カナダでいちご狩り!初夏6~7月はU-Pick(ベリーピッキング)がおすすめ

こんにちは!

日本ではいちご狩りというと、冬〜春のアクティビティというイメージがありますが、カナダでは初夏のアクティビティ。

留学やワーホリ、移住等でカナダにやってきて、長く厳しい冬の間に『あーカナダって意外と暇だな…』と思っていた方も多いのでは?(笑)

大丈夫!

夏のカナダは楽しいアクティビティいっぱいです!!いちご狩りをはじめとするベリーピッキングは、『U-Pick』と呼ばれ、カナダの初夏の風物詩となっています。

今日は、6〜7月のカナダでおすすめしたいベリーピッキング『U-Pick』をご紹介します。

 

 

カナダでいちご狩りは初夏6~7月の風物詩!日本との違いは?

※シーズン中は、『U-Pick』の看板が道路に立っています。

日本では、1月から5月頃までが旬のいちご。ゴールデンウィークにいちご狩りに行くのを楽しみにしている方も多いのでは?

こちらカナダでは、いちご狩りは初夏の風物詩。

『U-Pick(ユーピック)』と呼ばれます。

カナダのいちご狩りは、日本と違って、6月中旬頃から7月下旬頃までと時期は短めです。また、ハウス栽培が多い日本のいちごと違って、カナダでは外の畑で栽培されています。

 

セカイエ
日本とカナダのいちご狩りの違いは、なに?
みんな
一番大きな違いは、

  • 日本→畑で食べて帰る(持ち帰りは別料金)
  • カナダ→畑では食べない

だよ〜!

 

カナダのフルーツ狩りは、入場料がないところがほとんど。でも、畑では食べずに、すべて清算後に食べるという流れです。

私は海外のいちごって、どちらかというと『硬くてあまり甘くない』というイメージがあったんですが、カナダのいちごを食べて考えが変わりました♥

カナダのいちごは、みずみずしくて、とても甘くて美味しいんです(*´v`*)

雪国のイメージが強いカナダですが、初夏から秋にかけてはフルーツがたくさん!

私の住む街は、そこら中にりんごの木があって、9月頃にはりんごがみっちり茂っています。日本のりんごよりも小ぶりですが、美味しいですよ。

今日も今日とてりんご日和。

また、8月後半から9月にかけてお店に並ぶネクタリンはおすすめです。10個以上入って5〜6ドルと爆安。よく熟れたネクタイリンはジューシーで本当に美味しいですよ(*´꒳`*)

スーパーにずらりと並ぶフルーツを見ると本当に嬉しくなります。

カナダのフルーツカレンダーがこちら。

時期 フルーツ
6〜7月
  • いちご
  • ラズベリー
7〜8月
  • チェリー
  • アプリコット
7〜9月
  • ブルーベリー
  • ネクタリン
8〜9月
  • りんご
8〜10月
  • ぶどう

※フルーツのシーズンは、各州によって少しずつ違います。

カナダの観光ベストシーズンは、夏。

6〜7月にカナダに来たら、いちご狩りに出掛けてみてはいかがでしょうか? 『自然・アウトドア・太陽を楽しむ』というカナダの夏の醍醐味を味わうことができますよ〜。

 

Sponsored Link

 

カナダでいちご狩り!U-Pick(ベリーピッキング)に行ってきたよ

さて、7月中旬に近所の『U-Pick』に行って来ました!私が行った畑は、いちご狩りとラズベリー狩り両方を体験することができます。

自分でタッパーを持っていくと、まず受付でタッパーの重さを測ってくれます。帰りに重さの差で料金を支払うと言う流れです。

まずは、ラズベリーピッキングからスタート!

ラズベリーの木は高さがあるので、そのままの体勢で摘み取ることができます。楽チンです!!

ラズベリーは、できるだけ赤いものが美味しいです。ピンクの実や薄い赤色の実はまだ熟れていません。熟れてる実は、ポロッと外れますので分かりやすいですよ(*´艸`*)

ラズベリーの実の空洞って、この白い部分の抜けた穴だって知ってましたか?

『U-Pick』では、基本的には畑では実を食べてはいけません。でも周りを見ると、結構みんなちょこちょこ食べながらピッキングしてる気が…(笑)

次は、いちご畑へ!

いちご畑はラズベリー畑と違って、係りの人が『ここからここまで摘んでください』と場所を割り当ててくれます。割り当てられた区間にハタを立てて目印にするところもあるようですね。

どうでしょう?

森に囲まれたいちご畑、青い空、カナダの夏は素晴らしいですよーーー!(冬は厳しいけど!笑)

さて、積み終わったらお会計です。係りの人に重さを測ってもらって、お金を支払います。『Did you have fun?(楽しかった?)』なんて会話を交わしつつ、ササーッと測ってくれますよ(*´v`*)

いちごとラズベリー、たっぷり摘んで、なんと4ドル!!!日本円にして約350円くらいかな?

いちご等のフルーツってスーパーで買うといい値段するんですが、『U-Pick』だとすっっっごく割安。入場料もかからず、ベリーだけの値段なので、本当に気軽に何度もこれちゃう感じです。

もちろん、味もあまくてジュージーで最高です。さっぱり汗もかいたしベリーは美味しいし、すごくリフレッシュできる体験でした。

後日、また同じ『U-Pick』に行ったら、ブルーベリーピッキングもオープンしていました。

個人的には、ブルーベリーピッキングが一番楽しかったです(*´v`*) 理由は、一番取るのが簡単だったから(笑)

ブルーベリーの木はブッシュ(茂み)になっていて、『びっしり』と実がなっています。しかも、実が葉っぱに隠れていないので、簡単にピッキングできるんです。採取するのも一度にポロッとたくさん取れて本当に楽しいんですよー!

しかも、生のブルーベリーって、ジュージーですごく美味しくて。小さめの実が酸味があっておすすめです。しかも激安、上の写真で1,5ドルほどでした(1パウンド2ドルちょっと)。

私が住む東部では、ブルーベリーのシーズンは7月の終わり頃から。いちごのシーズンが終わる頃に、ブルーベリーが旬をむかえます。

『U-Pick』に出掛けて、もしブルーベリー狩りができるようであれば、絶対にやってみてくださいね。夏のカナダのベリーピッキング、本当におすすめですよー!

 

カナダのいちご狩り、裏話。

実は、うちの夫の実家はいちご農家です。

いちごが実る前の5月始め頃に、畑の手伝いに行って来ました。何をしてきたかというと、冬の間、いちごの苗に被せていたワラをどける作業です。

フォークと呼ばれる農具でワラをどけると、まっ黒ないちごの苗が出現!『こ、これ、本当に生きてるのかな…』と心配になりつつ、ひたすら作業。いちごの苗まで摘み取ってしまわないように注意しながらの除草作業(除ワラ?)は、腰にくるーーー!

7月初旬に再度、実家を訪れた時は、立派ないちごの実がたくさんなっていました。

いちごのわきに避けておいたワラは、いちごを泥ハネ・泥ヨゴレ等から守ってくれるんだそうです。日本のいちご農家さんも同じなのかな?

この時期は、いちご摘みのアルバイトに来てもらって、朝からいちごを摘み取り、昼には出荷しているとのこと。もちろん、『U-Pick』のお客さんもいましたよ(*´v`*)

ちなみに、カナダのいちご摘みのアルバイト『Berry Picker』と呼ばれ、時給ではなく1箱いくらの出来高制のようです。春頃から、よく求人が出ています。

葉っぱをかき分けると、いちご・いちご・いちご!

いちごって、こんなにたわわになるんだな〜と初めて知りました。これはたしかに、人手がたくさんいるな〜(汗)。あまりにキレイないちごがいっぱいで、来年は泊まり込みでお手伝いに来ようと誓ったのでした。

夏のカナダに来たら、ぜひスーパーやファーマーズマーケットでいちごを買って食べてみてくださいね(*´v`*)/ もちろん、チャンスがあれば、ぜひいちご狩りにも!!

 

まとめに

6〜7月初夏のカナダに来たら、ぜひ体験してほしいベリーピッキングについてご紹介しました。

日本でいちご狩りというと、わりとお値段高めで敷居が高いイメージなんですが、カナダのいちご狩りは、安くて、楽しくて、美味しい!と3拍子そろった楽しいアクティビティです。

私が『U-Pick(ユーピック)』体験したのは、夫の実家と近所の農園の2ヶ所。どちらもたくさんの家族連れで賑わっていました。ちびっこが口の周りをいちごの汁で真っ赤にしていたり(食べたらダメというのは置いといてw)、ほのぼのとしたカナダらしい日常が味わえますよ〜!

冬の間、『カナダってすることないな…』とスネていましたが、春から夏、秋にかけてはアクティビティ盛りだくさんです!いちご狩りもそのひとつ。

お日様の光をチャージすべく、元気に外に遊びに行きましょう〜!

 

Sponsored Link
Sponsored Link