バックパッカーの宿の探し方と格安な取り方はブッキングドットコムで!

バックパックを背負って旅に出る。

ツアー旅行と違って、個人旅行では、飛行機の予約から宿の手配、現地でのアシ…。全部自分で手配しなくてはいけません。しかも、バックパッカーなら、出来るだけ格安にホテル代を抑えたい気持ちがありますよね!

『言葉も通じない国でどうやって宿を探そう?』と悩んだことはありませんか?

年に数回、バックパック旅をしていますが、旅のスタイルや宿の探し方・取り方が変化していると感じています。

今回は、2017年最新の宿の探し方をお届けします。

 

Sponsored Link

 

バックパッカーの宿の探し方・取り方【2017年版】

空港を出て、バスや電車に飛び乗って、泊まりたいエリアに着いたはいいけどどうしよう?

私の場合、最近まで宿は現地で歩いて探す』スタイルを貫いていました。その方が実際に内装や雰囲気、オーナーの応対を確認できるからです。値下げ交渉もできますしね。

事前に予約しても、『知らない土地でピンポイントに宿へたどり着くことの方が難しい』というのも理由のひとつです。

けれども今年、スリランカを2週間ほど旅した時のこと。ある変化に気付きました。

 

わたし
みんな事前にホテルを予約してるって言ってる…!やってみたら、はるかに事前予約した方が楽だ…!!!

 

スマホが普及し、いまや旅先では簡単にインターネットを使うことができます。ポケットWi-Fiを持参すればなおさらです。

Wi-Fiをキャッチできなくても、事前に地図をダウンロードしておけば大丈夫。宿を事前に決めることで、その地域の地図を準備することだってできるんです。

知らない土地で迷っていたら、トゥクトゥクのおじさんに割高の宿に連れて行かれた…なんてこともありません。(それが旅の醍醐味だと考えるのなら、それもアリですよね^^)

それに気付いてから、移動の前日に宿を予約するようにしました。すると、これが本っっっ当に快適だったんです。

『知らない土地に着いて、最初の行き先が決まっている』ってすごくストレスが減ります。出会った旅行者たちと話しても、ほぼ全員が口を揃えて同じことを言っていました。

 

移動の前日に、Booking.com(ブッキングドットコム)で予約してるよ〜!

 

それから会う人みんなに聞いてみたのですが、ほぼ全員が『最近は事前に宿を予約するように変わった』と口を揃えるのです。

話をするうちに事前に宿を予約することには、たくさんのメリットがあることに気付きました。

約10年ほど前から、年に数回のバックパック旅を趣味にしている私。以前は確実に『宿探しは飛び込みで』派が多かったと記憶しています。

2017年、バックパッカー達の宿の探し方が変化しているなと感じた経験になりました。

Sponsored Link

 

バックパッカーの宿探しに役立つ3サイトを比較!

宿は『移動の前日に予約』が主流となっている今、どのサイトが一番使いやすいのでしょうか?ホテル予約サイト3つを比較してみました。

 

Booking.com(ブッキングドットコム)

Booking.comは、取扱ホテル件数が世界No.1!!

価格表示がコミコミ価格でわかりやすいオススメ&人気No.1です。

メリット比較
・取扱件数100万件以上(世界No.1)
・最低価格保証あり
・24時間サポートあり
・支払いは基本的に現地で
※クレジットカード登録要

有名ホテルから格安ゲストハウスまで、とにかく取扱件数はダントツです。

また、とても参考になるのが口コミと評価。最高10点満点の評価とリアルな口コミを読めますので、とにかく参考になります。

表示される料金は、コミコミ料金(税金やサービス料金等)となっています(例外あり)。この明朗会計が好きだという人は多いようですよ〜。ただ、料金は現地払いが基本です。

ほぼ完璧なように見えるブッキング〜も、『現金を多めに持ち歩きたくない人』には不便な面があるかもしれませんね。

※現地でクレジット払いできるかは宿にもよります。

 

agoda(アゴダ)

アゴダは、シンガポールが本社のアジア圏に強いサイト!
表示価格は税金やサービス料込みじゃないので注意が必要。

メリット比較
・取扱件数100万件以上
・最低価格保証あり
・24時間サポートあり
・クレジットカードで先払い

ブッキングドットコムと同じ米国プライスライングループの子会社です。
ブッキング〜と違って、クレジットカード決済できるので、現地で大金を持ち歩く心配がなくなるのはメリットですね。

 

Expedia(エクスペディア)

エクスペディアは、世界最大の旅行予約サイト!
表示価格は税金やサービス料込みじゃないので注意が必要。

メリット比較
・取扱件数30万件以上
・最低価格保証あり
・24時間サポートあり
・クレジット/現地払い選択可

エクスペディアは、ホテルだけでなく航空券の取扱が充実している印象です。
ホテル+航空券セットで予約すると、ホテル代が最大全額オフになる『AIR+割』があります。

ちなみに、ホテル予約比較サイトの『trivago(トリバゴ)』はエクスペディアのグループ会社なんですよ。

 

 

2017年のバックパッカー向け格安な宿はブッキングドットコム!

私自身、よく使用するのはBooking.comです。

旅先で聞き込み調査を行ったのはヨーロッパからの旅人が9割ですが、みんな口を揃えて『Booking.comで予約している』と話していた気がします。

 

セカイエ
事前に宿を予約するメリットをまとめると…

  • 現地到着時に精神的にラク
  • 口コミのいい宿を探せる→宿で嫌な思いをすることが減る
  • わずらわしい値段交渉も不要
  • 表示価格が全て込みの料金

なるほど旅行者にとっては、いいことだらけです。

↓公式サイトにジャンプします↓

使用方法はとても簡単なので、ポイントだけ説明しますね^^

<使い方>
1.会員登録
2.レビューで絞り込む
3.予約する

 

1. 会員登録

まず事前にやりたいのが、会員登録です。
ブッキングドットコムでは、会員向けのシークレットセールが毎日開催されています。会員になって検索をかけた方が絶対にお得です。

 

2. 絞り込み

次に使い方のポイントは、レビューのスコアで絞り込むこと。

私は最小スコアを、7,8以上に設定して検索するようにしています。数字に明確な理由はないのですが(笑)、このくらいで絞り込むと口コミがいい宿がヒットする確率が高いようです^^  (逆に、スコア8以上にすると高すぎて、選択肢が狭まりすぎる気がしています)

レビューのページで口コミを読むことができますので、予約ボタンを押す前に必ずよく読んで参考にしてくださいね!

 

3. 予約する

泊まりたい宿が決まったら、実際に予約です!

チェックしたいポイント
この時、同じ部屋でも、

  • 返金不可で安い料金
  • 『○月○日』までキャンセル無料で少し高めの料金

があるということ。

絶対に変更しないつもりなら前者でいいと思いますし、他にいい部屋が出てきたら乗り換えたいと思うのであれば、後者の方がいいと思います。

自分の予定に合わせて、ベストな料金プランを選べるところもブッキングドットコムの良いところだと思っています。

また、まれに『料金の一部を先払い』という宿もありますので、よく読んでから予約ボタンを押すようにしてくださいね〜!(私はバリのブティックホテルでこの一部先払いに遭遇しましたよ〜!)

最近は、ブッキングドットコムのスコアやレビューを気にかけている宿も多く、優秀なスコアを獲得した宿には表彰状と表彰盾が飾ってあります。

ブッキングドットコムの評価や口コミは、旅行者が宿選びをする大きな材料となっているのは間違いないと思います。

 

海外旅行にはポケットWi-Fiが必須!

海外の知らない土地で自由にインターネットが使えると、やっぱり便利です。

日本と同じようにサクッと検索したり、地図を使って目的地にたどり着いたり。

また、撮った写真をササッとSNSにアップしたりもできちゃいます。インターネットが使えるだけで旅の快適度がグッとアップしますよね(*´꒳`*)

おすすめのレンタルWi-Fiサービスは、こちら。

↓公式サイトへジャンプします↓

イモトのWiFiは難しい設定もなしで使えるので、海外WiFiレンタルの鉄板ですよね!

私は韓国旅行に行った時に利用したんですが、事前にネットで申し込んで空港で受け取りできるので、とにかく気軽にレンタルできる印象。現地でもサクサク繋がりました。

※受け取り可能な空港は全国6ヶ所の空港のみ(2017年11月時点)

申し込み・受け取りだけでなく、返却も簡単なんですよ(*´꒳`*)

ウェブ申込時にWEBクレジットカード決済を選択すると、帰国時に空港カウンターにある返却ボックスに返却するだけでOKなんです!

帰国した時ってなんだかんだで疲れていますし、そんな時面倒な事務手続きをしなくていいのは、結構大きな違いですよ♪

 

さいごに

空港の外に出て、初めてその国の空気に触れた瞬間の緊張感。あの空気は何度経験しても慣れません。ゾワゾワとすべての感覚が研ぎ澄まされるというか。

目に飛び込んでくる『初めて見る世界』に、胸が熱くなる感覚。私はあの感覚が好きで何度も何度も旅に出るのだと思います。

自分ですべてを決められるバックパッカー旅だからこそ、安心できる宿を見つけたいものですよね。(できれば格安で^^)

ブッキングドットコム等の予約サイトを使って、素敵な宿の探し方(取り方)を身につけてみてくださいね!

 

Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA