カナダ永住権【結婚編】必要書類とビザの取り方2018-2019!申請費用も

カナダ、永住権、取得方法、とり方、ビザ、結婚

こんにちは!

2018年3月下旬にカナダ永住権(PR)を申請し、2019年3月1日に無事すべての行程が終了しました。

カナダ東部の田舎町に住むMACOです。

カナダ人の夫と国際結婚4年目にして、日本→カナダに引っ越してきた我が家。私が申請したのはファミリークラスの国内申請です。

移民専門の弁護士にはお願いせず、すべて自分たちで手続きを行いました。

海外移住の最初の試練ともいうべきビザ。調べても、取り方がいまいち不明瞭なのも悩みのタネですよね。

同じ状況の方のお役に立てればと思い、カナダ永住権申請のために提出した必要書類や費用など、取得方法をまとめました。

これは私個人の体験談です。永住権の一般的ないち申請者であり、移民に関する専門知識はありません。参考程度にお読み頂けると幸いです。

 

わたし
2019年3月1日にカナダ永住権を取得、4月1日に郵送でPRカードを受け取りました!
Sponsored Link

 

↓↓この記事は長文です。お好きなところからどうぞ↓↓

■目次

カナダ永住権とは?【2018-2019年結婚編】ビザの取り方・取得方法

ファミリークラスとは?

カナダの永住権には、たくさんの種類があります。

ここでは『ファミリークラス』と呼ばれるカナダ市民や移民ビザ保有者がスポンサーとなり、家族を呼び寄せることができる方法を説明しますね^^

国際結婚している場合は、このファミリークラスでの申請が多いと思います。また、結婚していないコモンローと呼ばれる事実婚の場合も、ファミリークラスで申請をすることができます。

 

国内申請と国外申請のちがい

ファミリークラスで永住権を申請する場合、さらに『国内申請』と『国外申請』どちらかを選ぶことができます。

 

セカイエ
国内申請と国外申請のちがいは?
みんな
国内申請国外申請の大きなちがいはこちら!

国内申請は、カナダ国内から申請してカナダ国内で審査される方法。

国外申請は、現在住んでいるところに関わらず、カナダのミシサガへ申請。ミシサガでスポンサー審査が行われ、その後はフィリピンのマニラで審査が行われる方法。

それぞれメリット・デメリットがあるよ〜!

 

国内・国外申請のそれぞれのちがいを表にまとめました。ちなみに、私自身は先にカナダに渡航し、国内申請をしましたよ^^

国内申請 国外申請
プロセス期間 12ヶ月 12ヶ月
OWP申請 ×
カナダ国外への出国 ×
異議申し立て ×

※OWP:オープンワークパーミット

IRCCのホームページにある『Check application processing times』というページを見ると、現在それぞれのプロセスでどのくらいの時間がかかるかをチェックすることができます。

以前は国内申請が約2〜3年、国外申請が半年だったのが、2017年春に変更がありました。現在は、国内・国外ともに1年でプロセス完了を目指すというのがカナダ政府の意向のようです。

また、国内申請の場合は、6ヶ月間のビジターとしての滞在期間が終わった後も、カナダに合法的に滞在することができます。ですが、基本的には国外に出ることができません(あくまでも推奨)。

 

わたし
ここが国内申請の1番のネックだよね。日本にいる家族に何かあったら…と考えると不安だし、息抜きに一時帰国したくなるよ。

 

ただ、カナダ国外に出られないというのは、厳密には『出ない方がいい』というだけで、公式に禁止されているわけではないようです。

でも、国内申請審査中にカナダ国外に出ると、移民申請がキャンセルされてしまうリスクがあります。一方で、ネット上には『無事に再入国できたよ〜』という意見もあり…。

 

大丈夫なのかもしれないけど、リスキーすぎる気がする!我が家は出国しない!

 

また、国内・国外申請の大きな違いとして、オープンワークパーミット(以下OWP)があります。

国内申請だとOWPを申請でき、OWPが下りるとカナダ国内で働くことができるようになります。加えて、州の保険加入、SINナンバー取得、運転免許証の書き替え等々、できることが増えるのでメリットが大きかったです^^

OWPは永住権よりも短い期間で取得できるので(もちろんケースバイケース)、カナダ国内で永住権待ちする場合にはありがたい制度ですね。

最後に、国内申請の場合、最後にいったんカナダ国外に出て入国しなおす『ランディング』という行程があります。最寄りのアメリカの国境でランディングという方法が一般的ですね^^

↑国内申請の場合、国外に出る必要はなく、ランディングはカナダ国内の移民局オフィスで行われます。勘違いしていました。ごめんなさい(>_<)!!

 

Sponsored Link

永住権申請まずはここから

出典:IRCC公式ホームページ

さて、実際にカナダ永住権申請のあれこれを始める際に、IRCCのこのページをしっかり読み込んでいきます。

 IRCC公式ホームページトップ→Immigration and Citizenshipのページ

すべての始まり、申請以降も毎日通過するページと言っても過言ではない気がする…。

  • どのプログラムにアプライできるのか
  • 各プログラムへのリンク
  • アカウント関連のリンク

などなど。

もちろんすべて英語(またはフランス語)なのでかなり大変ですが、移住への第一歩となるページです。

 

永住権関係の英語の略語について

永住権申請の後に、進捗状況を確認する際によく目にするAORやeCAS、coPR等の略語。

特に、他の人の進捗状況をCanadaVisa.comでチェックする場合は、略語がすごくよく出てきます。

カナダ永住権の情報収集に便利なサイト3選!質問相談ができる掲示板にまとめていますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

カナダ永住権の情報収集に便利なサイト3選!質問相談ができる掲示板も

2018年10月16日

 

カナダ永住権【2018-2019年結婚編】必要書類まとめ

カナダ永住権、結婚、ビザ、取り方、取得方法、費用、必要書類

上の写真は、私のカナダの永住権申請書類です(笑)申請用紙と証拠書類が膨大な量となり、辞書のような書類の山が出来上がりました。

準備した書類をご紹介しますね。

※永住権申請については、頻繁に変更があります。また、個人の状況によってケースバーケースです。これは私個人のケースと捉えて頂いて、必ずIRCCのホームページで調べるようにしてくださいね!

※古いフォーマットで提出した場合、差し替えを要求されることがあるようです。提出前に必ず最新のフォーマットかどうかを確認するようにして下さいね^^

 IRCCのホームページ

 

カナダ永住権の書類一覧

カナダ永住権ファミリークラス国内申請で提出した書類です。

リンクがある項目は、クリックすると詳しい説明へジャンプします。お好きなところからどうぞ^^

  1. Application to Sponsor, Sponsorship Agreement and Undertaking(IMM1344)
  2. 申請料(1,040ドル)のレシート
  3. Generic Application Form for Canada(IMM0008)★
  4. 戸籍謄本、改製原戸籍の翻訳書類一式
  5. Additional Family Information(IMM5406)★
  6. Schedule A – Background/Declaration (IMM5669)
  7. Sponsorship Evaluation and Relationship Questionnaire(IMM5532)
  8. Use of a Representative(IMM5476)
  9. Authority to Release Personal Information to a Designated Individual(IMM5475)
  10. スポンサー(夫)のパスポートのコピー
  11. source of Income from sponsor(自主作成)
  12. Identity Documents proof of applicant status in Canada(自主作成)
  13. 無犯罪経歴証明書
  14. 証明写真2枚
  15. Proof of Relationship

★印は申請者用(私)の書類

 

上記書類について感じた注意点や疑問に思った点を補足していきますね^^

 

【補足】⑥Schedule A – Background/Declaration(IMM5669)

IMM5669は、私(申請者)のバックグラウンドについて書く書類ですね。プロフィールから始まり、学歴や職歴までかなり細かく記載することが求められます。

この書類の❼『Education(学歴)』を書くところ、ここは夫婦でかなり悩みました。

『Give the number of years of school〜』のところ↓

カナダ永住権

そもそもカナダと日本の教育システムが違うため、IMM5669のフォーマットに当てはめるのが難しかったからです。具体的には、中学校をどこに書いたらいいのかという点。

結局ネットで探しても答えは出ず、『Elementary/Primary School』に小学校と中学校を合計9年で記載しました。

<私の例>

  • Elementary/Primary School→9年
  • Secondary/High School→3年
  • University/College→4年

詳細欄には高校からを記入しました。あまり気にすることじゃないのかな〜と思いつつも、大切な書類なので過敏になってしまいます(´-`)

また、❽の『Personal History』の、18歳以降もしくは過去10年間どちらか近い方の住所や職歴等を書く欄。

注意事項にもありますが、これはとにかく空白の期間がないように連続性を持って記入しました。

 

【補足】⑪source of Income from sponcer(自主作成)

現在、うちの夫は学生です。大学卒業後に10年以上アジアで働いていたため、カナダ帰国後は資格を取るために大学へ戻りました。

IRCCのホームページを読んだ印象として、スポンサー資格について、申請者が配偶者だけの場合はあまり収入面等は問題視されないようです。子供がいる場合は、収入もチェックされるようですが。

ただ、まったく収入がない状態での申請には不安があったため、補足書類を添付しました。

 

わたし
こんな書類を添付したよ!

  • 夫の大学での成績表(transcript)
  • 夫のカナダの銀行の残高証明(e-statement)
  • 夫婦共同名義のカナダの銀行の残高証明(e-statement)
  • 私の日本の銀行の残高証明(英語)+為替レート換算
  • 夫の両親からのレター
  • 夫の両親の銀行の残高証明

 

ちなみにカナダの銀行の残高関係の書類は、ネットバンキングの『e-statement』のページをプリントアウトしたものです。

日本の銀行の残高証明書(英語)は、カナダ渡航前に取得してきました。

あと、夫の両親には『万が一の場合は、金銭的に面倒をみます』という旨のレターを作成してもらいました。金銭面でお世話になる予定はないのですが、念のため。

 

【補足】⑮Proof of Relationship

いわゆる2人の関係を証明するものですね!

写真やラインでのやりとり、2人で行った旅行の航空券…とにかく片っ端から証拠となるものを整理します。思い出をさかのぼる作業なので楽しくもあるんですが(笑)それでもね、いやー大変でした。

 

わたし
こんな書類を集めたよ!

  • Gmail
  • Facebook Messenger
  • LINE
  • Facebookの投稿
  • 飛行機の航空券
  • 写真
  • 日本→カナダに届いた手紙
  • カナダ→日本に届いた手紙
  • カナダでの電気料金の請求書(夫婦連名)
  • カナダでの車両登録(夫婦連名)
  • カナダでのアパートの契約書(夫婦連名)
  • 私の旅行保険(住所がカナダの現住所で保険金受取人が夫)

合計50ページのボリュームになったよ〜!!

 

ちなみに、航空券、手紙等の証拠書類はすべてコピーを提出しました。PR関係のフォーラムを見ていると、原本を提出した人、コピーを提出した人さまざまです。また、提出書類が返却されるのかについても賛否両論なんですよね。

また、ライン、メッセンジャー、フェイスブック等は、スクリーンショットを撮って『Pages(Word)』に貼り付けて提出しました。

我が家は、ラインで使えそうなやりとりを抽出→スクショして『Pages(Word)』に貼り付けていきました。

メッセンジャーでのやりとりは『私たち夫婦+友人』のグループチャットも提出しましたよ〜。ちょうど『来週からハネムーンに行くんだ〜』『ワォ!楽しんでね!』みたいなやりとりが残っていたので^^

また、写真は夫婦2人だけの写真だけでなく、友人や家族と一緒に写っている写真がベターです。こうやって写真を選ぶと、遊んだ時の集合写真ってなかなか撮らないな〜と痛感。

国際結婚で将来移住を考えている方は、普段から集合写真を撮るようにしておくと良いですよ(*´v`*) 実際、いい思い出にもなって一石二鳥です(笑)

最後に、カナダ国内の夫婦連名の書類(カナダでの電気料金の請求書、車両登録、アパート契約書)について。

我が家はカナダで一緒に暮らし始めてからすぐに、電気契約と車両登録、アパートの契約書を夫婦連名にする手続きをしました。

当時、私はビジタービザでしたが、特に問題なく夫婦連名に変更できてびっくり(笑)。この2つの書類はもちろん英語なのでそのまま提出できて、すごく便利でしたよ。

 

オープンワークパーミット関係の書類

国内申請の場合は、一緒にオープンワークパーミット(以下OWP)を申請することができます。

OWPがあれば、カナダ国内で仕事ができるだけでなく、州の保険加入、SINナンバー取得、運転免許証の書き替え等々、できることが増えるので永住権と一緒に申請しました。

OPWが下りるのは永住権よりも全然速いですし、上記のことができると生活の基盤が整うので、精神的にも楽になりました^^

  1. Document Checklist(IMM 5488)
  2. Family Imformation(IMM5707)
  3. Use of a Representative form(IMM5476)
  4. Authority to Release Personal Information to a Designated Individual(IMM5475)
  5. 申請料(255ドル)のレシート
  6. 申請者(私)のパスポートのコピー
  7. Identity Documents proof of applicant status in Canada(パスポートにカナダ入国スタンプがない旨を記載した手紙)
  8. カナダ渡航の際の航空券のコピー
  9. ETA statesのコピー
  10. 戸籍謄本、改製原戸籍の翻訳コピー

上記の書類について、少し補足をしますね(*´v`*)

 

わたし
※2018年7月追記

オープンワークパーミッドが発行されました!しかも期間は2年。申請から約3ヶ月ちょっとでOWPがもらえた形になります。嬉しいー!!

 

関連記事はこちら。

>>カナダの医療保険でビジター/永住権申請中ならBIISが格安おすすめ

カナダ、医療保険、ビジター、永住権申請中、BIIS、格安、おすすめ、ブリッジス

カナダの医療保険でビジター/永住権申請中ならBIISが格安おすすめ

2019年3月25日

>>カナダで運転免許証(日本)を書き換える方法【国際免許は期限に注意】

カナダで運転免許証(日本)を書き換える方法【国際免許は期限に注意】

2019年2月11日

>>SINナンバー(Social Insurance Number/カナダ)の取得/更新方法!必要書類も

SINナンバー、Social Insurance Number、カナダ、取得方法、更新、必要書類

SINナンバー(Social Insurance Number/カナダ)の取得/更新方法!必要書類も

2019年3月12日

 

【補足】⑤の申請料

OWPの申請料255ドルの内訳は、『Work Permit (including extensions) 』の155ドルと『Work Permit Holder』の100ドルです。

IRCCのホームページには、もしOWPが不合格だった場合は『Work Permit Holder』フィーは返金されると記載があります。

 

【補足】⑦⑧⑨の申請者のパスポート関連の書類

❼パスポートにカナダ入国スタンプがない旨を記載したもの(『Identity Documents proof of applicant status in Canada』というタイトルで作成)

❽カナダ渡航の際の航空券のコピー

❾ETA statesのコピー 

今回カナダに入国した際、パスポートに入国のスタンプが押されませんでした。2015年に来た時はあったのにな〜と思いながら調べてみると、最近は入国スタンプは押さないという情報が。

ところが、IRCCのOWP申請の必要書類には『パスポートの入国スタンプが押されたページのコピー』と記載があるんですよね〜。もう、ちゃんと連携してよ!(怒)

最近のパスポートはICチップで管理されているので心配ないかと思ったのですが、念のため、これら3つの補足書類を作って添付しました。

❼パスポートにカナダ入国スタンプがない旨を記載した『Identity Documents proof of applicant status in Canada』という手紙を作成し、私がサインをしました。

 

2018年9月追記>

Primary Inspection Kioskと呼ばれる入国の機械で手続きをしてカナダに入国した場合、スタンプを押してもらえないようです。そういえば、私も機械を使ったな〜(´-`).。oO

永住権申請のことを考えると、必ず飛行機のチケットを保管しておくべきですね。 

 

【補足】⑩戸籍謄本関係の翻訳コピー

これは日本で結婚し、『Marriage Certificate(カナダでの結婚証明書)』がないために添付しました。

特にこの場合どうしなさいという指定もなく、自己判断でコピーをつけたのですが…。 ツッコまれないといいなぁ。

Sponsored Link

 

カナダ永住権【2018-2019年結婚編】申請費用・料金まとめ

カナダの永住権を申請するにあたって、かかった費用をまとめました。

※『★印』は日本で取得して持ってきたものです^^

 

永住権申請費用の総額まとめ

まず、永住権申請にかかった費用をまとめてみましょう^^ なかなかの高額な料金に震えます。

こちら。

書類の種類 料金
戸籍謄本、改製原戸籍★ 2,550円
上記書類の公証つき翻訳★ 30,900円
無犯罪経歴証明書★ 350円
証明写真(申請書類用) 25ドル
永住権申請料 1,040ドル
OWP申請料 255ドル
書留発送料 40ドル
健康診断料 391ドル
ビジタービザ延長料 100ドル
証明写真(PRカード用?) 8ドル
合計 2,260ドル(190,270円)

※1カナダドル=約84円で換算しています。(2019年3月の為替レート)

申請時点で日本円で14万円を超え、すべての審査完了時点で約2,000ドルを超えていますね。

余談ですが、オーストラリアは申請料が6,000ドル超えなのだそう∑(゚Д゚)!海外移住ってお金がかかりますね。

それでは、各費用について簡単に説明していきます。

 

1. 戸籍謄本、改製原戸籍(2,550円)★

戸籍謄本と改製原戸籍は、カナダ渡航前に市役所へ行って取得しました。

料金は各自治体によって違うかもしれませんが、私の場合は戸籍謄本が1通450円、改製原戸籍が1通750円でした。

戸籍謄本は戸籍全部事項証明書とも呼ばれます。なかなかややこしいので、市役所の人によく確認しながら取得するようにしてくださいね!

ちなみに、私は戸籍関連の書類を『自分が生まれてから今まで』という理解で取得したので、

  1. 結婚後の戸籍
  2. 父の戸籍に入っていた時の戸籍(結婚前)
  3. 父が祖父の戸籍に入っていた時の戸籍(私が生まれたのはここ)

戸籍謄本と改製原戸籍あわせて以上の3種類に渡りました。また、家族全員が記載されるように戸籍を取りました。

あくまでも私自身の見解であって、IRCCからの情報ではありませんが参考までに^^

 

2. 戸籍謄本、改製原戸籍の公証つき翻訳(30,900円)★

カナダ永住権、結婚、ビザ、取り方、取得方法、費用、必要書類

市役所で取得した書類を英語に翻訳する必要があります。この翻訳はプロの翻訳家に依頼しなくてはいけません。

また当時、IRCCのホームページを確認したところ『公証(notify)が必要』とのことだったので、公証付きの翻訳をお願いしました。日本の公証役場で公証されたものです。加えて、翻訳証明書もつけています。

ネット上で『公証なしでも大丈夫だった』という情報もあり、かなり悩んだのですが…。お金で安心を買えるならと思い、公証つきを選びました。

 

わたし
翻訳をお願いしたのは、格安翻訳のトランスゲートという会社です。

いろんなブログを読み漁っている時に、トランスゲートさんに依頼している方が多かったのでここを選びました。

無料の問い合わせ→見積もり→納品までの流れが、なんと10日ほどというスピーディさ!

メールで翻訳書類をデータ化したものを送り、約10日で翻訳&公証したPDFファイルで送って頂きました。追って原本は郵送で送ってもらえます。

対応も迅速で感じもよく、他の翻訳会社に比べて良心的な料金だと思います。ここにお願いして本当によかったです!!

※2018年2月、翻訳サービス料金が見直されたとのことです。

 

関連記事もどうぞ。

>>カナダ永住権の戸籍謄本の翻訳はどうする?公証や証明は必要?料金も

カナダ永住権、戸籍謄本、翻訳、公証、証明、料金

カナダ永住権の戸籍謄本の翻訳はどうする?公証や証明は必要?料金も

2019年3月11日

 

3. 無犯罪経歴証明書(350円)★

無犯罪経歴証明書も日本で取得しました。

無犯罪経歴証明書の送り方については、2018年に入ってから変更があったようです。今回、永住権申請書類と一緒に無犯罪経歴証明書も送付しました。

※以前はIRCCから要請があってから送付をしていたようです。また、取得から3ヶ月以内と期限があったようですが、今回有効期限に関しては記述を見つけられませんでした。

ちなみに、日本国内での無犯罪経歴証明書の取得方法は、都道府県の警察の担当部署で発行してもらいます。住民登録をしている都道府県の警察に問い合わせてみてくださいね!

私の場合は、申請と指紋採取に1回、出来上がった書類を受け取るのに1回、合計2回来庁しました。

申請から受け取りまで1週間〜10日ほどかかりましたので、渡航の時期に合わせて取得するようにしてくださいね^^

 

関連記事もどうぞ。

>>無犯罪証明書(PoliceCertificate/カナダ永住権用)の取得方法!必要書類も

無犯罪証明書(PoliceCertificate/カナダ永住権用)の取得方法!必要書類も

2018年10月13日

 

4. 証明写真(25ドル)

今回、永住権申請書類と一緒に2枚証明写真を提出しました。

この証明写真はかなり細かい指定があります。『商業的フォトグラファーに撮ってもらうこと(taken by a commercial photographer)』などなど。加えて、写真の裏にIRCC指定の情報も記載してもらわないといけません。

私の場合は、ウォルマートの写真屋さんで撮ってもらいましたよ^^

やはりプロのフォトグラファーは永住権用の証明写真のポイントを押さえていますので、安心です。

 

わたし
申請用の証明写真は『前髪が眉毛にかかるべからず』という指定があるらしく、眉毛を丸出しにされるよ!

私、普段は眉毛はてきとうなんだけど、この日は気合いを入れて書いていって本当によかったよ〜!

 

撮ってくれたフォトグラファーさんが、『昔、前髪が2〜3本、眉毛にかかってただけで写真を返却されたことがある!』と怒っていたのがおもしろかったです(笑)キビシー!

<2019年3月追記>

永住権最後のインタビュー(Confirmation of Permanent Residence)のため、コストコで証明写真を撮ったら、2枚で8ドルでした!安い∑(゚Д゚)

 

5. 永住権申請費用(1,040ドル)

衝撃の申請費用、なんと1,000ドル超え!永住権申請費用の中で、一番これが高額ですね。

1,040ドルの内訳は、

  • Sponsorship fee ($75)
  • principal applicant processing fee ($475)
  • right of permanent residence fee ($490)

となっています。

ちなみに『Sponsor your spouse or partner($1,040)というすべてコミコミを選ぶところ、うちの夫はまちがえて他の項目も指定。合計1,500ドルも支払いました。

バブリー!!!怒!

払いすぎた料金は、すべての審査が終わってから払い戻してもらえるようです。ホッ。

 

※2019年3月追記

2019年2月初旬、IRCCから払いすぎた分の返金がありました。手続きもお知らせもなく、夫の銀行口座に振り込まれていました(笑)

 

6. オープンワークパーミット申請費用(255ドル)

国内申請の場合は、永住権申請と一緒に就労許可(オープンワークパーミット/以下OWP)を申請することができます。

申請後4〜6ヶ月ほどで先にOWPをもらえる、ファーストレターと同時にOWPをもらえる、不合格になる人が多い等々…どの情報が正しいのか判断するのが難しいです。

これについては、進捗があり次第追記しますね!

※2018年7月、OWPが発行されました!申請から約3ヶ月ほどでした(*´꒳`*)

 

7. 書留発送料(40ドル)

軽く衝撃だったのがこの書留料金。

カナダの物価はかなり高いですが、それにしても40ドルって!書留&追跡付き・書類の量が多いことを差し引いても高い…とヘコみました(笑)

ちなみに、民間の宅配業者(Purolator)を利用しました。発送したのが日曜日の夕方で、カナダポストがすでに閉まっていたので。とにかく早く自分の手元から離したくて、意地でも発送したかったんです…。

 

8.健康診断/Medical Check(391ドル)

健康診断が207ドル、血液検査&レントゲンが184ドル、合計391ドルでした。

健康診断はメディケア利用不可でしたが、血液検査&レントゲンはメディケアが適用され、約半額で受けることができました。

バンクーバーやトロント等の大都市では、健康診断を受ける病院を選ぶことができ、病院によって金額が違うようです。受診前に電話で確認してから決めるといいと思います。

 

関連記事もどうぞ。

>>カナダ永住権の健康診断(メディカルチェック)の費用と流れを解説!体験談も

カナダ永住権の健康診断(メディカルチェック)の費用と流れを解説!体験談も

2018年10月25日

 

 

カナダ永住権【2018-2019年結婚編】申請・進捗状況まとめ

さて、2018年3月末にカナダの永住権申請を終えましたが、これから進捗状況をこちらにまとめていきたいと思います(*´v`*)

状況や進み方は本当に人それぞれだと思いますので、あくまで参考としてチェックして頂けるとさいわいです。

 日時  進捗状況
2018年3月25日 ミシサガへ書類発送
3月27日 ネットで受取を確認
 4月22日 夫にUCIとApplication Numberが記載されたメールが届く(AOR)
5月上旬 ヴィジタービザ延長の手続きをする
7月9日 OWP発行のお知らせが届く
7月17日 OWPが郵送されてくる
9月20日 健康診断の要請が届く
10月1日 健康診断を受診
10月25日 健康診断に合格(You passed the medical exam.)
2019年1月24日 you meet the eligibility requirementsのレターが届く
1月25日 夫のスポンサーシップ合格のお知らせが届く
1月30日
  • eCASが『Decision Made』に変わる(IRCCアカウントはまだ『In Progress』のまま)
  • 『Inland Landing Letter』が届く
2月28日 『CO-PR』が届く
(移民局の職員さんはInvitaitonと呼んでいました)
3月1日
  • IRCCへインタビュー(Confirmation of PR)へ
  • カナダ永住権を取得!
4月1日 郵送でPRカードを受け取る

 

IRCCの宣言通り、12ヶ月以内でカナダ永住権を取得することができました。PRカードの受け取りまで入れて、まるまる1年という感じです^^

 

進捗状況や流れについては、こちらで詳しくご紹介しています。

>>カナダ永住権ファミリークラス国内申請取得までの流れ【2018-19体験談】

カナダ、永住権、国内申請、ファミリークラス

カナダ永住権ファミリークラス国内申請取得までの流れ【2018-2019体験談】

2019年2月5日

 

 

カナダ永住権【2018-2019年結婚編】申請用必要書類のエラーまとめ

さて、永住権申請用の書類を準備していると、色々なエラーに遭遇します。

例えばこちら。

書類を開こうとして、そうそうにエラーが出るとがっかりしますが、大丈夫。いったんパソコンにダウンロードすれば開くことができますよ(*´꒳`*)

また、申請書類には『Validateボタン』をクリックしてバーコードを表示させる書類がありますが、バーコードが表示されないエラーもよく遭遇しました。

『Validateエラー』にまつわる解決策をまとめましたので、参考にしてみてくださいね(*´꒳`*)

関連記事もどうぞ。

 

 

カナダ永住権申請や書類作成で大変だったこと

カナダ、永住権、取り方、必要書類、費用

今回、カナダの永住権を申請するにあたって、一番大変だと思ったこと。

それは『明確なこたえを見つけることが難しい』『分からなくても質問するところがない』ということでした。

カナダ移民局の公式サイトを見ると、ある程度のQ&Aは掲載されているものの、『このケースはコレ!』というはっきりとした答えを見つけるのが難しい状況です。

しかも、電話やメールでの問い合わせにもあまり期待できません。

2016年にカナダで受理された移民の数は、なんと30万人!個人のケースバイケースの質問に個別に対応していてはキリがありませんよね。それは理解できるんです…!

それでも、大切な申請に対して公式な答えを見つけることができないのは、本当にストレスでしたし、調べるのにも時間がかかりました。

きわめつけは、ほぼ書類が揃った頃にIRCCのホームページで発見した『変更』の文字!楳図かずお先生の漫画ばりに『ギャーッ!』と叫びました(笑)

↓別の時に書いた『ギャーッ』ですが、まさにこんな気持ち。

A post shared by Sekaie Livefree (@sekaie_insta) on

結果として、いくつかの書類を差し替えるだけで済んだんですが、精神的にがっくりきましたね。

あと、夫が忙しすぎて、なかなか書類作成がはかどらなかったこともストレスでした。私一人ではできることに限りがあるので、これに関しては、もー何度もブチ切れました(笑)

『○月までに申請できなかったら、一人で日本に帰る!』と脅したり(´-`).。oO

永住権申請の書類を作成する際に、参考になったのが個人の方々が書いていらっしゃるブログの体験談です。公式には載っていないような注意点や苦労話など、本当に助けられました。

私自身まだ永住権への道なかばですが、できるだけ正確に情報を残し、いただいた恩をお返しできればなぁと思っています。

 

こちらもどうぞ。

>>カナダ永住権の情報収集に便利なサイト3選!質問相談ができる掲示板も

カナダ永住権の情報収集に便利なサイト3選!質問相談ができる掲示板も

2018年10月16日

 

 

まとめに

海外へ移住の最初の試練ともいうべきビザ。

取り方も不明瞭な中で間違いなく手続きを進めていくのは本当に大変です。今回、カナダ永住権申請(結婚用)の必要書類や費用をまとめていて、しみじみと痛感しました。

もちろん、移民弁護士さんを利用するという取得方法もありますが、自分たちでやることも十分可能です。

英語の書類を読み漁ることで英語力もアップした気がしますし、なにより夫婦2人でビッグプロジェクトを乗り越えて絆が深まった気がしています(まだ申請したばかりですが)。

いやーお互いに対する愛情がないとできない作業ですね!本当に!!(笑)

2018〜2019年のメインプロジェクトになりそうな永住権取得までの道のりは、これから進展があり次第、追記して行きたいと思います(*´v`*)

 

※永住権申請については、頻繁に変更があります。また、個人の状況によってケースバーケースです。これは私個人のケース・見解と捉えて頂いて、必ずIRCCのホームページで調べるようにしてくださいね!

 

Sponsored Link
Sponsored Link
カナダ、永住権、取得方法、とり方、ビザ、結婚

77 件のコメント

  • MAKOさん初めまして。
    詳しく書いて頂いていてかなり参考になっています。

    今spouseのカテゴリーで国内申請をしようとしているものです。自分でやっているので提出までにかなり時間がかかっていてかなり焦っています。

    いくつか質問をさせてください。もし似た状態のものがあれば教えて頂けると大変助かります!!

    – Docment Check Listのチェックリストに該当がないものはそのまま空白でだされましたか?全てN/Aと横に書いたほうがいいのでしょうか
    – IMM5669のPersonal Detailのところは、1週間日本に帰国しましたとかもVacationとして書く必要あるのでしょうか
    – 同じくIMM5669の両親のDate of deathの所はまだ生きている場合、手書きでN/Aとしましたでしょうかそれとも空白のまま出しましたか?

    回答が見つからず不安でしかたないです><
    宜しくお願いいたします。

    • めぐさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます。

      申請書類は出来るだけ空欄がないように気をつけました。
      なので、1つ目と3つ目のご質問の、チェックリストの該当なし、両親のDate of Deathの欄は、N/Aと手書きで書いたと思います。
      (うろ覚えですみません。N/Aって結構たくさん書いたのを覚えています、笑)

      IMM5669のPersonal Detailは、⑧Personal Historyのところでしょうか?
      私はカナダに来て以来、一度も帰国せずにそのまま申請→取得したので、この件については分かりません。ごめんなさい。
      でも、For exampleのところにtravellingと記載があるので、迷ってしまいますね(>_<) うちも全て自分達で永住権申請準備をしたので、なかなか準備が進まずに焦る気持ち、本当に分かります! 実際に私の場合、提出できたのはカナダに来て4ヶ月目でした(涙)。 本当に提出できるんだろうか…と途方もない気持ちになることもあると思いますが、ひとつひとつ片付けていけば絶対に終わります^^ 春もきましたし、あまり無理されないように頑張って下さいね! また何かありましたら、お気軽にコメントされて下さい!お待ちしています^^

  • MACOさん、はじめまして^ ^
    Twitterとブログいつも見ています。

    あとPR取得おめでとうございます!

    私も今現在バンクーバーに滞在して居て、これから国内申請する身としては、ものすごく助かるブログです!!
    細かい情報共有ありがとうございます(^^)

    質問なのですが、改正原戸籍謄本が必要なのは今の電子化される前に出生された方という捉え方で良いのでしょうか。
    私は平成7年生まれで、電子化されてからの戸籍から記録されているので提出する必要は無いですよね?(・・;)
    色んな方のブログを読んでいて、皆さん提出しているので理由が分からず色々しらべたのですが、MACOさんの言う、自分が産まれてから今までの記録という事を見て、そう解釈したのですが、、、
    何かアドバイスあればよろしくお願いしますm(._.)m

    結婚もカナダでしたので、まだ婚姻届を日本に出していないのですが、移民局が知りたいのは私のステータスについてだと思うので婚姻歴や離婚歴が無い限りは、マリッジライセンス提出で突っ込まれる事が無いことを祈っていますf^_^;

    • だんけさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます^^
      PR取得についても、嬉しいお言葉をありがとうございます。
      Twitterも見て頂いているとは!嬉しいです^^

      ご質問頂いた改製原戸籍の件ですが、
      たしか戸籍が電子化されたのは、平成6年でしたよね。だんけさんは平成7年にお生まれなんですね。

      今回コメントを頂いて、そういうケースもあるんだなとハッとしました。

      IRCCのホームページを見てみると、
      戸籍謄本や改製原戸籍のこういう部分をチェックしているようなので↓↓

      A copy and a certified translation of the “Kaiseigen Koseki Tohon”, including details of his/her birth, marriage, and divorce (if any). “Kaiseigen Koseki Tohon” is the original source document(s) of a re-established family register; all names of the family members, even the ones that have been removed due to death, marriage, change of residence, etc., must be included.

      参考:IRCC(Sponsoring your spouse, partner or dependent child)

      自分の経歴以外にも、家族全員が記載されている必要があるのかもしれません。

      私の場合、戸籍謄本と改製原戸籍の中に、
      『自分が生まれてから今まで』+『家族全員の情報』も記載されています。

      なので、電子化以降に生まれた方のケースについて、全く想像していませんでした。

      記事中の私の『生まれてから今まで』という表現で混乱させてしまっていたら、本当にごめんなさい。

      また、こちらの行政書士さんのサイト
      を見ると、電子化以前に除籍された家族がいないのか等もチェックされるのかなという印象を受けました。
      一番下の『戸籍と原戸籍で読みとれる内容』のところです。

      だんけさんが生まれる前の電子化以前の書類(改製原戸籍)も添付すると、その辺も証明できそうですよね。

      あれこれ頭を捻って調べてみたのですが、
      あまり明確な回答ができなくて申し訳ありません(>_<) バンクーバーはもうすぐ春が来る頃でしょうか^^ だんけさんの永住権申請がスムーズに進むように祈っています^^

      • MACOさん、分かりやすく説明していただいてありがとうございます!

        なるほど、そういうことなんですね。
        弁護士を通してやっているのですが、インド系の方で日本人相手に永住権取得をした事が恐らく無い為、聞いたところで???と返ってくるのが目に見えていて困っています、、笑笑
        MACOさんはどこまで遡った改製原戸籍謄本を取得しましたか?
        私の場合、曾祖母まで生きているので、その分も記載されているとこまで取得するべきなのでしょうか?(・・;)
        全ての家族と言っても、遡ろうと思えばどこまででも遡れるはず?なので、疑問に思いました、、、(・・;)

        度重ねての質問責めお許しください(>_<)

        • わーーー曽祖母様までお元気なんですね!すごい!!

          うーん、たしかにall names of the family membersがどこまで必要なのか、
          悩みどころですよね。

          私の場合は、

          ①結婚後の戸籍
          ②父の戸籍に入っていた時の戸籍(結婚前)
          ③父が祖父の戸籍に入っていた時の戸籍(私が生まれたのはここ)

          の3種類を取得しました。

          ③の時に自分が生まれていたので、そこまで遡って戸籍を取得し、
          その結果、祖父母の名前も記載されていますが…。

          でも、もし仮に②の時点で自分が生まれていたら、
          ①②だけしか取っていなかったかなーとも思います。
          (そうであれば、結果的に父、母、私、兄弟のみ証明する感じ)

          弁護士さん、インド系の方なんですねー。
          日本の戸籍制度は特殊なので、質問するのも難しそうですね。

          とはいえ、弁護士さんもいろんなケースを扱われるかと思いますし、
          一度、どこまで戸籍に載っていればいいか聞いてみられてはいかがでしょうか?
          『all names of the family membersってどこまで?』みたいな感じで。

          余談ですが、私は夫に戸籍関係の書類のことを聞かれるのが一番嫌でした(笑)
          英語で説明するなんてムリ(´-`).。oO 難しいですよね。

          ストレスを溜めすぎない程度に、頑張ってくださいね^^
          うまくいきますように。

          • そうですよね!
            書いてくださっていた部分をちゃんと理解せず質問してしまいました(*_*)

            なるほど、、、
            私は一人っ子ですが、両親が結婚したのは電子化される前なので、そこから私が産まれる数年の間に変更点があった場合は移民局が求めている事となるので、取得しておいた方が無難そうですね(^^;)
            曾祖母は90越えですが、祖母より元気です笑
            私は東京、曾祖母は青森に住んでいて私は赤ん坊の頃にしか会ったことないんで顔も分からないんですけどね( ゚д゚)
            元気で居てくれれば何よりです笑

            そうなんです、私が住んでいる地域がインド系がすごい居る市でして、、、
            インド系移民相手は慣れていると思いますが、出生証明も取ってきてと言われた時は、???でした笑
            日本語で言われてもピンと来ないものを英語で要求されて初めの頃は泣きそうになりながら色々調べていた中でMACOさんのブログを見つけたので、本当にその時は心が救われました!^ ^

            そうですね!一度聞いてみます^ ^
            分かります、その気持ち!
            私も夫からnotary publicやら birth certificate やらの単語が連発された時は本当に心が病みました笑

            MACOさんはカナダ入国した時はビジターで延長手続きされましたか?
            私はビジターで今入国してるので、書類関係不備出た場合を考え念の為に延長願いをしようかと思っています。
            もし、その事についてなどで、あんな事あった!などの経験が終わりでしたら差し出がましいですが記事にしていただければ大変嬉しいです!(*^^*)

          • ひいお祖母様、お祖母様よりもお元気なんですね。勝手なイメージですが、雪国のお年寄りはお元気なイメージがあります^^

            だんけさんがお住いの地域は、インド系の方が多いところなんですね。

            インドや中国の方は移民人口が多いので、永住権等の事務手続きも慣れた弁護士さんが見つかりやすそうだし、色々と生活しやすそうだなぁとうらやましいです。食材とかも手に入りやすそうだし、美味しいレストランも多そうです^^

            話は戻りますが、戸籍の件はぜひ一度弁護士さんに聞いてみられて下さい。
            きっと何かしらの回答を下さるのではないでしょうか^^

            ブログの件、嬉しいお言葉をありがとうございます^^
            私自身、永住権の手続きを始めた頃は右も左も分からなくて、いろんな方のブログに助けられたので、そう言って頂けるとすごく嬉しいです。

            『Notary Public』←私も悩みました(笑)

            カナダ入国についてですが、最初は6ヶ月のビジターで入国し、1回延長したところでオープンワークパーミットが取れ、滞在資格が就労ビザに切り替わりました。

            ビジタービザはネットで申請して、結構簡単にできたので、特に体験談はないんです(>_< )ただ、1ヶ月以上時間がかかったような…。 永住権申請から取得までの流れは、こちらの記事で詳しくまとめていますので、参考になれば嬉しいです^^ カナダ永住権ファミリークラス国内申請取得までの流れ【2018-2019体験談】

  • コメント失礼します。
    初めまして、4月に渡航予定のAYAKAと申します。
    MACOさんのように日本で書類を集めてカナダPRの申請予定です。
    娘たちは現在カナダのパスポート取得中。。。
    申請をしている間、海外保険はどうなさいましたか?何ヶ月ぐらい入っていたのか?
    どこかオススメの所があれば知りたいです。
    よろしく御願いします。

    • AYAKAさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます。

      来月渡航されるとのこと、気候のいい時期に明るいスタートになりますね^^

      ご質問いただいた海外保険の件ですが、
      私は、カナダの保険会社BIISが取り扱いをしている
      Allianz Global Assistanceの『インパトリエイト保険』に加入してきました。

      期間は最初6ヶ月で加入し、一度更新→中途解約しました。

      タイムライン的にはこんな感じです。

      2017年11月 保険加入してカナダ渡航
      2018年3月 カナダ永住権申請
      2018年5月 インパトリエイト保険が契約満了→6ヶ月更新
      2018年7月 OWP取得→州保険取得、インパトリエイト保険を中途解約

      OWP(オープンワークパーミット)で州保険に加入できるかどうかは、州によるようです。
      OWPを一緒に申請されるようであれば、移住先の州規定を調べてみて、
      プライベート保険の期間を検討されてみてはいかがでしょうか^^

      また、途中で中途解約するかもしれない場合は、
      返金に条件があるので、その件も一緒に保険会社に相談をされるといいと思います。

      ちなみに、私がインパトリエイト保険を選んだ理由は、
      カナダでの妊娠出産に関する費用がカバーされるからでした(条件あり)。
      補償を最大でつけても月額1万円ちょっとだったので、日本の海外旅行保険で加入するよりも安いと思います。

      日本の海外旅行保険、目が飛び出るほど高いですよね…。

      BIISは、インパトリエイト保険以外にもいろんな保険を取り扱っているので、一度問い合わせされてみてはいかがでしょうか^^
      日本語でメールができて安心ですよー。
      申し込みも全てネットで完結します。

      ちなみに、こちらです。
      https://www.biis.ca/ja/

      渡航までの期間、お忙しいかと思いますが、無理されないようにして下さいね^^

  • こんにちは、初めまして!
    カナダで申請準備中で、いつも参考にさせていただいてます^^出生証明書のことでお尋ねしたいのですが、出生証明書は提出されましたか? インターネットでは、戸籍謄本が出生証明証の代わりになると書いてあったり、証明書そのものが必要だと書いてあったりで戸惑っています。

    • Shioriさん、こんにちは。
      コメントと嬉しいお言葉、ありがとうございます^^

      私は出生証明書は提出しませんでした。
      戸籍謄本と改正原戸籍で代用したと思います。特に、追加書類を求められることもなかったです^^
      ご参考になれば幸いです。

      申請書類の準備、とても大変かと思いますが、ストレスを溜めないように&体調を崩されないようにされて下さいね!
      Shioriさんの申請がスムーズに進むよう祈っています^^

  • MACOさん、お久しぶりです。
    カナダの永住権申請の書類集め途中ですが、3月からカナダに移住し、
    カナダで引き続き申請頑張ります。

    • chipiさん、こんにちは!おひさしぶりです^^
      わー3月にお引越しされるんですね! 地域にもよるとは思いますが、3月だと春に向かっていく良い時期ですね^^

      永住権は国内と国外、どちらで申請するか決まられましたか?(*´艸`*)
      寒い時期に、書類集めにお引越し準備にと大変かと思いますが、どうぞ体調を崩されないようにされて下さいね。

      コメントありがとうございました。こうして近況等をお知らせ頂けるのは、本当に嬉しいです^^

      • MACOさんお久しぶりです。3月無事にCanadaに引っ越しました。4月に国内申請しました。今はLa Pocatiereの町で暮らしています。ただ4月に申請しましたが、受け取りのメールがきません。不安で仕方がないです。

        • chipiさん、こんにちは!おひさしぶりです^^

          お引越しも永住権申請も済まれたんですね!おつかれさまでしたー。
          受け取りのメールがこないのは不安ですね。

          利用された運送会社の配達状況はチェックされましたか?
          あと、canadavisa.comの同じ時期に永住権申請した人のフォーラムを覗いて、
          他の方がどんな状況なのかチェックしてみられてはいかがでしょうか。

          IRCCに聞いて回答がもらえるのかどうか分かりませんが…(>_<)
          思いつくのがこれくらいで、あまりお役に立てなくてごめんなさい。

          はやくなんらかの進展があるように微力ながら祈っています。

          • MACOさん、こんにちは。昨日、提出した書類が、書類不足の為戻って来ました。すぐに足りなかった書類を集めて再度提出します。

          • chipiさん、こんにちは!

            そうだったんですねー(>_<) 頑張ってくださいね、うまくいくよう祈っています^^

  • ついに来ましたねー!
    でも、ここでスポンサー不合格とか言われたら切れますよね、健康診断費用返せよって言いたい笑

    次の進捗報告楽しみにしてます。Macoさんの永住権取得までもうすぐですね

    • こしさん、こんにちは!

      やっとここまで来たかとウキウキしています。あ、私の書類、忘れられてなかったんだなーと安心も半分。
      ここでスポンサー不合格は切れますね!そうそう、健康診断、高かったのに(笑)
      スポンサー可否の連絡ってもっと初期の方にくるのかと思っていたので、こんなタイミングできてびっくりしました。

      いつも気に掛けて頂いてありがとうございます。こしさんの審査もスムーズに進むように祈っています^^

        • こしさん、ありがとうございます!
          ひとまずホッと一安心です^^

          こしさんの朗報もお待ちしています。早く取得できますように!

      • スポンサー合否って初期に来るべきですよね、だってここで不合格なら今までの時間と費用を返してよって泣きじゃくなりますもん笑 取れるもん取ってから突き放すなんて、人権国家カナダのすることなの?って詰め寄りますよ笑

        Canadavisa.comで8月申請組のトピックを見てるのですがみんな次のプロセスであるeligibilityの審査がいつ始まるのかソワソワしています笑 でもMacoさんがやっと受け取ったということは我々はまだまだ先ということなんですかね・・「7月組が審査始まったみたいよ!」とかわざわざ教えてくれる人とかいるんですけど、まだまだ先だよーと伝えようと思います。

        IRCCの約束通り1年でPR下りるのか楽しみですね^^

        • >スポンサー合否って初期に来るべき

          そうそう、本当にそう思います。むしろ、スポンサーについては、合格の場合は連絡しなくなったんだろうなーと勝手に思っていました(笑)ここで不合格だったら、詰め寄りますねー。『ここにきてまさかそこ?!』みたいな…(笑)というか、スポンサー判定前にOWPがもらえるのも不思議な話だなぁと思います。ありがたいことなんですけどね。

          フォーラム、しばらく覗いていなかったので、私も見てみよー(悟りの境地に入ってました)。
          永住権って本当に人それぞれですし、掲示板の情報が一番リアルというか。不思議な一体感を感じますよね(笑)

          >「7月組が審査始まったみたいよ!」とかわざわざ教えてくれる人

          かわいい(*´艸`*) ソワソワが伝わってきます。皆さん、親切な方が多いですよね。

          だけど、こしさんは健康診断もすごく早かったし、一概に先の話ではなさそうな気もしますね!
          最速記録が出ることを期待^^

          >約束通り1年

          よく考えたらあと2ヶ月で1年です。どうなることやら、静かに期待して待ちたいと思います^^

  • Macoさん明けましておめでとうございます、お元気ですか?
    もうすぐ1年経つので永住者になれるまでもうすぐですね。
    私は先月OWPが届き、現在就職活動中です。
    Macoさんからの朗報を楽しみにしていますね!!

    • こしさん、おひさしぶりです!
      あけましておめでとうございます^^

      おかげさまで元気にしています。こしさんもお元気ですか?

      わー! OWP取得おめでとうございます!大きな一歩ですね!!!
      さっそく就職活動をしていらっしゃるんですね、すごい!!
      こうして進捗状況のお知らせを頂くと、私も頑張らなくてはなぁという気持ちになります^^
      ありがとうございます。

      PR審査、本当に進んでいるのか疑問に思うくらい待ち時間が長いですが(笑)、
      こうして動きがあると、少しずつ永住権取得へのプロセスを進んでいるんだなーと実感するきっかけになりますよね!
      こしさんは次は健康診断ですね〜^^

      年が明けて冬本番がやってきましたね。
      どうぞ体調を崩されないように、就活頑張って下さい。
      お互い元気に冬を越しましょう!
      また動きがあり次第、こちらの記事でご紹介させて頂きます^^

      • Macoさん、実はOWPの前に健康診断のリクエストが来てもうパスしてるんですよ。申請して4ヵ月以内で健康診断パス、OWP取得まで進み次はバックグラウンドチェック待ちです。特に何も犯罪歴ややましいことはないので大丈夫と思いますがハラハラしてます。
        Macoさんはそろそろインタビュー連絡来てもおかしくないですよね。大したことは聞かれないらしいですけど緊張しそう。進捗状況の更新を楽しみにしてます(^_^)

        • えぇーーーそうなんですか!
          4ヶ月以内で健康診断まで終わるって、すごくスムーズだったんですね。速い!!
          わー明るいニュースに1人でウキウキしています(笑)。

          バックグラウンドチェックのハラハラする気持ち、分かります。
          私も特に指摘されることはないはず…と思いつつも、予想外のことを突っ込まれたらどうしようと心配してしいます。
          今はもう、追加書類を要求されないことを願うばかりです。お互い無事に進むと良いですね^^

          インタビューとランディング、最終章ですね。絶対緊張しますねー(>_<) 私もこしさんからの永住権取得のお知らせを楽しみにしています!^^ いつもありがとうございます。

  • MACOさんこんにちは! ご無沙汰してます。
    いつもインスタ楽しく読ませていただいています♪
    PR申請はその後いかがでしょうか?
    私も本日ついに書類一式を送りました!

    カナダポストより民間のキャリアを使った方が
    細かく追跡できると聞いたので初めてDHLを使いました。
    日本からだと5,500円と高額でしたが、安心には代えられないと・・・。
    あとは書類が帰ってこないことを祈るのみです。。

    • コニーさん、こんにちは!おひさしぶりです^^

      わーーー!書類を提出されたんですね!お疲れ様でした^^
      無犯罪証明書の取得から、あっという間に書類の提出まで終わられたんですね!(最近でしたよね^^)
      ご報告頂きましてありがとうございます。嬉しいです。

      DHLで送付されたんですねー。たしかに、カナダポストだと書類・荷物の動きがあまり更新されないことが多いですもんね。追跡の意味があまりないというか(苦笑)。しかも、カナダポストは最近まで長めのストライキをしていましたし、民間の運送会社の方が安心できそうですね^^

      何事もなくスムーズに手続きが進むよう祈っています。

      私の永住権審査は健康診断を合格して以来、なんの進展もありません(涙)。
      すでに永住権を持っている方に『健康診断をパスした』と話すと、『じゃあ、もうそんなに時間かからないね』と言われることが多いのですが…。便りがないのは良い便りというか、最近はもう無の境地で待っています。

  • MACOさん、こんにちは。コニーです。
    ちょっとご無沙汰でした。
    保険証券や公共料金の領収書を付けようと思うのですが、これらの翻訳は自分で大丈夫ですか?
    戸籍謄本関係はトランスゲートさんにお願いしました。

    • コニーベアさん、こんにちは!おひさしぶりです^^
      翻訳、トランスゲートさんにお願いされたんですね!迅速・丁寧で感じがいいですよね。

      保険証券や領収書などのproof of relationshipの補足書類は、私の場合、全てカナダで発行された書類だったため英語だったんです。なので、日本で発行された領収書等の書類の翻訳については、分かりません。せっかくコメントを下さったのにすみません。

      IRCCの『Immigration, Refugees and Citizenship Canada→Corporate information→Contact us』から、直接IRCCに質問を投げることができるので、一度確認をされてみてはいかがでしょうか。

  • こんにちは、初めまして。
    カナダ人と結婚し、現在ビジターで、カナダに滞在中で、国外申請しております。
    ですが、本日、書類不備のため、戻ってきてしまいました。また振り出しに戻った気分で、しんどくなってしまい、この記事に辿りつきました。
    もうやりたくないよーと半泣きだったのですが、もう一度書類見直して、頑張りたいと思います。
    突然のコメント失礼いたしました!

    • ミミさん、こんにちは。
      突然のコメントすみません。
      日本国内からの申請を準備しているものです。
      私もこれから申請するので、参考にしたいのですが、不備とは何が足りなかったのしようか?
      お教えいただけると助かります。

      • 詳しく書かず、申し訳ありません。
        不備といっても足りないものがあったわけではなく、国外申請が、6月から送り先が変更になりました。そのため、最初のチェックリストを新しいフォーマットを使って、送り直して欲しいという内容でした。
        すでに準備は6月前からしていたため、新しいフォーマットになったことを知らなかったんです。
        突然変更があるかもしれないので、送る前に、そのあたり確認されると良いかと思います!

        • チェックリストの変更だったんですね。フォームを変更するなら前後半年くらいは旧フォームでも受理して欲しいですね(´-`).。oO
          我が家も書類を送付するほんの少し前にフォームが変更になり、夫婦で『ギャーッ』と叫んだ覚えがあります。

          本当に試されている、トラップ多すぎですね(笑)

        • ミミさん、こんにちは。
          なるほど〜。そう言う事だったんですね。
          コメントありがとうござます。
          そしてお疲れ様でございました。
          頻繁に予告なく変更があるやに聞いてはいましたが、これはもう申請者を試してる?としか思えないですね。
          私も気をつけたいと思います。

    • ミミさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます。

      国外申請&ビジターで滞在していらっしゃるんですねー!
      不備で戻ってきてしまったとは…(>_<)精神的にがっくりきますね。 我が家は3月末に書類提出して以来、ごくたまにほんの少しずつ進展があるものの、待ち時間の長さに疲れ気味です。 永住権申請、本当に精神的に鍛えられますね(涙)。 書類の再提出は大変かと思いますが、ストレスを溜めすぎないようにされてくださいね! ミミさんの申請がうまく進むように祈っています^^

  • ブログ拝見させてもらいました。今回のケースは旦那様がカナダ人ってことでの申請なんでしょうか??私の場合、ワーホリを1年し、最近日本に帰国しています。彼氏がいますが、彼はインド人でオープンビザ?を持ちカナダで働いていますがPR はまだ持っていません。そして私は現在妊娠をしています。カナダに戻りたいですが彼もPRを持ってなく私も観光VISAか学生VISAでカナダに戻るしかないのですが、それだと毎月の病院に通うためのカナダの保険証がありません。なので彼がPRを取れるまで日本で待つしかないのかなと思ってます。VISAなど取るにあたって無知過ぎて何からするば分からない状況です。もしこの様なケースの場合何かアドバイス等あれば教えていただきたいです。よろしくお願いします。

    • Seriさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます^^

      はい、夫はカナダ人です。

      妊娠されているんですね、おめでとうございます^^

      私は永住権のいち申請者にすぎないので、参考程度に聞いて頂きたいのですが、

      ・彼が永住権を申請した場合、どのくらい期間がかかるのか
      ・オープンビザ(または彼氏というステータスで)でSeriさんのスポンサーになることができるのか

      をチェックしてみられてはいかがでしょうか^^

      学生VISAとその保険、オープンビザについては、全く知識がなくて…申し訳ありません(>_<) エージェントには初回無料カウンセリングを実施しているところもあるようなので、一度ご相談されてみてもいいかもしれません。なんだかあまり答えになっていなくてごめんなさい。 お身体、大事にされてくださいね^^

  • こんにちは!日本からファミリークラスの申請を考えているものです。
    ネットで調べたエージェントにメールしたところ申請代行は3,000ドルといわれ、やはり自分でやろうと心を決めたものの、何をどうしたらよいのか分からずこちらのサイトを彷徨っていた時に、こちらのページを見つけて小躍りしました!
    こと細かに記載していくださっているので助かります。本当に本当にありがとうございます♪
    すべてこれからですが、内容を読み込みさっそく取り組んでいきたいと思っています。
    また質問などさせていただくこともあると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

    • コニーさん、こんにちは。
       
      わーーー嬉しいコメント、本当にありがとうございます^^ すごくすごく嬉しいです!
      エージェントにお願いすると高いですよね。
      ただでさえお金がかかる永住権申請と海外への引っ越し、とにかく削れる経費は削ろうと我が家も全て自分達でやりました。
       
      私は現在、夫のスポンサーシップ審査の結果を待っている状態です。
      まだまだ永住権への道半ばで不確定なことばかりですが、
      『私の場合は』という範囲でお力になれたらと思いますので、いつでもコメント下さいね^^
       
      永住権書類作成はストレスがたまるかと思いますが、あまり頑張りすぎないようにされてくださいね!
      こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

      • MACOさん、こんにちは!
        申請状況はいかがですか?進展ありましたか?

        私の方はぼちぼち申請に手を付け始めたところですが、ひとつ質問です。
        Police Certificates についてです。

        ガイドによると
        The Principal applicant and each family member 18 or older (who are not already Canadian citizens or permanent residents) must submit ・・・
        とありますが、日本の家族の分も必要?ですか。

        あと、HP上でアカウントを作る必要があるようですが
        これはどの段階で必要ですか?

        あ、それからインスタもフォローさせていただきました!
        綺麗な写真がいっぱいで楽しいですね。投稿も楽しみにしてます♪

        • コニーさん、こんにちは!おひさしぶりです^^
          永住権の進捗ですが、最近ちょっと進展がありました^^ 結果が出てからブログでご報告させて頂こうと思っていたところでした。

          Police Certificatesは、私は自分の分だけ申請・取得しました。私個人の見解で申し訳ないのですが、家族みんなで移民する場合に家族の分も必要になるのかなーと思いました。永住権書類と一緒に送付して、今のところIRCCからは何も言われていません。

          アカウントを作るタイミングについては、今夜夫が帰ってきてから聞いてみますね!

          ええーっインスタ、フォローして頂いたんですか!ありがとうございます。すごく嬉しいです^^
          できるだけ毎日更新したいと思っているのですが、冬になったら滞りそうなので(笑)そう言って頂けると励みになります^^

          • MACO さん、こんにちは。
            はい!是非!
            私の拙い体験ですが、どなたかの役にたつならばぜひ使ってください!

          • ありがとうございます^^
            記事の方へ一部転載させて頂きますね!きっとこれから取得される方の参考になると思います^^

          • MACOさん、こんにちは。
            無犯罪証明書の取得についてのコメント拝読しました。
            私の体験も少し記載させていただきます。
            桜田門の警視庁ビルの周辺には警察官が沢山いまして、そのうちの1人に入り口を聞いたところ、何しに行くのか聞かれました。
            その後も正面入口にも警官がいて要件を言うと入口脇の受付に案内されました。そこで、再度要件を伝えて訪問者カードに記入。横の待合室で待つように言われます。
            待合室で待つこと数分。係りの方が迎えに来てくれて、事務所に連れて行ってくれます。歩いてすぐです。その前に駅の改札のようなゲートがあり、渡された訪問者パスをかざしてゲートを通ります。
            事務所では要件を聞かれ申請書に記入。そして、無犯罪証明書が必要な事が分かる証明書を求められます。ここで浅はかな私はチェックリストしか持っていなかったのですが、私の名前が入った書類じゃないとダメと言われました。

            ですが、申請前なので移民局からのレターもない旨を説明したところ、申請前の申請書でも良いと言われましたが持参していなかったため、あわや出直しかと思っていたらデータでも良いとのこと。たまたまスマホに保存していたのでそれをみせて申請書をやっと受理してもらえました。
            その後、指紋を全部の指にとられて、12日後に取りに来るように引換証をもらいました。
            帰りはまた係りの方が受付まで同行してくれ、パスをかざしてゲートをあけ、パスを返却して終了です。
            今回の反省点、結果として受理してらもらえましてが、訪問前に電話をして必要な書類を確認すべきでした。
            これからの方はお気を付けください!

          • コニーさん、こんにちは!
            わー体験談、ありがとうございます!警視庁のピリッとした雰囲気が伝わってきました。
            名前が入っている書類じゃないとダメだとは、かなり厳しかったんですね。私の県は田舎だからなのか(?)、サッと確認されただけでした(名前入りじゃなかったと思います)。

            無事に受け付けてもらえてよかったですねー!^^
            永住権の書類、少しずつでも書類が揃っていくと達成感がありますよね。

            せっかくの体験談なので、ブログの方に一部転載させて頂いてもよろしいでしょうか?これから取得される方の参考になると思うので^^

          • MACOさん、丁寧なコメントありがとうございます!今日、警視庁に無犯罪証明書を取りに行きましたが、当たり前ですがセキュリティが厳しくて緊張しました!
            また、ご報告させていただきます。

          • コニーさん、
            おおー警視庁に行って来られたんですね!
            ちょうど昨日、警視庁のサイトを確認しながら無犯罪証明書の記事を書いていたところでした(途中で寝落ちしましたw)。

            セキュリティ厳しいんですね、さすが警視庁。私は田舎の県だったので、ゆるくもなく厳しくもなく、独特の雰囲気の中での取得でした。
            またご報告楽しみにしていますね^^ いつもありがとうございます。

          • MACOさん、早速の返信ありがとうございます。
            また進展があったとのこと。
            良かったです!

            他の方のブログを見ても日本に残る家族の分も取得したとの記載がないので、自分の分だけで良さそうですね。

            私のインスタはほとんど更新してないので、お恥ずかしいですが、フォローありがとうございました!
            あと、写真や公共料金の支払いなどの証拠類は現物を送りましたか?
            その場合、返却してもらえるのでしょうか?

          • コニーさん、こんにちは。
            ありがとうございます^^ 進展について、早くブログでご報告できたらなと思います。
            インスタ、こっそり見に行かせて頂きますね^^楽しみ。

            私は公共料金の領収書は送っていないのですが、写真や飛行機のチケットは全てコピーを送りました。特に写真は、Pages(Word)を使って、1ページに数枚ずつ貼り付けたものをプリントアウトして送ったので、もう全然原本ではないですね(笑)

            今のところはですが、特にIRCCからは何も言われていません。

            いつもチェックしているフォーラムには、現物は後から返却されるという意見と、返却されないという意見の両方があるようです。

            2016年のちょっと古いスレッドですが、CANADAVISA.comのこのページ

            迷いどころですよね。領収書等は原本を送る場合、コピーを取っておいた方が良さそうですね。

            あと、夫にアカウント作成のタイミングについて聞いてみたのですが、はっきりと覚えていないとのことでした。お役に立てずにすみません。

      • MACOさん、こんにちは。

        私もこれから永住権申請をしようと思っています。現在日本在住で国内申請にするか国外申請にするか迷っています。

        • chipiさん、こんにちは!
          コメントありがとうございます^^
           
          現在日本にお住まいなんですね〜!私も永住権申請、国内にするか国外にするかすごく悩みました。
          我が家は、夫の帰国の時期が急に決まったこと、帰国の時点で永住権申請の準備を始めていなかったこと、遠距離になるのが嫌だったことを理由に、国内申請を選びました。
           
          国内申請を選んでよかったことは、夫婦一緒にいられることでしょうか^^
           
          逆に、悪かったことは、カナダから出国できないこと、州の保険がもらえるまでプライベートの保険が必要になることです。特に、保険については、カバーされるものとカバーされないものがあるので、『カバーされない事例で病院に行くことになったらどうしよう』といつも不安でした。実際に、一部自己負担の事例で病院に行き、実費で支払ったことも。(保険会社が悪いわけではありません)
           
          また、ビジターの立場だと、働けないという制限もあります。
           
          私自身、まだ永住権がおりるのを待っている状況ですが、できることなら、永住権を持った状態で渡加したかったなーというのが本音です(笑)すべて揃っての移住の方が、生活の基礎の部分(保険や仕事等)で心配事が少なめな気がするので。
           
          あまり参考にならないかもしれませんが、chipiさんとご家族にとって、ベストな申請方法を選択できるよう祈っています^^

          • お返事ありがとうございます。夫婦で色々調べているのですが、結構な書類がいるので集めるのも大変ですね。日本の配偶者ビザ以上に、揃えないといけない書類がいっぱいあるような・・・><
            MACOさん無事に永住権がおりるといいですね。

            移住するにしても私自身、言葉が日常会話以下なので猛勉強しないとです。MACOさんは、言葉は問題なかったのですか?

          • ありがとうございます。chipiさんの申請もうまく行くよう祈っています^^
             
            カナダの永住権の書類、すごく量が多くて大変ですよね!記事にも載せているように、完成した申請書類は一冊の辞書のようなボリュームになって、ドン引きしました(笑)作成する側も大変ですが、審査する側も大変だなーと(´-`).。oO
             
            そうですよね、カナダに比べて日本の配偶者ビザのなんと簡単だったことか…(笑)結果が出るまでの期間も短かいですし、申請料も数千円と安かったことを覚えています。
             
            英語は私も現在習得中です。夫との会話が英語と日本語が7:3くらいのごちゃまぜなので、カナダ人の友人と話す時にとっさに単語が出てこないことがしばしばです。永住権がおりると無料の語学学校に行けるので、そこまではのんびり暮らそうと思っています^^

  • こんにちは!
    MACOさん同様に今PR申請中の者です。
    もうオープンワーク許可されたんですね!
    私は2月終わりにPRの申請をしたのですが、ワークは一緒に提出せず2ヶ月後に別で提出しました。
    (ワークいらないやーと思ってたのですが、クレジットカードを作る際にSINカードが必要と言われ,,,><)
    先日メディカル検査の方は通知が来たのですが、ワークの方はまだでして。
    ブログを拝見させて頂きましたが、オープンワークは許可が下りない人は多いのですか?
    ちょっと心配になりましたのでコメントさせて頂きました。

    • Kanaさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます^^
       
      オープンワーク、どのくらいの確率でもらえるのかは分からないんですが、ネットの情報を見ているといろんな意見があって、私も不安になりました。どの情報も許可が下りるタイミングや期間がバラバラで、本当に人それぞれなんだなーという印象です。記事にも追記しているように、私の場合は3ヶ月ちょっとかかりました。あまり参考にならなくてすみません(>_<)     2月の終わりに申請されたんですねー。 ということは、メディカル検査の通知、6ヶ月くらいかかったということでしょうか?私は3月末申請で、まだスポンサー申請の返事も来ていないので、心配になっていたところでした。すごく参考になります、ありがとうございます^^     どのプロセスも時間がかかる上に明確な答えもないので、すごく不安になりますよね。 Kanaさんのオープンワーク、はやく無事に許可が下りると良いですね!お互いスムーズに手続きが進みますように^^

  • 初めまして!私もファミリークラスでPR申請を控えていまして、現在書類を準備中です。
    IMM5669について質問があります。チェックリストを見るとValidateされていること、署名ボックスの下に名前をタイプすることが書類の条件にありますが、この2項がどうしても出来ないのです。検索したら他にもValidateできなくて困っている投稿が散見され、どうすればいいか途方にくれています。IRCCに質問メールはしたものの、MacoさんはValidateできたのか気になってしまいました。

    回答頂けたら幸いです。
    丁寧にブログで解説頂き、とても助かっています。IRCCのHPとMacoさんのブログを往復する日々が続いています笑

    • こしさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます。
       
      Validateというのは、最後にボタンを押してバーコードみたいなのを出す工程でしょうか??
      恥ずかしながら、入力作業はほとんど夫がしてくれていたので、あまり分からなくて(>_<)   でももし、こしさんがおっしゃっているのが、『ボタン押す→バーコードが出ない』のエラーのことだったら、 うちの夫も同じことですごく怒っていた記憶があります(むしろ、それが一番ストレスだったみたいで)。そのエラーのことでしょうか??   嬉しいお言葉、本当にありがとうございます。そう言っていただけるとすごく嬉しいです^^ 私もまだ永住権への道なかばで、色々と不確定なことばかりですが、お互い頑張りましょうね^^

      • Validate→バーコードが表示されないエラーに対して、我が家が試してみた解決策を記事にまとめました^^
         
        カナダ永住権申請書類をValidateできない・バーコードが表示されない時の解決方法
         
        永住権申請した時に、エラーの記事も書こうと思ってすっかり忘れていたので、思い出せてよかったです。ありがとうございました。(このエラーのことじゃなかったら、すみません)
         
        署名ボックスについては、夫に聞いてみたんですがあまり覚えていないようで(>_< )この掲示板のこちらの質問・回答が参考になるかもしれません。   CANADAVISA.comのこのページ

        • Macoさん、迅速に回答いただきありがとうございます!!
          ご主人が殆どの入力をやってくれただなんて羨ましい限りです。うちは真逆で夫があまりやってくれないので、私がほとんどの入力を行ないました。涙 それでもケツを叩いて多少やらせましたが・・・笑

          私のPCはWindowsでブラウザを変えてみてもダメでした。ビザ関連の掲示板を見つけそこで同じ投稿している方がいたので読みふけっていたら、回答者がValidateできるフォームにいけるURLを貼ってくれていました。これで私の問題は全て解決できました。なぜIRCCの公式に貼られていないのか謎です。
          解決方法のブログ、多くの方の助けになると思うので書いてくださってありがとうございます!ご主人のF*ckな気持ち、分かりますよ、本当に。記入したはずなのに消えていたりして、イライラしっぱなしでした。うちはプリンターがないので図書館で印刷したのですが、紙をなんども無駄にしました。保存する前に確認して、保存してからも確認して、いざ印刷したら消えてたり笑 何がなんだか分かりませんが、とりあえず申請までこぎつけそうなので一安心です。

          これからも更新楽しみにしています^^ 

          • こしさん、こんにちは。

            Validate可能なフォーム、教えて頂いてありがとうございます^^ さっそく記事に追記させて頂きました。どなたかのF*ckの叫びを解決できると良いなぁと思います^^
             

            書類作成、ご自分でされているんですね。英語ネイティブな夫も根を上げていた作業、ご自分で作成されたとは本当に頭が下がります。
             

            うちも大量の紙を無駄にしました!印刷したら消えているなんてもう『不思議』としか言いようがないですよね(笑)でも、そういう不思議が頻発しますよね、永住権書類。夫は普段すごく温厚なんですが、永住権関係の作業をしている時はすごく怖かったです。デトロイトメタルシティのクラウザーさんのような雰囲気が出ていたというか(マニアックですみません)。
             

            お互い無事に永住権を取得し、はやく笑い話にできると良いですね^^

  • 初めまして!私もPR申請予定ですが1点伺いたい事があります。ご家族で日本からカナダへ引っ越して申請されたとの事ですが、入国は観光ビザでされましたか??もしそうだとしたら、どのように入国審査対応されたか教えていただきたいです。
    私はカナダ人の主人と一緒にカナダへ戻るのですが、入国審査で最大の6ヶ月の滞在を希望すべきか、安全に数ヶ月のみと言うべきかで悩んでいます。pr申請予定であることや、半年間の滞在を希望すると別室送りもしくは入国拒否になると聞いたことがあり不安です。同じ状況ではないかもしれませんが、参考までにどのように入国審査を受けられたかお教えいただけますと幸いです。宜しくお願い致します!

    • Ayaさん、こんにちは!コメントありがとうございます^^

      私は観光ビザ(ビジタービザ?)で入国しました。滞在理由は『家族に会うため』でした。私の場合、主人は数ヶ月先にカナダに帰国していたので^^ 話の流れで入国後にPR申請する旨を説明するつもりでいたのですが、入国審査は拍子抜けするくらいあっさりしていて(笑)帰りの航空券を見せようとしたら、『別に見せなくていいよ』と言われたくらいです。

      Ayaさんと同じように、私もネットでいろんな意見を読んで入国審査が本当に怖かったのですが、とにかく『事実と違うことを言うのは避けよう』と思っていました。ご主人様が一緒とのことなので、何か聞かれてもきちんと二人で説明すれば大丈夫じゃないかなーと思ったりします^^ (私も無責任なことは言えませんが…いち意見として参考程度に聞いてくださいね^^)

      PR申請にお引越しと、色々と悩み事が多い時期かもしれませんが、ストレスを溜めすぎず、頑張ってくださいね!うまく行くように祈っています^^

      もしコメント欄でお話しにくいことがあれば、画面上の『お問い合わせ』から送って頂いても大丈夫です^^ おっしゃるように人それぞれなので、参考程度にしかならないかもしれませんが、いつでもお気軽にメールくださいね!

      • お返事ありがとうございます!やはり観光で入られたんですねᐠ( ´ᐞ` )ちなみに滞在期間は最大の半年を伝えられましたか?私はビクトリアに住むので入国はバンクーバーからで、バンクーバーはカナダで1番入国審査が厳しいと聞いているので今から不安しかないですが、お話を聞いて少し安心しました!やはり嘘はつかず正直に言ってみます!!
        とても心強いです(* ॑꒳ ॑* )⋆*ありがとうございます!!

        • こんばんは!

          すみません、期間を書き忘れていました>< 期間はなぜか5ヶ月で申請しました(理由は覚えておらず…笑)。でも、最大の半年もらえましたよ^^ そこから1回ビジターの延長をしたところでワークパーミッドがもらえたので、州の保険や免許証も取得することができました。 ※ちなみに州の保険を取得するまでは、BIISというカナダの保険会社が仲介している保険に加入していました。費用も日本の旅行保険よりも安く、妊娠出産関係も最大8割?までカバーされるというプランがあったので^^ ビクトリアに住まれるんですねー!綺麗なところで日本人も多くて、気候もいいと聞くので憧れます^^ バンクーバー、入国審査厳しいんですねーたしかに入国する人の数が多そうですもんね。審査もオフィサー次第だと聞きますし、優しいオフィサーに当たると良いですね(*´꒳`*)  何事もうまくいくように祈っています。

          • Ayaさん→私も最初に入国した時は、『旦那(当時は彼氏)の家族に挨拶に来ました!ついでに旅行するから、6ヶ月います!』って言ったら、「楽しんでね!」って言われてあっさり通れました。
            そのあと、visitorビザは延長してます。現在は、ファミリークラス申請中です。

  • 初めまして私も今PR申請準備中です!質問なのですが、日本からカナダへ引っ越して申請されたとの事ですが、入国時は観光ビザで入られましたか?もし観光ビザで入られた場合どのように入国審査を受けられたか教えていただきたいです( * ॑꒳ ॑* )私はカナダ人の主人と一緒にカナダへ戻るのですが、観光ビザ半年で申請を出そうと思っています。しかし、半年を申請したり、永住権申請するということをいうと入国拒否されるという根拠はないのですがそういうのをネットで沢山見たので不安になっております。同じ状況ではないかもしれませんが、お教え頂けると嬉しいです!宜しくお願い致します

  • こんにちは。

    今、ちょうど書類集めをしている者です。
    ちょっと質問なんですが、Document checklistに、Provide a maximum of 20 photographs~と記載があるのですが、上記や他の方のブログを見ても、皆さんもっと証明するものを送らせれますよね?
    それは次の段階でそう指示がくるものなのでしょうか??
    それとも先手必勝で送った方がいいのでしょうか?
    もしご存知でしたら教えてください。

    • yuyuさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます^^

      ご質問の内容は、『二人の関係を証明する書類に関して、写真と一緒に、他の証明資料も添付したか?』ということでいいでしょうか?

      私の場合は、記事の『Proof of Relationship【補足】』の欄に記載している書類をすべて一緒に送りました。
      ・Gmail、Facebook Messenger、LINE、Facebook Wallでのやりとり
      ・飛行機の航空券
      ・写真
      ・日本→カナダに届いた手紙
      ・カナダ→日本に届いた手紙
      ・カナダでの電気料金の請求書(夫婦連名)
      ・カナダでの車両登録(夫婦連名)
      ・私の旅行保険(住所がカナダの現住所で保険金受取人が夫)

      などです。

      yuyuさんがおっしゃるように、先手必勝で思いつくものはすべて揃えて、申請の時にひとまとめにして送りました。できるだけ余計なやりとりを発生させたくなかったので^^

      とはいえ、私もまだ永住権がおりるのを待っている状況なので、これが正解ですとは言い切れないのが現状です。なので、ご参考程度に捉えて頂けると幸いです^^

      永住権の書類作成、すごくすごーーーく大変だと思いますが、あまりストレスを溜めずに頑張ってくださいね^^

      yuyuさんの永住権申請がうまくいくよう祈っています。

      • 遅くなりましたが、先日やっと出してきました!戻ってこないことを祈っています!
        写真はワードに貼り付けて、コメント付きで印刷。
        また更に別の紙に、その他と題して、飛行機チケットやらスクリーンショットやら貼り付けてみました!
        情報シェア、ありがとうございました!!

        • yuyuさん、こんにちは。
          わー提出されたんですねー!おつかれさまでしたー^^ ご報告ありがとうございます。
          お互いスムーズに審査が進むと良いですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください