カナダのお土産ランキング【スーパー編】人気の定番お菓子や珍しい食べ物まで

こんにちは!

カナダのお土産の大定番、メープルシロップ。

でも『メープルシロップ意外のものも気になるな〜』と思ったことはないですか?

旅先でのお土産選びって、楽しい反面、けっこう大変ですよね。どこで何を買ったらいいのか、はたまた何が喜ばれるのか…かといって、そんなに時間をかけてもいられないですもんね。

今日は、スーパーで買えるカナダのお土産をご紹介します!人気の定番お菓子から珍しい食べ物までランキング形式にまとめました^^

※カナダ生活の中で『おっこれは!』という食べ物を見つけるたびに随時更新中です!

Sponsored Link

 

カナダのお土産ランキング|スーパーで買える人気の定番お菓子は?

1. メープルクッキー

カナダ土産の定番中の定番ですね!

メープルシロップクリームがサンドされたクッキー、すごく濃厚でお土産に渡すとすごく喜ばれます^^ (甘すぎるという人もいるようですが…笑。)

ちなみに、スーパーに行くといろんな種類のメープルクッキーが並んでいます。値段は約3〜5ドル。試しに安いものを買って食べてみましたが、濃厚なメープル味でちゃんとおいしかったですよ〜!

ただ、メイプルクッキーは日本でも売っていることが多いです。カルディ等で売っているブランドを事前にチェックしておくと、お土産でかぶらなくていいと思いますよ。

ちなみにメープルクッキーは空港でも売っているので、最後にカナダドルを使い切るのには最適です^^

 

2. ピーナツバターカップ

北米で大人気のReese’sのピーナツバターカップ(写真左のオレンジ)。チョコレートの中に塩気のあるピーナツバターが入っています。

これは本当においしい!

なんで日本でも販売されないのか不思議なくらいです。これも甘すぎる・濃厚すぎるとの意見もありますが、食べ慣れると止まりません(笑)

カップ型から小さめのものまで色んな種類がありますので、ぜひトライしてみてくださいね。おすすめはスティック状のやつです。

ちなみに写真右のシルバーの『york』というチョコレートも美味しいですよ^^ 中にミントペーストが入っています。

 

3. ゴディバ

日本では高級チョコレートのゴディバ。

こちらカナダでは、普通にスーパーやドラッグストアで売っています。値段もお手頃です。

袋入りのもの(5〜6ドル)から箱入りのもの(約10ドル)まで。季節によっては、ゴディバのマグカップとチョコがセットになったものも売っています。

ゴディバは、日本人からすると本当に見栄えがしますよね(笑)

うちの夫は、昔、日本へのお土産にゴディバの箱入りチョコレートを渡したら、すごく喜ばれたと言っていましたよ^^

 

4. TWO-BITE BROWNIES

日本では、コストコで大きいサイズを目撃することが多い『TWO BITES BROWNIES』。カナダ生まれのお菓子です。

小さめの一口サイズで、とても濃厚です。食感もねっとりしていて、すごく美味しいですよ〜!カナダに来たらハマる人続出のお菓子です。

スーパーで小袋サイズを買うことができますので、バラマキお土産にも向いていると思います。お値段は1ドルほど。横のシナモンロールもおいしいので一緒にぜひ^^

 

5. グミ

こちらも『いかにも海外!』なカラフルなグミ。英語では『gummies(ガミーズ)』です^^

すごく甘そうなイメージですが、そんなに甘くありません。美味しいものがたくさんありますし、見た目もかわいいものが多いので、ぜひバラマキ土産に買ってみてくださいね!

ちなみに、私のおすすめは『maynardsのfuzzy peach味』。すっぱいパウダーと桃の香りがおいしくて、ついつい食べ過ぎちゃいます。『maynards』のグミはどれを買っても美味しいですよ^^

Sponsored Link

 

6. Miss Vickies’s のチップス

カナダのオンタリオ州生まれのチップスです。

チップスというと日本でも買えそうなイメージですが、日本のチップスとは全然違います^^ 食感が硬めでしっかりしていて、味も濃いめです。

個人的には日本のチップスよりも、このMiss Vickie’sのチップスの方が美味しいと思います。本当に美味しいです。

おすすめの味は、『SEA SALT & MALT VINEGAR』と『SWEET CHILI & SOUR CREAM』^^ 色んなフレーバーがありますので、ぜひカナダ滞在中にも色々トライしてみてくださいね!

 

7. クラッカー

少し箱がかさばるかもしれませんが、クラッカーも美味しいものが多いです。

写真の野菜クラッカーも美味しいですし、『Swiss Cheese Crackers』という青い箱に入ったチーズクラッカーも濃厚な味でおすすめです。日本のチーザみたな味がします。

あと、上の写真は見にくいんですが、右の『Triscuit』もすごく美味しいですよ〜(一番おすすめかも!)。フレーバーの種類も豊富です。お土産にしなくても、ぜひ滞在中に食べてみてください。

ワインが好きなお友達へのお土産にぴったりだと思います^^

 

8. POP Tarts

A post shared by Pop-Tarts (@poptartsus) on


いかにも『外国のお菓子!』という見た目ですよね(笑)

うちの夫(カナダ人)いわく、『子供の頃によく食べていた大好物』なんだそうです。フロストがのったパイ生地の中にジャムが入っています。

カラフルで激あまな見た目に、拒否反応が出る人も多いのではないのでしょうか?

意外にもそこまで甘くなく、コーヒーと一緒に食べるとおいしいです^^ 1〜2ドルと安いので、お土産の話題作りにぜひひとつ。滞在中にもぜひ一度食べてみてくださいね!

 

9. BROOKSIDEのフルーツチョコレート

日本でも買えるかもしれませんが…大きめのサイズを買うことができます。

もしかすると、日本では未発売のフレーバーもあるかもしれませんね^^ 中にフルーツが入っていて、とても美味しいので自分へのお土産にしても◎ カナダの1ドルショップ『ダララマ』でも売ってます。

 

10. オレオ

カナダのオレオは種類がとても豊富。日本では見かけないフレーバーをたくさん発見できますよ^^

上の写真は、『シナモンロール』味と『誕生日ケーキ』味。

他にもミント味の鮮やかな緑のオレオやバニラ味のゴールデンオレオなどなど。見ていて本当に楽しいですよ〜!

普通のオレオも日本で売っているものとは味が違うので、一度トライしてみてくださいね。

 

11. プリングルスのケチャップ味

一番左の赤いプリングルス。こちら、カナダ限定のケチャップ味です。世界中探しても、カナダでしか買えません。

うちの夫(カナダ人)が『アメリカにも売ってない!カナダでしか買えないんだよ!』とすごく力説していたので、良いお土産になると思います^^

プリングルス以外にも、ポテトチップスのLays(レイズ)もカナダ限定でケチャップ味があります。アメリカにもファンが多いフレーバーなのだとか。

 

カナダのお土産ランキング|スーパーで買える珍しい食べ物は?

1. メープルシロップ・バターなど

カナダ名物といったらメープルシロップ。

実際にスーパーでもたくさんのメープルシロップが売られています。グレードや種類が色々あって、どれを買っていいのか分からなくなるくらい。

3〜4月はメープルシロップ採取の季節。うちの近くのスーパーではメープルフェアが行われていました^^

メープルシロップ、やメープルバター、ブルーベリー風味のシロップ等々…カナダの本気を感じます(笑)

様々なグレードがありますが、色が薄めの『Golden』『Amber』が高級品と言われています。お値段も500mlで20ドル以上とお高めです。

お土産にするなら、375mlで10ドルくらいのものがお手頃でおすすめですよ。あまりにも安いものは、メープル風味の類似品のことが多いのでご注意を。

あと、缶入りのメープルシロップもあるんですよ。もらうと迷惑かもですが、可愛いですよね(笑)

その他にもメープルバター、メープルティー、メープルフレーク(フリーズドライしたもの)等々、いかにもカナダなメープル食品がたくさんあります。メープルバターはパンに塗るとおいしいのでおすすめです^^

 

 

2. サーモン缶詰

サーモンもカナダ名物ですね^^

カナダのスーパーには、サーモンの缶詰がたくさん売られています。個人的には『Sockeye Salmon』と書かれた缶詰がおすすめです^^ お値段は、4〜5ドル程度。

初めてカナダに来た時に、お義母さんがこのサーモン缶を使ってサンドウィッチを作ってくれた思い出があるので、スーパーに行くと繰り返し買ってしまいます。

カナダらしく調理もしやすいので、お土産に喜んでもらえると思いますよ〜!

 

3. 色々なフレーバーのシーチキン

最近、日本でもフレーバー付きのシーチキンを見かけますが、カナダは断然種類が多いです!

おすすめは『CLOVER LEAF』というメーカーの缶詰。種類も多く、『ディル&レモン』『サンドライドトマト&バジル』とワインに合いそうなものばかり(笑)

おすすめのお菓子でご紹介したクラッカーと一緒に、お酒好きのお友達へのお土産にぜひ^^

 

4. ハーブティー

スーパーでも、オーガニックでおしゃれなパッケージのハーブティーが手に入ります!

種類も豊富で、女性に喜ばれること間違いなしです。お値段も5〜10ドルのものが多く、買いやすいですよね。

カナダで大人気の『DAVID’s TEA』や『Tim Hortons』のお茶も買えますよ(*´꒳`*) 特に『DAVID’s TEA』は香りもよくておいしいのでおすすめです!

 

 『DAVID’s TEA』についてはこちらでも紹介しています。

カナダのお土産で女子に人気の雑貨やコスメは?食べ物以外のおすすめを紹介

カナダのお土産で女子に人気の雑貨やコスメは?食べ物以外のおすすめを紹介

2018.03.21

 

 

5. コーヒー

コーヒーでおすすめしたいのが、カナダ発祥のドーナツチェーン『Tim Horton’s(ティムホートンズ』のコーヒー。

カナダの街を歩いていると、いたるところにティムホートンズがあることに気付くと思います。しかも、いつでもどこでも混雑している(笑)ティムホートンズはカナダ生活には欠かせん。

そんなティムホートンズのコーヒーをスーパーでも買うことができます!キャラメル等のフレーバー付きコーヒーもありますよ^^ お値段は8ドルくらいです。

ちなみに、カナダでは『K-Cup Pods』と呼ばれる一杯分ずつカップになったコーヒーが主流です。売り場で間違って『K-Cup』を買わないように気をつけてくださいね(写真・下の段)。

>ティムホートンズについてはこちら。

ティムホートンズのおすすめメニュー!コーヒーの注文方法とドーナツの値段も

2018.07.04

 

6. 色々な粉物

粉物というとなんだか語弊がありますが(笑)、パンケーキやピザ、クッキーの素の種類が豊富です!

マフィン用にブルーベリーの味がついた小麦粉や、北米の家庭料理コーンブレッドの素も買うことができます。

パッケージもかわいいものが多いので、お菓子作りが好きな人へのお土産にぜひ^^

また、カナダのスーパーでは、日本で手に入りにくいグルテンフリーの商品が充実しています。他の商品に比べると割高ですが、アレルギー持ちの人に優しい環境は素晴らしいなぁといつも感心してしまいます。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

7. ハンバーガーヘルパー

これ、カナダに引っ越してくるまで知らなかったんですが、本当に便利です!しかも1箱2ドルと爆安です。まさに主婦の味方(笑)

ハンバーガーヘルパーというと、ハンバーグを作る時に混ぜる素みたいなイメージですが、そうではありません。

箱の中にはパスタと調理用の粉が入っています。ひき肉と一緒に調理して、お肉系パスタ料理が簡単に作れてしまうという優れもの。濃い味ですが、おいしいですよ^^

これまた種類豊富です。おすすめは『ストロガノフ』味。ぜひトライしてみてくださいね!

 

8. クラフトディナー

これも主婦の味方、ハンバーガーヘルパーに比べるとランチ用的な位置付けの『Kraft Dinner(クラフトディナー)』。

北米のちびっこに大人気のマカロニ&チーズです。

お値段はセールの時だと1ドル以下で買うことができるんですよ〜!箱も小さめなので、バラマキに向いているかもしれません^^

箱の中には小さめのマカロニとチーズパウダーが入っています。ミルクやバターと一緒に調理するだけで、おいしいチーズパスタが作れますよ^^

 

9. ベーグル

カナダのスーパーでは、普通にベーグルの詰め合わせが売られています。これまた種類が豊富で、どれを食べてもみっちりモチモチでおいしいです。

しかも、値段が安い!物価が高いカナダで、パンだけはなぜこんなに安いのか…不思議です(笑)私がよく行くスーパーでは、6個入りのベーグルが2〜3ドルで買うことができます。

ベーグルって、日本のスーパーではあまり見かけませんよね。昔、アメリカのスーパーで買ったベーグルを家族へのお土産にしたら、すごく好評だったのを覚えています。ちなみにおすすめは、シナモンレーズン味です。

ぜひ帰国の前日にスーパーに足を運んで、購入してみてくださいね!

 

10. ソースの素

ソースの素はかさばりませんし、家庭でカナダの味を簡単に再現できます。話題にもなるので、とてもいいお土産になりますよ〜^^

特におすすめしたいのが、『グレービーソース』の素。

グレービーソースはお肉の肉汁から作られるソースで、いかにも『外国!』という感じがしませんか?(笑)

カナダのソウルフード『プーティン』にかかっているのもグレービーソースです^^マッシュポテトにかけてもおいしいんですよ〜!

>カナダ名物プーティンについてはこちら。

カナダの食べ物プーティンとは?味やカロリーは?おすすめのお店はここ!

2018.05.08

 

11. マッシュポテトの粉

マッシュポテトの粉、日本ではあまり売っているところを見かけない気がするのですが…。

粉にお湯と牛乳、バターを混ぜるだけであっという間にマッシュポテトが出来上がります。ほんっっっとにお手軽なので、『あーあと1品作るのがめんどくさいなー』という時に重宝します(笑)

1箱に2袋入って2ドルほどと爆安です。中身を取り出して、箱を平らにすれば荷物にもなりませんよ〜!仲のいいお友達へ、話題作りに良いと思います^^

 

 

カナダでワイファイを使うなら

海外の知らない土地で自由にインターネットが使えると、やっぱり便利です。日本と同じようにサクッと検索したり、行きたいところにも地図アプリを使って簡単に行くことができます。

撮った写真をSNSにアップしたり…できるとすごく楽しいですし、快適度が違いますよね!

おすすめのレンタルWi-Fiサービスは、こちら。

↓公式サイトへジャンプします↓

難しい設定なしで使えるのは、イモトのWiFi。

海外WiFiレンタルの鉄板ですよね!

私は韓国旅行に行った時に利用したんですが、事前にネットで申し込んで空港で受け取りできるので、とにかく気軽にレンタルできる印象。現地でもサクサク繋がりました。

申し込み・受け取りも簡単ですが、返却も簡単なんですよ(*´v`*) ウェブ申込時にWEBクレジットカード決済を選択すると、帰国時に空港カウンターにある返却ボックスに返却するだけでOKなんです!

帰国した時ってなんだかんだで疲れていますし、楽しい旅行気分で家まで帰りたいと思いませんか?そんな時面倒な事務手続きをしなくていいのは、結構大きな違いですよ♪

 

※受取・返却可能な空港は全国6ヶ所の空港のみ(2018年3月時点)
※サービス内容や条件等は変わることがありますので、必ず公式サイトでご確認ください。

 

まとめに

カナダのお土産というとメープルシロップが定番です。

けれども、現地のスーパーに足を運ぶと本当にいろんなものを発見できますよ〜!日本にはないような珍しい食べ物から、かわいくて美味しいお菓子まで、欲しいものが絶対に見つかるはずです。

ぜひぜひ今回のランキング【スーパー編】を参考に、喜ばれるお土産を見つけてくださいね!

また、カナダは地ビールの種類も豊富です。ただしカナダでは、ビールはライセンスを取得したお店でしか買えません(一部の州を除く)。日本ほど気軽には買えないんですよねー。もし空港で見つけたら、ぜひお土産に買ってみてくださいね。

こちらもどうぞ。

カナダのお土産で女子に人気の雑貨やコスメは?食べ物以外のおすすめを紹介

カナダのお土産で女子に人気の雑貨やコスメは?食べ物以外のおすすめを紹介

2018.03.21

カナダ発祥ブランドのリュックやアウトドア用品が可愛い!Rootsもおすすめ

カナダ発祥ブランドのリュックやアウトドア用品が可愛い!Rootsもおすすめ

2018.08.27

楽しいカナダ滞在になりますように^^

 

Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください