて大麻に手を出すよりも、そのお金を他のことに使ってカナダでの思い出を作った方がいいと思いますよー。

個人的には、カナダの大麻解禁を否定するつもりはありませんが、必要ないのにわざわざ手を出す理由もないと思ってます。好奇心で手を出してやめられなくなったら、そっちの方が面倒くさいというか…。

実際、カナダでは、妊娠しても大麻使用をやめられないとか、そういう話も耳にしますしね。

留学や旅行、移住等でカナダに滞在する場合は、滞在予定の州のルールをよく確認して、これからの変化にも注目してみて下さいね!

 

関連記事はこちら。

>>カナダの大麻合法化の理由はなぜ?現在の事情と影響【10/17解禁】

カナダの大麻合法化の理由はなぜ?現在の事情と影響【10/17解禁】

2018.10.19

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

MACO

セカイエの管理人。カナダ東部にカナダ人夫と2人暮らし。 人見知りでひきこもりだけど、旅行好き。アウトドア派になりたいと思っている。海外生活・カナダ生活で役に立つ情報を発信したいなと思っています。